ピグマリオン通塾4カ月経過しました   

算数への取り組みはピグマリオン教材を使って進める方針にしています(今のところは)。
ピグマリオンの直営教室のマンツーマンレッスンに通い始めたのは2歳11カ月の時だったので、4カ月が経過しました。
(ちなみにピグマリオン教材第一グレードを自宅で取り入れ始めたのは2歳9カ月の時でした。)

気まぐれなお年頃で、しかも決して大人しいタイプではない娘がどこまで教室に馴染めるのか、また私自身も教室の雰囲気に馴染めるか分からないままスタートした通塾でした。
しかし今のところ週1回、順調に通えています。

一度だけ開始後30分程度で「もう帰る」と言いだし、本当に連れて帰ることになったことがありました。
次回からもう通いたがらないかな~と心配していたのですが、強要しても仕方がないことだし成り行きを見守ったのですが、次の週からは普通に通っていました。一時の気まぐれだったようです。

60分弱のレッスンの間ずっと集中するのは無理なので、気分に波があるのは仕方がないですね。
それでも先生の進め方がプロなので意外と60分もっています。(←本当にこれは意外でした。立ち歩いたり、騒いだりでレッスンが殆どできないこともあるのでは?と覚悟していたので。)
レッスン日以外の日も、○○先生のところへ行く!と言い出すこともあるので、楽しく誘導して下さる先生のおかげでですね。
やはり先生は言葉掛けやレッスンのもって行き方が上手で、様々な場数を踏んでこられたことが言葉の端々から伺えます。


教室では「基本グレード」というのをやっています。
市販されている家庭学習教材と、教室のカリキュラムは同じではないです。
プリント類は、家庭学習教材と教室の教材は似ていますし、重複しているものもあります。
学ぶ内容をみてみると、
通塾の「基本グレード」 ≒ 家庭学習教材の「第一グレード」+「第二グレードの初めの方」
の様です。

通塾を開始した当初は、家庭学習教材と通塾で頂く宿題プリントを両方やろうとしたのですができませんでした・・・(平日は保育園に11時間いるので、家庭での取り組み時間はかなり制限されるゆえ)。
そのため今は宿題プリントを「できるだけ」やる、という方針でいます。
宿題プリントは毎回10~20枚程度頂くのですが、娘がやりたがらない分野もあったりして全てこなせません。今はまだそういう時期なんだ、と思って強制しないようにしています。

通塾で担当してくださっている先生は進度についてはあまり言及されません。
レッスン時は親が背後で見守る形式なので様子を見ていると、分野によっては行きつ戻りつ・・・な部分もあり、また知育的おもちゃを取り入れたりで、単純に進めて行くのではなく理解が深まるように工夫して組み立てされているようです。どこまで本当に理解できているのか慎重に確かめている感じです。
お任せしている以上、親が細かく進度やペースについてお尋ねするのは失礼かな…と思ってあまり尋ねなかったのですが、
先日「基本グレードも終盤に入ります。次からは数の合成(足し算)を式として書くプリントも出てくるので、ご家庭でも少しずつ書かせてみてください」と言われました。
通塾開始して4か月後の具体的な進度が分かったという感じです。



3歳前から教室に通うことについて色々迷いはありました。
けれど今は始めてよかったなと思います。

特に娘の場合は認可保育園に通っており、お勉強的なカリキュラムや指先強化のためのプログラムが保育時間中に設けられてないので、ピグマリオンへの通塾という形で数や巧緻性に関する学習を今の何でも吸収できる時期に取り入れてた点は良かったなと。

あとは通塾に合わせて自宅でもどのように取り組むか、それが大切となってくると思います。
ピグマリオン家庭教材を買った時に付いてきたプリントにはこんなことが書かれていました。(以下緑字部分は引用です。)

1.意欲を高める
2.自立心を育む
3.教えず学ばせる
4.全体に注意させる
5.人間力を高める
6.いつも笑顔で楽しく


特に6番目の項目では、
「笑顔で楽しそうに、大きく包み込むように、お子様と一緒になってレッスンを楽しんで下さい。内心にいっさいの責める心を持たないで、賢くなることだけを願いながら進めてください。」
とあります。

