3歳になること、第二子を諦めること。   

先日娘が3歳になりました。

娘なりに3歳になることをとても楽しみにしていて、カレンダーを見てはその日を今か今かと確認。
カレンダーという存在が分かるようになったこと、
また数字も読めるようになり自分の誕生日の数字が分かるようになったこと、
ずいぶん成長したな・・・と思いました。

そして、
「3歳になったら赤ちゃんが来るの」
ということを数ヶ月前から言っていた娘。

同じクラスの3歳の子に弟や妹がいる子が何人かいて、そのため3歳になったら自分の家にも赤ちゃんがくると思っていたようで・・・。
何度か「来ないと思うよ、だって○ちゃんはもう3歳だけど、おうちに赤ちゃんいないでしょ」と同じクラスの3歳だけど兄弟がいない子を引き合いに出して説明したりもしましたが、
娘は頑なに「3歳になったら赤ちゃんが来る」と信じ続けていて・・・。

3歳になった日の朝に、娘は深刻な顔で、
「赤ちゃん来なかった・・・」
と一度だけ私に言い、
以降は「3歳になったら赤ちゃんが来る」とは全く言わなくなりました。

切ない話ですが、我が家は夫の強い希望により一人っ子です。
私は本当は兄弟が欲しかったのですが、説得を試みても夫の一人っ子希望という気持ちが変わらない為に、
もう第二子を諦めることにしました。
第二子が欲しかった私自身の気持ちに諦めが付くまで時間がかかりましたが、
もう言っても仕方ないことだと思い、
保存していた赤ちゃん用品を3カ月くらい前から出産を控えた知人にどんどん譲るようになりました。

一人っ子前提で、今後の娘自身の将来や家族の将来を前向きに考えて行きたいなと。
子供をもう一人産むor産まないは私自身の仕事にも大きく影響するので、
もう産む予定がないとなると、仕事の今後の見通しも付けやすくなりました。

けどもう一度、妊娠・出産を経験して、新生児からの育児をしてみたかったな。
兄弟がいた方が、将来的によかったと思う時が来るかもしれない。
その時に後悔するだろうな。
そして第二子を望まなかった夫を恨むかもしれないな、とも。

夫はそんな私の気持ちをきっと理解できないのだと思います。
私だって「もう子供はいらない」という夫の気持ちが理解できないのですから。
同じ方向を向いて結婚したはずなのに、こういったところで人と人の気持ちはすれ違うんだなと。
別々の人間なので全く同じ気持ちや考えにはなることができないのは当たり前ですが、それでもなんだかさびしく、もどかしい感じがします。

そして、もし夫ではない別の誰かと私が結婚していたら、子供を複数持つこともできたかもしれないのに・・・と別の人生や結婚生活があったことも考えてしまいます。
いけない妻ですね。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

# by kuma_neco_kuma | 2016-03-14 21:00 | ◆家庭のこと、家計のこと | Comments(15)

ひらがな学習状況@2歳11ヶ月   

先月の状況はこちら。
ひらがな学習状況@2歳10か月



この1ヶ月でまた進歩して、濁音などを除く46文字では3分の2は読めるようになりました。

まさに文字の敏感期に入った模様です。

道端の看板や標識のひらがなも、読める字はよく読んでます。(「すし」とか「とまれ」とか。)

書きについては「し」「と」といった書きやすい字を自主練していており、ビックリです。


この1ヶ月で効果的だと思ったのは・・・


★その1

b0279099_04591027.jpg

お風呂場のひらがなポスター。
これはダイソーで100円で買ったものですが、いい仕事してくれます。

古典的だけど、やはりポスターはいいです。

湯船に浸かりながらクイズ感覚で楽しめます。

うちの子はお友達の名前クイズにすると(例えば、ゆり子ちゃんのゆはどれでしょう?)やる気が沸くみたいです。


★その2


自動読み上げ装置付き、ことわざカルタ。



これはいつも参考にしている先輩ママのブログで紹介されていたもので、自動読み上げ装置というのに心惹かれて購入。

確かに自動読み上げ装置(コンパクトです)そのものの存在が面白いし、娘と私の2人でカルタをやるときに札のセリフを読んでくれるので便利です。


でもそれ以上に良かったのは、

カルタの絵が、ひらがなそのものを説明する絵になってないこと。

b0279099_05151646.jpg

例えば

ま→負けるが勝ち

り→李下に冠を正さず

どちらもぱっと絵をみただけでは「ま」「り」とも選べないので否が応でも文字そのものを見なければならないのです。


今まで使っていたカルタは

ま→鞠の絵

り→リンゴの絵

となっていて、

ひらがなを見なくて絵を見て札を取っていたのです。

それだとひらがな学習効果が乏しく…。


でもこちらだと絵が状況的な絵なので分かりにくい

文字を見なければならない

文字を覚える という本来の目的が達成できるのです。


しかもことわざを覚えてくれる、というプラスアルファ付き。

それぞれどういう意味か聞かれるので、その説明に時間を取られますが。


娘も気にいったようで、何度もやって、ひらがなを覚えくれてるので、よい買い物ができました!




