子供の習い事をめぐっての夫との溝   

娘が年少学年になるにあたって、色々習い事をさせたい私。
それに対して、あまり乗り気ではない夫。

考え方は色々だとは思いますが、埋まらない溝ですね。

というのもお互い育った環境が違うから。

私は幼少児から習い事をして育った。それが良かったと思っている。
夫は幼少時に習い事はしていない。それで良かったと思っている。

そのため夫は「自分はそんなに習い事しなくてもちゃんと育った」と主張。
さらによーく聞いていると、習い事をしてこなかった自分・自分の家庭環境を否定された気持ちになっている様子。

私は夫や夫の育った環境を否定する気はないんですけどね。
ただ、自分が楽しく為になったから子供にもさせてあげたい、という気持ちなんですけどね。

私は幼少児に習い事が苦痛だった記憶なんてなく、世界が広がって楽しかったという思い出のみです。
幼稚園の卒業文集にも「小学生になったら、また別の習い事に行かせてもらえる、わーい」みたいなことを書きましたし。
今振り返っても、それらは糧になっています。

そんなことを夫に説明しても、なかなか理解してもらえないようで。
夫の中では
「子供の習い事は親の自己満足で行かせているもの。本人はイヤイヤ行っている」
という先入観なのです。

最近行っているいろんな習い事体験レッスン。
時間が許すときには夫にも同行してもらって、娘が楽しんでることを少しずつは理解しつつはあるようですが・・・。
でも夫は何だかまだ釈然としない面持ちまので。
もう夫の理解を全て得ようと思わず、「娘の習い事をあれこれ考えるのは私の趣味だから!」と思って割り切った方が、精神衛生上良さそうです。

おそらくこれから先、教育方針をめぐっても夫との足並みをそろえるのは難しそうだな・・・。
もちろん私が行きすぎることもあると思うので、冷静なブレーキとなってくれたり、方向性を見失った時のかじ取りにはなってはくれそうだと言う点では頼もしいとは思うのですが。
私自身と同じくらいの熱心さは求めない方がいいのかな、と思った次第です。

==

◆かわいいバレエレオタード

娘のバレエレッスンに当たって購入したレオタード。娘が気に入りすぎて、レッスン以外でも自宅で勝手に着替えています。そしてワンマンショーを披露してくれ微笑ましいやら、笑えるやら。
部屋着か?というくらい着まくっているので、もう元が取れたような気すらします。




===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-02-13 21:00 | ◆家庭のこと、家計のこと

<< ひらがな学習状況@2歳10カ月 ピグマリオン第一グレード18回... >>