ついついイライラしてしまうこともありますが、いつも笑顔で楽しく、を忘れずに進めて行こうと思います。


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

# by kuma_neco_kuma | 2016-06-17 06:00 | ◇3歳 | Comments(0)

リビングおもちゃ収納(その2)@3歳3か月   

続きです。

b0279099_21395521.jpg

b0279099_21465793.jpg


~~まず、横長エリア~~
b0279099_2154117.jpg

・上の段には高さの低い絵本やカルタ類を置いています。
以前読んだ教育本(こちら→)に、本好きな子に育つためにはすぐ手に取れるようにリビングに本棚を作ることが勧められていました。
そして自力読みができるようになるためには文章が短いより低年齢向きの本もあった方がよい、ということが書いてあったので、今はあまり読まなくなった0-1歳代に好きだった絵本も置いています。(以前は収納庫に保管してました。)
また買ったはいいけど、ちょっと年齢よりも難しすぎたかなという本も一緒にここに置いて、自由に手に取れるようにしています。

・下の段にはおもちゃを置いています。ここは「飽き」もあるので2,3か月で内容を変化させるようにしています。
というのも持っているおもちゃを全部リビングに出すと、ごちゃごちゃ過ぎて訳が分からなくなりますよね。全部を有効利用して遊ぶわけでもないし。
そのためリビングに出すおもちゃ(1軍)・保管庫に置くおもちゃ(2軍)を随時ローテーションさせ、興味がなかったり、年齢的に合わなくなってきているなら捨てるorどなたかに譲る(戦力外通告・解雇)、という形にしています。

・左側には無印の半透明収納ケース2つ、右側には棚と同じシリーズの引き出し型boxを置いています。今現在は、半透明ケースには英語教材(ワールドワイドキッズ)のパペット4体を入れています。
木のboxには、ぬいぐるみや巾着などの娘がごっこ遊びに使うごちゃごちゃした道具が入っています。

・一番上には、おもちゃピアノを置いています。
b0279099_21494688.jpg

実は頂いたおもちゃピアノが他に2つあるのですが、サイズの問題やとっつきやすさから、結局この卓上型でコンパクトなおもちゃピアノを3歳の誕生日プレゼントとして買い直しました。
鍵盤にあらかじめドレミシールが貼ってあったりで超初心者向けなのですが、まだピアノを習いに行っていない3歳児なので、これくらいが遊びとして取り掛かりやすいようです。
(ピアノは来年度、年中になったら習いに行かせようと思っていて、今はリサーチ中です。)

~~次に縦長エリア~~
b0279099_21584651.jpg

・先ほどの横長エリアには、大型絵本は入らないのでこちらに置いています(ついでに粘土セットも大きいのでここに入れています)。
また、パズルやすごろくは一つ一つをファスナーつき収納ケースに入れて保管しています。これだとピースがバラバラにならなずに保存できます。
b0279099_2214726.jpg


***

あと少し、その3に続きます。

***

今回映っているもので、楽天で買ったものをご紹介しておきます。

◎組立収納棚・引き出し

その1でも書きましたが、壁側収納はVineというシリーズのものです。
色んな幅、高さの商品展開があり、引き出しを組合せたりもできます。
今後も組み合わせを変えたり追加できるので、小学生になってからの学用品収納やリビング学習のための環境づくりにも応用できるのでは?と思って、このシリーズを買いました。


◎おもちゃピアノ

楽譜も付いています(片手verと両手verの2つの冊子)。冊子に載っている曲は童謡が主です。冊子に載っている曲は全て自動演奏できます(ただし腱板が動くわけではなく、音が流れるだけです)。
娘は冊子を見ながら「この曲弾いて!」と言ってくるので、弾いてあげて一緒に歌っています。
(片手verには譜面が読めない方用に音階もふってあるので、ピアノ未経験な親御さんが弾いてあげることもできると思います。)
これで5140円なので、結構コスパのよいおもちゃだと思います。