この調子で、来月はひらがなの読みは全てマスターしてくれてないかな、と淡く期待してます。
ちょっと前まではひらがなになかなか興味を示してくれず、ひらがな覚えるなんて一体いつになるやら・・・という感じでしたが、
トイトレと同じで、急にできるようになる時期が来るものなのですね。
今がまさにその時だと思うので、親としても働きがけを頑張りたいと思います。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

# by kuma_neco_kuma | 2016-03-02 18:00 | ◇2歳6-11ヶ月 | Comments(0)

最近良く読まれている記事~保育園入園関連~   

季節的なものだと思いますが、最近保育園入園に関する過去記事へのアクセスが増加しているようです。
それらの記事が読んで下さるかたの参考になれば幸いですが、ただどれも1,2年前の記事なので、その後の補足をここに書いておきます。

◆保育園の入園面接に行きました

園によって事情が違うとは思いますが、3番目に入園した園では入園面接の時に子供のマークを決めました(まだ文字が読めない乳児クラスで、自分の持ち物が分かるようにマークで識別する)。
しかし園で用意されているマークには限りがあるので、人気の高いマークからなくなってしまいます。なので可能であれば個別の入園面接は早い日時でマークが選べる状態のときの方がよいな、と思いました。
我が家は幸いメジャーな果物マークで市販されているアップリケも多くてよかったのですが、最後のほうに残ったマークしか選べなかったお母さんから「子供自身ががこのマーク好きじゃない。しかもなかなかこのマーク市販されていない・・・」という不満の声を聞きました。
幼児クラスになったら文字も読めるようになってマークの重要ではなくなるのでしょうけど、1,2歳のときは本人たちも「○○マークは××ちゃん!」とよく認識しているので、どのマークにするかは重要なんだな、と思いました。

◆保育園入園準備でのおすすめ

この時の記事にも書きましたが、園指定サイズの布団カバーや袋ものは、よっぽどハンドメイドが得意な方以外はサイズオーダー可能なお店にアウトソーシングし、その分の時間を別のこと(復職の準備や子供との時間)に費やす方が得策だと思います。

◆子乗せ自転車を購入しました。
◆1歳5カ月、ベビーカーを新調しました

皆さん保育園送迎をどういう手段で行うか迷っていらっしゃるからこそ、これらの記事アクセスが高いのだと思います。

まず、自転車ですが購入したのは1歳4カ月の時でしたが、2歳11カ月の現在も夫&子の組み合わせで乗っています。保育園送迎を夫にお願いするのは週1-2回くらいですが、その時はいつも使っているようで、夫にとっては必須アイテムのようです。
結局私は全く使っていません。

私は送迎としては、1歳5カ月までは抱っこひも中心(+マイカー通勤・送迎)、1歳5カ月からはベビーカー、2歳2カ月からは娘がベビーカーなしできちんと歩いてくれるようになったので手をつないで徒歩です。
徒歩で保育園に行けるようになってかなり楽になりました(距離は1キロ以上ありますので、幼児の足だと20分程度はかかりますが)。

◆病児保育のフローレンスを初利用しました

フローレンスはその後も病気の時使わせていただいております。毎回シッターさんのクオリティには満足しており、まだ会員を続けています。
現在は会員数の増加により新規入会希望者の募集をストップしているようです。ただ募集再開を目指しているようなので、入会したい方ははそのタイミングを逃さないようにした方がよいと思います。

===


お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===

[PR]

# by kuma_neco_kuma | 2016-02-28 21:36 | ◇2歳6-11ヶ月 | Comments(0)

ピグマリオン直営教室への通学スタート@2歳11カ月   

前回記事に書いたとおり、2歳11カ月からピグマリオン直営教室への通学(マンツーマン)をスタートしました。

効果については、まだ回数が少なく推し量れません。(週1回、1時間程度)
けれど娘は教室に行くのをとても楽しみにしており、レッスン日ではない日も行きたがるくらいです。
とりあえずは良いスタートかなと。

私としては、費用的にもお安いわけではないので、漫然と通うのではなく1年程度様子をみて通学を継続するかどうか決めたいと思っています。
家庭学習教材を自宅でやるだけでも十分そうだったら、あえて通学はしなくていいかなという気持ちです。
我が家は小学受験はしないので、単純に算数の先取り学習がどんどんしたい(3学年先、具体的には年長で小3修了)いう目的での通学なので。
それに1年先、年中学年になると、通うことができる学習系教室の選択肢が増えますので、その時にまた検討し直すのもありかなと。

