ひらがな学習状況@2歳10カ月   

はやくひらがなマスターできたらいいな、と思う母の心とは裏腹に、
「読んで」と言ってなかなか自ら読もうとしない娘。

文字を覚えてもらために、1歳代からお風呂の壁にひらがなシートを貼りました。
あとは、あいうえお積み木、ひらがなタブレットなどを買って一緒にあそんでみたり。



ひらがなかるたを頂いたのでそれで遊んでみたり。(かるたは絵をみていて、純粋に文字を読んでいないような・・・)

ひらがな学習に評判のよいこちらの絵本をかってみたり。(絵が可愛いいのでよく「読んで」と言いますが、こちらも絵をみてばかりで文字はそんなに見てない様子。)
あっちゃんあがつく

あっちゃんあがつく
著者:峯陽
価格:1,944円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



ふつうの絵本の読み聞かせのとき、タイトルだけは一緒にゆっくり字を指しながら読むとよい、と聞いたのでそれもやり始めました。(これは結構効果が高い気がします。手軽ですし。)

ひらがなは読めたり、読めなかったり、きまぐれなのですが、2歳10カ月になってやっと安定して読める文字が10個程度になりました!
道の看板などをみて、知っているひらがなが含まれていると「○って書いてあるよ!!」と言うようになりました。

一方で、ひらがな書きにも興味がある娘。
まだ早いからさせないでおこう、と思っていた公文のひらがなドリルを、棚から勝手に取り出して私の不在時に夫と一緒にやっていました!ビックリなことに、もう2/3は終わっている・・・。
はじめてのひらがな1集

はじめてのひらがな1集
著者:くもん出版編集部
価格:712円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



読みがある程度できるようになってから、それから書きの練習と思っていたのですが・・・?読めないのに書くのってどの程度意味があるのかな、と。
そんなことを思っていたら、先日読んだ理三ママ佐藤さんの本に「三男はひらがなが読めないのに、兄たちをまねてひらがなを書くことだけはできて、当時はそんな状態に困った」ということが書いてあって、
「別に読み→書きの順にこだわらなくってもいいんだ」と気付かされました。
まあ、ひらがなドリルは運筆練習にもなりますしね。本人が書いてみたいのなら、読めなくてもどんどんさせてみようと思います。

そんなわけで、読みと書き、両方進行中です。



ひらがな繋がりで・・・ですが。

保育園で、年少学年のお絵描きが廊下に貼ってあったのですが、そのなかで一人だけ絵の脇に自分でお名前を書いている子がいました。
その子は時々接する程度なのですが、頭のいい子だなという印象で。一人だけ文字を書いているのをみてやっぱりなと思いました。
自宅に帰って夫に「年少さんで絵の横にお名前をかけてる子がいた」という話をしたら、「あの子でしょ」と当てていました。
うーん、僅かにすれ違うだけの大人(うちの夫)にすら、賢い子オーラを感じさせるその子ってやっぱり何かしらオーラがあるんだろうな、と思いました。

他の子の雰囲気と何がどう違うのかうまく説明できませんが、でも何かしらキラッとしている子っているのね、と思った次第です。

うちの娘は・・・と顧みてもしょうがないですが、なにかしらキラッとするような子になって欲しいなと思いました。
そんなことを思う一方で、子供のことばかり期待するような親ではダメではないかな。
自分自身もなにかしらキラッとひかるような人間であらねばと思いました。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-02-15 18:00 | ◇2歳6-11ヶ月

<< ピグマリオン第一グレード26回... 子供の習い事をめぐっての夫との溝 >>