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

# by kuma_neco_kuma | 2016-06-15 06:00 | ◆暮らしのシンプル化 | Comments(2)

リビングおもちゃ収納(その1)@3歳3か月   

2歳3か月の時、リビングおもちゃ収納について書きました。(ちょうど1年前です!)
[過去記事] リビングのおもちゃ収納@2歳3カ月

その後、2歳代後半から仕様をかなり変更しました。
3歳3か月時点の現状ということであらためて書き留めておきます。

***

仕様変更した理由は以下の通りです。
・2歳代後半から、自分で身支度を促すレイアウトにする必要があった。
・本を置き場を以前より広く確保したかった。
・幼児教育教材を色々導入したので、それも配置したかった。

そのため以前使っていた家具(チェスト)を寝室に移動させ、
組み立て自由な棚を新しく購入しました。

***

◆今のリビング収納の外観です。
b0279099_2351171.jpg

エリアを説明するとこんな感じです。
b0279099_23571877.jpg


右側に子どものおもちゃ・本・着替えが並んでいます。
娘が自分で出し入れするエリアなので、軽い引き出し、ケースを多用して収納しています。

対してテーブルをはさんで左側は、幼児教材プラス家庭関連の書類を置いています。
こち側は主に親が出し入れすることを前提として収納しています。


◆右側: おもちゃ・本・着替えエリア について

~~まず一番右側から~~

b0279099_10172485.jpg


・一番右・・・オムツの引き出し。
まだ夜オムツが外せないので1日1枚消費です。

・右から2番目・・・保育園の登園リュックを置くスペース。
帰宅後にリュックから洗濯物袋だけを取り出し洗面所に自分で持っていてもらって、リュックをここに置くよう、日々言っています。大体自分でできるようになったかな~、でもまだ怪しいです。

・上に置いているのは、くもんのくみくみスロープです。


~~次に隣のエリア~~

b0279099_10224896.jpg

b0279099_10324221.jpg


・下の段の引き出し・・・娘の現シーズン用の服、タオルの全て。
「タオル」「パンツ」「Tシャツ」などラベリングしています。手書きでお恥ずかしいですが(だからあまり拡大した写真を載せていません)イラストも添えています。2歳代は字が読めなかったので。
お風呂上りの着替えなどは、できるだけ本人がここから自分で取り出すように促しています。(←でも気分次第でできない確率50%くらい。)
また翌日の保育園に持って行くもの一式も、娘と一緒にここから取り出してリュックに入れるようにしています。(←これは70%くらい一緒にできています。)
年長さんくらいになったら、言わなくても一人でできるようになって欲しいので、そのためのトレーニングを地道にしている、といったところです。

・上の段・・・おもちゃ。
4つの半透明ケース(無印良品のもの)に分けて収納しています。
こちらも手書きイラスト付きラベルです。
娘自身、ラベルを意識してかたづけができています。


***

長くなりましたので、その2に続きます。

***

今回映っているもので、楽天で買ったものをご紹介しておきます。

◎組立収納棚・引き出し

Vineというシリーズのものです。
桐でできておりとても軽いです。この軽さのおかげで、試行錯誤しながらの模様替えも私1人でもできました。
また色んな幅、高さの商品展開があり、引き出しを組合せたりもでき、こういうフレキシブルさに魅力を感じています。(今後の成長に伴って、さらに組み替えたり、追加したりすると思うので。)
我が家は「ナチュラル」カラーにしましたが、ダークブラウンやパステルカラーなどもあるようです。
欠点は・・・受注生産で納期までやや時間がかかること(私の場合は物によって2~4週間程度でした)、ややお高いことだと思います。ただお値段の分、製品精度は高いと思います。
ちなみに、対抗馬としては無印良品のユニットシェルフとかなり悩みましたが、作りたい棚の高さの都合でこちらにしました。





◎くもん くみくみスロープ

ピタゴラスイッチにはまって、ボールが転がっていくおもちゃにとても興味を持ったので購入しました。
何通りにも組み替えて道を作ることができる創作的なおもちゃでもあるのですが、娘は自分では組立てたらず、ひたすら球を転がして喜んでいるのみです。もう少し成長したら自分で組み立てるのかな・・・?




