算数への取り組み@2歳9カ月   

家庭での算数学習教材として購入したピグマリオン第一グレードのstep1.
11月末に届いてから週に2日程度取り組んでいるのですが、娘はこの教材が好きみたいで「もっとやる!」状態になってしまい、1日つき一気に2回分は進むこともあります。

step1には12回分しか含まれていないのですが、この3週間程度で既に8回分終わってしまい、年末年始のお休みの間に12回分まで終わってしまいそうです。
しかも娘の様子を見る限り、それほど苦なく進めることができているので、もう一度繰り返す必要はなさそうです。終わり次第、次のstepに進んでいく形で良さそうです。
慌ててStep2-4を追加購入しましたが、届くのはお正月休み明けになりそう。
しかしこんなに順調に短期間で進むと、教材としてのコスパは悪いのかもしれません・・・。勿論どんどん進んでくれるのに越したことはないので喜ばしいのですが。

第一グレードStep1は数については3までの理解を確実にする、のを主眼としているようです。(3までの理解に3カ月程度かけて良い、それぐらいじっくり時間をかけて確実に理解させるべし、というようなこともピグマリオンに書いてありました。)
それにプラスして手先の器用さを鍛える、図形把握能力を鍛える、プリント学習という形態自体に慣れさせる、という感じです。

当初娘は「2」と「3」があやしいことが多々あったのですが、カードをゲーム感覚で見せたり、あてっこクイズをしたり、さいころを使った取り組みをしたりするうちに「2」「3」は間違えなくなりました。
さいころの目も瞬時に読めるようになりました。

指導書に書いてあったように、できるだけ指で数えるような習慣を付けないように気を付けています。

「すごろく(競争ゲーム)」遊びをやる回もあって、とても娘の食い付きがいいので、年末年始もすごろくで遊んでみたいと思います。

ピグマリオン、さすがに子供受けするようよく練られている教材だなと思います。
今のところは数の理解についてはピグマリオン教材に則って進めて行こうと思っていますので、このまま第一グレードをどんどん進めて行き、理解が十分ならば将来的には第二グレード→第三グレードと進んでいけたらいいかな。もちろん途中で私の考えが変わるかもしれませんが。

算数については、私自身も、私の兄弟も幼稚園の頃に公文を使ってかなり先取り学習していたクチなので、ついつい先取り学習を求めたくなります。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-12-29 06:51 | ◇2歳6-11ヶ月

<< タングラムと天地パズル ピグマリオン伊藤先生の講演会を拝聴 >>