タングラムと天地パズル   

図形認識力を鍛えるのにタングラムがよいと聞いていましたが、どれにしようか迷っているうちに買いそびれていました。
(そもそも「タングラム」とは・・・18世紀の中国に起源をもつとされるパズルの1種で、正方形を7つに切り分けた形(三角、四角、ひし形)から成ります。それを使って様々な形を作り上げます。)

▽こちらは入門編でより低年齢むき。
8枚の三角ピースから成っているそうなので、厳密には上記のタングラムの定義に当てはまってないのかも?



▽こちらは上記より上級編。一般的な7つの形から成るタングラムです。
【あす楽対象】 くもん NEWたんぐらむ

【あす楽対象】 くもん NEWたんぐらむ
価格:1,893円(税込、送料別)



タングラム自体は買いそびれたままでしたが、先月購入したピグマリオン第一グレードの教材内に類似物が含まれてました。

ピグマリオンでは「天地パズル」と呼ぶようですが、これタングラムです。

上にリンクを貼った公文のタングラムでは2番目の方と似ていますが、全部で8ピースな点がちょっと違いますし、厳密なタングラムの定義(7枚)から外れてますね。

でも意図するところは一緒です。


ピグマリオン第一グレードのstep1を割とすんなりやっている娘2歳9ヶ月ですが、

天地パズルに関しては苦戦しております。


天地パズルは

大人の私も一瞬アレ?と考える場面ある問題が出てくるので、レベルが高めだと思います。


また一番最初の日、天地パズルをケースに戻す時、

ピッタリ正方形にするやり方が分からず、

娘はあれ?あれ?とかなり迷いまして、最後は「これ無理、ケースにはいらないっ」と匙を投げてました。

代わりに私がケースに収めようとしたのですが、すぐに分からなくてしばらく試行錯誤しましたよ・・・

結局、親のメンツにかけてどうにかできましたが、冷や汗でした。


収納パターン(8枚をつかって正方形にする)は、私的には1パターンしかないと思っていたのですが、

マイナーな変更で2パターンはあるようです。

2パターン目は後日、娘が作ってくれて、初めて分かりました。←えらいぞ娘!

実はもっと他の解法もあるのかもしれませんが、残念ながら私は思いつきません。


私、大学受験的には理系でしたが、タングラム問題弱いのかも?

もしくは老化で柔軟性がなくなっている?

と感じさせられました。


なにはともあれ、娘にはせっせとタングラムで図形慣れしてもらいたいと思います。


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-01-03 21:03 | ◇2歳6-11ヶ月

<< ピグマリオン第一グレードste... 算数への取り組み@2歳9カ月 >>