◎ダイニングテーブル・椅子

ダイニングテーブルは無印良品の物です。結婚当初に間に合わせ的に買い、いずれ厳選して買い直そうと思っていたのですが、結局サイズ的に使い勝手がよく、そのまま7年も使っています。
椅子はストッケのトリップトラップです。家族3人ともこのトリップトラップに座っています。
大人もこれを使っている理由は、こちらの過去記事にかいています→ 



===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===

[PR]

# by kuma_neco_kuma | 2016-06-13 06:00 | ◆暮らしのシンプル化 | Comments(0)

おうち英語にWorld Wide Kidsを導入しました   

幼児への英語教育ですが、我が家では優先順位が低いです。
(今のところ国語・算数・巧緻性>自然体験>アート>>>英語です。)

小学校低学年くらいまでは、細く長ーく英語への心理的な苦手意識ができない程度に触れさせる程度と思っています。

そんな熱心さに欠ける私ですが、以前ベネッセが手掛けるALL English教材のWorld Wide Kidsの体験イベントに行き購入しようか迷っていた記事を書きました。
[過去記事] ベネッセ英語教材体験イベントに参加しました
↑2歳9カ月のときなので、半年も前のことです。

有名な幼児英語教材DWEと比べると(我が家は中古でSing Alongのみを持っています)、
World Wide Kidsはよりリーズナブルな価格で、映像も新しいし、全体のデザインもスタイリッシュだし、なかなかいいな~と思っていました。
そうは言ってもフルセットだと20万円程度なので、未就学児の英語にそこまではかけなくてもいいかな?という思いがありました。
親のやりかた次第ではお値段以上の価値や能力となって身に付くはずですが、私にはそこまできないかも・・・と思って購入に踏み切れませんでした。

それが、最近になってやっぱり欲しい!という気持ちになり(というのもDWEに飽き飽きして、Sing Along以外のDWE教材を新たに導入したい気にはなれなかったから)、
こういう時の切り札、ヤフオクで中古品を入手しました。

フルセットはStage1~6(さらに0歳の場合はStage0もあり)なのですが、
私が入手したのはStage1~3のみで、一部欠品ありの使用品です。
(画像はベネッセ公式ページからお借りしています。Stage1の正規セットです。)
b0279099_13152588.jpg


各StageはDVDとCDが中心で、プラス連動するおもちゃと絵本が付く、という仕組みですが実際入手してみるとなかなか良いです。

まず、DVDの映像がきれい・現代的で、大人が何度か見ても鑑賞に堪えうるクオリティです、これは体験イベントで見せてもらった通りです。(比較するとDWEがかなり映像が古くて、子供は大丈夫みたいですが、私はだんだん見るに堪えなくなります。)

さらに各Stageごとに、英語絵本が数冊付いてくるのでそれがいいです。
早速英語絵本の読み聞かせしています。といっても、文章は短いので私でもどうにかなります。一応朗読CDも入っているらしいです。
英語絵本については、日々の生活の中で取り入れたいな、と思っていたのになかなか取り掛かれなかったので、あらかじめセットされているのはありがたいです。
早速、就寝前の絵本タイムにこの英語絵本も混ぜるようにしています。
娘@3歳3カ月は意外なほどよく聞いてくれて、「分からない」とかは言わず、音として集中してる様子。
これくらいの歳だと、日本語以外の言葉・音も抵抗なく受け入れようとしているんだな、ということが実感できました。
↓セット英語絵本の一部です。
b0279099_2333369.jpg


続けることができるようならば、Stage4以降もヤフオクで入手したいなと思います。
(こういうふうに自分でコントロールして購入できるのが中古購入の良いところだと思います。)

☆彡

それにしても、私自身は「かけ流し」には全く向いていないなということをあらためて感じました。
よく幼児英語教育に成功したと思われるお母様のブログには、教材はCDを中心軸として、かけ流してinputさせる、対してDVDの視聴頻度は低くしたと書かれています。
けれど私は音がスピーカーからずっと流れている状態が苦手なんですよね・・・。たとえそれがクラシック音楽だとしても、ずっとかかっているのは苦手です。
TVとかラジオをかけたまま、というのも、非常に気になるタイプです。(電車や車の音は気になりません。)

