ピグマリオン第一グレード18回目まで@2歳10ヶ月   

算数についてはピグマリオン教材で進める方針に今のところしているので、家庭教材第一グレードを地道にやっています。

数だけではなく、図形・空間、指先強化も織り込んであるのがピグマリオンのよいところだと思います。



さてSTEP1(12回目まで)は問題なく進めたのですがSTEP2(13回目から)で、難航しております。

苦手な、というか、娘の理解が不足している分野が出始めたからです。


苦手なのは、

002.gif点描写 です。




点描写については、いきなり6×4からスタートします。

b0279099_23272780.jpg

これは難しい。娘の能力をはるかに超えていました。

解説DVDではこれができないようなら市販のもっと単純な点描写問題をやったり、あとはそもそも移転ができてないこともあるので移転問題をやって下さい、とのことでした。


なので書店でこぐま会の「ひとりでとっくん1 てんずけい1」を購入。


b0279099_23275372.jpg

これだと3x3からスタートするので、取り組みやすいようです。



こちらで少しずつ慣らしていきます。

この点描写でつまずいてしまって、2歳10カ月では13~18回までの進捗となってしまい、前月よりもスローな進み具合でした(2歳9カ月は1~12回まで完了できたので)。
でも課題が見つかってよかったですし、理解できていないのに無理に進めていく必要はないので、きちんとできるようにしながら進めて行こうと思います。

一方で得意なのは、
・色板トントンや天地パズル
・数のプリント問題
です。

色板トントンと天地パズルについては、このまま楽しみながらどんどん図形把握能力を伸ばしてもらいたいな。

数のプリント問題は、今のところ1~3なのですが、あっさりできてしまって、けれど毎回毎回同じような問題が続くので、正直娘は飽きてしまっていますね・・・。1、2枚目はあっさり正解ですが、3枚目からはやる気なしになります。割愛してもいいものか悩みます。
現在は別の日にそのやりたがらなかったプリントだけさせていますが、色板トントンや天地パズルのような食いつきっぷりはなく、ただただ消化している感じです。
日常生活でも「1~3」は間違うことなく使えているので、もう十分なのかな?と思ってみたり。でも「1から3の理解がその後の数の理解においても礎となる」と書いてあったのでしつこく繰り返すべきなのかな。

なにはともあれ、2歳10カ月は、第一グレード13~18回までの進捗で、苦手分野が分かってきたという状況でした。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-02-05 21:42 | ◇2歳6-11ヶ月 | Comments(0)

<< 子供の習い事をめぐっての夫との溝 「灘→東大理Ⅲの3兄弟」を育てた母 >>