レッスンの間は、親が背後の椅子でレッスンの全容を見届けなければならないので、ひたすら先生の行動・言葉のかけ方を見てふむふむと私が学んでいます。
先生の手腕を盗むべく、と言った方がいいかもしれませんね。

先生を見ていると幼児教育の経験値が違うな、と感じさせられます。
(医者でもそうですが、やっぱり多数の症例を経験していると言葉の端々の説得力が増します。)
困っている点や今後の展望などは先生に伺った方が素人な親が試行錯誤するより早いと感じました。
こういった先生からエッセンスを引き出して親が家庭で応用することが教室に通う意味かなと。

教室に通うことに関して、まだ2,3歳だし早すぎるという考えもあり迷う気持ちもありました。
けれどもし自分が子供の立場だったら行ってみたい!やってみたい!と思えるような内容だったので通うことにしました。
加えて実父(かなりの教育パパ)から
「せっかく都心に住んでいて色々学校も選べるのに、お勉強系の幼稚園にも行かせない、小学校受験もさせない、そんな状態で大丈夫なのか?!」
と心配され・・・。
「少なくともお勉強の教室には行ってみては?何事も学ぶのに早すぎると言うことはないのだから」
と言われ、その言葉にも背中を押された形で通うことを決心しました。

肝心の夫(←幼児の習い事全般にあまりよい印象を持っていない)ですが、
娘がピグマリオンの家庭学習教材を自宅で喜んでやっているのを見ていますし、
体験レッスンも同行して楽しがっていたことを知っているので、通学に関しては特に反対はなく。
費用も送迎も私が負担しているので、反対しようがないのが本当のところかもしれませんね。

なお、通学して先生にお尋ねして分かったことですが、直営教室で使う教材は、販売されている家庭学習教材と似ていますがカリキュラム的に同じでないそうです。
先生曰く、通学と家庭学習教材はそのまま併用して大丈夫です、とのことでしたので、家庭では引き続き家庭学習教材を進めて行きたいと思います。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===

[PR]

# by kuma_neco_kuma | 2016-02-27 06:00 | ◇2歳6-11ヶ月 | Comments(2)

ピグマリオン第一グレード26回目まで@2歳11カ月   

算数についてはピグマリオン教材で進める方針にしています。
家庭教材第一グレードを地道にやっています。
数だけではなく、図形・空間、指先強化も織り込んであるのがピグマリオンのよいところだと思います。

第一グレードですが2歳9カ月からスタートしました。
2歳9カ月: 1~12回目
2歳10カ月: 13~18回目
2歳11カ月: 19~26回目 ←今ここ
という進捗具合です。

実は2歳11カ月から意を決してピグマリオン直営教室にも通い始めました。

***

2歳11カ月の家庭教材第一グレードの進捗(19~26回目)のまとめです。

<得意な点>
・数のプリント

1~3は間違えません。4,5も大体間違えないかな。
でも1~3に比べると「瞬時に答える」といった感じが乏しいです。
数字「1,2,3」が書けるようになり、得意げにプリントに書き込むようになりました。
数の合成問題(1+1、1+2程度ですが)も出始めたのですが、合わせていくつ、といのは問題なし。

・知恵問題(影絵、長短)
 
・色板トントン
 釘、かなづちを使った作業が楽しいみたいです。後かたずけもしてくれます。

・切り絵
前月から進歩して、小さなカーブも丁寧に切るようになりました!

<苦手な点>
・点描写

19~26回目の間にも、6x4の点描写があったのですが撃沈でした。
今は演習用として3x3や、5x5の点描写をやって慣れるように練習しています。
点描写自体は嫌いではない様子ですが、しばしばビックリな位置ズレをするので今後の課題です。

・天地パズ
b0279099_11445317.jpg
まだ粘り強さや思考錯誤する、といった姿勢がないため、
最初の置き方を間違えた際に、別の置き方を考えるといった行動がとれず、
すぐにイヤになってしまいます。
最初のヒラメキがたまたま正解だった場合は本人も上機嫌になって「もっとやる」となるんですけど。

・絵描き歌

絵が上手に書けないので、上手くできない自分自身にイライラするようです。

・花はじきやヌマーカステンを使った実数あそび

花はじき、ヌマーカステンの白い球とも、自分でアレコレ触って勝手に遊びたいようで、こちらの数の提示や呼びかけは無視されてしまいます・・・。

〈全般的に〉

今月の進み具合は8回分でした。全48回、今回で25回までだったので第一グレードの半分が終わったことになります。
上記のように、苦手な部分がありますので、そこは後日に再度行うようにしています。
来月は今まで上手くできなかった部分をやりつつ、新たに26回目以降を進めたいと思います。
この調子だと第一グレード修了は4ヶ月先かな?
焦らず理解が深まるようにしていきたいです。


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

# by kuma_neco_kuma | 2016-02-26 21:00 | ◇2歳6-11ヶ月 | Comments(0)