ピグマリオン第一グレードstep2に入りました   

算数対策のため昨年12月初め(娘2歳9カ月)からスタートしたピグマリオン第一グレード。
Step1の12回分が約1カ月で終わったので、続いてStep2-4をまとめ買いしました。
b0279099_584683.jpg


そしてお正月明けからStep2(13回目から)をスタートしました。
さっそくの色板トントン完成、ご満悦で「写真撮って」という娘をぱしゃり。
b0279099_5213044.jpg


第一グレードはStep1-4まで全て購入すると8万円程度なので一気に買うのを控えていたのです(買ったはいいけど本人がやりたがらないという危険性があったので・・・。)
結果としては、1カ月で1Step進むくらいだったので一気に買っても問題なかったようでした。

まだ内容が易しめのためか意外と順調に進むことができていますが、step2からはどんどん難しくなるのかしら・・・と心配しながら、Step2-4のプリント問題を見つつ、どんどんコピーしていたのですが、意外と大丈夫かな。
最後のほうではいよいよ足し算(数の合成)が出てきますが、急に難しくなるわけではないようで、わりと緩やかに何度も反復しながら進むような印象です。
できたらStep2-4もそれぞれ1カ月ずつ進めて、第一グレードが4か月間で終わればいいなと思っています。ただ理解できていなければやみくもには進めないつもりです。
そもそも3歳からを対象としている第一グレードなので、2歳9カ月というやや早めの月齢でフライング気味にやっているので焦らなくてもいいかな、と。

さてStep1の12回目までが終わっての進歩は以下です。

・1から3の数は瞬時に把握できるようにはなりました。

・色板トントンは問題なくこなしますが、やや板の置き方や釘の打ち方が雑かな・・・。

・天地パズルは補助線なしのものも「一番大きいのから」とかぶつぶつ言いながら嫌がらずにやっています。
自力でできる回、親が1,2ピース程度はアシストしないとできない回がありまちまちですが、嫌がらず概ね自分で考えてくれています。

・親子カードや競争ゲーム類は夫も含めた3人で喜んでやっています。白熱し過ぎて涙することも。

・魚釣りゲームは自作困難だったので(穴の開いている磁石ってどこに売ってるのでしょう?新宿の東急ハンズにはなかった)、以前からもっていた別の魚釣りゲーム(磁石ではなくフックでひっかけるタイプ)で代用しています。

・カエルぴょんは親にとっても難しいです。なかなかバケツに入らない。そのためちょっとルール変更(バケツではなく、この紙の上にのったよい、とか)して取り組んでます。


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-01-13 05:23 | ◇2歳6-11ヶ月

<< 「灘→東大理Ⅲの3兄弟」を育てた母 タングラムと天地パズル >>