そんなわけで子供のために英語の音楽CDを掛け流す、というのもやってはみましたが結局やめてしまいました。娘も「音楽止めて」っていいますし、多分私と同じ趣向なのかも。
その点、夫はラジオを付けたままPC作業を好んでやっているので、多分平気なタイプなんですよね。個人差ですね。

果たして、英語教材DVD中心としてよいのかどうなのかよく分かりませんが、私の趣向でDVD中心とならざるを得ないかなと思っています。
もちろんDVDと娘だけの環境にならないように、私も一緒に座って歌ったり、英語を発音したりしたいと思います。


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

# by kuma_neco_kuma | 2016-06-10 18:00 | ◇3歳 | Comments(0)

急転直下、ファミサポさん決まる   

自治体のファミリーサポート事業へは、ちょうど3年前の仕事復帰の際に登録していました。
ただわが区の場合、「需要>>>>供給」という説明は受けていましたし、あんまり小さい子をお願いするのもご迷惑かな・・・、娘自身も戸惑うかもしれないし・・・という思いもあって、実際に依頼をしたことはありませんでした。

今通っている保育園では登園・下園の際にファミサポさんにお願いしている方が何名かいらっしゃって、利用者のお母さんに「ファミサポさんお願いしてみて、実際どうですか?」と尋ねたところ、色々と実際の感想を教えてもらいました。
「私も半年程度マッチングする人が見つからなかったから、とりあえず依頼を出して待ってみたら?」
と背中を押してもらい、
かねてからの懸案事項だった土曜の私の勤務日(最低月1回はあります、そして夫は毎週土曜日仕事あり)に、習い事送迎をお願いできるファミサポさん探しをセンターに依頼してみました。

ただファミサポセンターの方にも、
「土曜日だし、見つからない可能性が高いですね」と言われ、やはり探すのは無理だな~と諦めていました。

夫から義理母にオファーを出し、土曜勤務日に関してはお義母さんが都内に出てきて下さるといことでOKが出たところでした。

そんな状態だったのに、依頼を出して1週間程度で、ファミサポセンターの方から
「見つかりました!」
と連絡がありました。こんなにすぐに見つかるとは思わなかったのでビックリでした。

で、とんとん拍子で提供会員さんのお宅に一家でお邪魔して、打合せをして、習い事送迎と私が帰宅するまでの預かりをしてもらうことになりました。(実際の預かり日はまだ先ですが、また感想を書いてみたいと思います。)

おそらく、電車で片道2時間の義理母に来てもらう方が、娘にとっても私たち親にとっても楽です。
けれど、何か有事の時のために地域とのつながりを持っていた方が良いだろう、しかも今後も義理母がずっと元気だという保証はないし、先のことを考えたら義理母以外の頼みの綱を作っておいた方がよいのではないか。
そんな長期的視野でみるとファミサポ利用の方がメリットがあると夫とともに判断して、ファミサポさんにお願いしてみることにしました。

娘が3歳になって、ある程度のことは言葉できちんと話して説明でき、トイレも自立したので、ファミサポさんにお願いしても大丈夫かなと思った点も大きいです。
状況判断もある程度でき、時間が来れば親が来てくれるということは分かっているので、娘自体心理的な負担も大きくならない年齢になったと感じます。
もちろん、実際にトライしてみて、娘の反応やファミサポさんのご意見を聞いてみないとわかりませんが。

そんなわけで、娘が適応でき、ファミサポさんの了承が得られれば、
ファミサポさんにお願いできるときはそのファミサポさんにお願いする、
ファミサポさん都合でキャンセルになるときは義理母にお願いする、
という2段階構えで、土曜日の勤務日+習い事を乗り越えたいと思います。

*****

◆シンプルなレインブーツ

シンプルで雨用とは一見分からない、ショート丈のレインブーツです。
質感がマットで一見革のゴアブーツのような感じで、服装を選ばず使いやすいので、連日の雨天でも大活躍してくれています。
こういった商品には珍しくSサイズが展開されているのもよいです。(勿論私<22.5cm、width 2A to B>が履くとやはり大きいのですが・・・。)




===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===

[PR]

# by kuma_neco_kuma | 2016-06-08 06:00 | ◇3歳 | Comments(4)