<   2016年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

ブログ引っ越しいたします   

いつも読んでくださる皆様へ

この度、fc2 blogに引っ越しして新ブログ「奥様は女医」を書くことにいたしました。

このブログは妊娠中~娘3歳3カ月の約4年間を綴ったもので、多くの方に読んでいただき、またご意見頂きました。
大変ありがとうございました。

こちらのブログは「旧・奥様は女医 ブログ」として残しておきたいと思います。
時期をみて、よく閲覧されている記事以外は非公開にすることを考えています。
なおブログ村のランキングからも、外れる予定にしています。

***

文章を書くことは好きで、学生時代からとあるHPを作ったり、日記サイトで書いたりしていましたが(←昔はブログなんて簡単なツールがなかったので・・・)、4年間もきちんと継続して記事を書けたのは今回が初めてでした。
それは色んな方にコメントを頂き支えて頂いたからと思います。
ありがとうございました。

引き続き、新ブログ「奥様は女医」にも立ち寄って頂けると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

ななこ

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-07-10 16:00 | Comments(0)

平日の上野動物園   

曇り空が広がっていた某日、事情が重なって午後からの半休を頂きました。
保育園を早退させ、娘と一緒に上野動物園に行ってみました。

平日に上野動物園に行くのは初めてです。

上野動物園は我が家から一番アクセスしやすい動物園ですが、人が多いため敬遠しています。
今まで3回来ていますが、全て真冬にしか行ったことがありませんでした。

[過去記事] ・意外と空いていた!冬の上野動物園 ←1歳10か月
      ・春分の日の上野動物園  ←2歳0ヶ月
     ・記事にはしていませんが、2歳11か月のとき。

今回は初めての平日訪問だったので、混雑がどの程度か心配でした。

けれど今まで訪れた中では圧倒的に一番人が少なく快適に見て回れホッとしました。
(まだ夏休みに突入していないからだと思います)

パンダも待ち時間なく、そのまますっと見れるくらい空いていました。



歩くのは苦にならないタイプの娘ですが、今回は午後で、まさに保育園ではお昼寝している時間帯だったので、念のため園内でバギーを借りて行動しました。
バギーを借りるのも、あともう1年くらいかなぁ(私の願望含む)・・・と思いながら借りました。
(バギーは1日300円で借りれます。)

2歳代後半からは西園にある「こどもどうぶつえん」が気に入っている娘。
今回もふれあいタイムに入っていって、ハツカネズミ、モルモット、うさぎ、アヒル、鶏などを触らしてもらいました。
b0279099_1154359.jpg

百聞は一見にしかず、と言いますがさらに言うと、百見は一触にしかずとも言えるのでは?というくらい、実際に触るとその動物への理解・興味が深まるので、おすすめです。


また今回初めて園内のモノレールに乗りました。
全く待ち時間なく、空いた車内に乗れたので満足度が高かったです。



動物の種類は多いですが、敷地面積としては決して広くなく、また土日だと混雑必須なのがマイナスポイントですが、都心に住んでいる身としては何と言ってもアクセスしやすいのがいいです。

あとは他の動物園と比べると、園内に100円入れて動く乗り物がなく、あまり商魂たくましい感じがしないのがよいですね。

ただし!
東園表門外の真正面には100円入れて動く系の遊具広場があります。(動物園とは無関係のようです。)
b0279099_1164445.jpg


今までスルーできたのですが、さすがに今回は状況が分かったようで「あれ乗りたい―!!」となってしまい。
200円分の券を買って「2つだけだよ」といって乗せてあげることにしました。
3歳からは一人で乗車可の乗り物が多かったので、一人で乗ってもらいました。

(↓動物園内で購入したウサ耳付けています。可愛いけど3歳児にはやや大き目。)
b0279099_1165928.jpg


何にするか散々迷ったようですが、2つを選んで、乗り終わった後はそれ以上をねだることもなく納得してくれたので、成長したな~と思いました。



===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-07-08 18:00 | ◇3歳 | Comments(0)

「中学受験は親が9割」 その2   

こちらの本の感想の続きです。


中学受験は親が9割 [ 西村則康 ]
価格:1598円(税込、送料無料)




●両親の最大の仕事はタイムマネージメント。親が中学校受験用の勉強を教えようとしない方がよい。


→これは筆者が塾の先生だからこそのご意見だと思いますが、勉強自体は塾に任せて欲しいとのことです。特に最近の中学受験は、中学受験の専門的知識のない大人が片手間で教えるような域を超えている問題も多いです。
(実際の入試問題の一部も載っていましたが、大学受験的には高偏差値な私も、直ちに回答できないような難しい問題でした。)
そのため両親には家庭生活のタイムマネージメントをお願いしたいそうです。

●家庭で大切なことは「生活知識」と「身体感覚」を身につけさせ、「親子で感情を動かすような体験をすること」。
これらは幼児期から小学校3年生までに積み重ねた方がよい。これが学力を後伸びさせるカギである。
親は子供の好奇心の芽を摘まないようにして、いろんなことを一緒に体感するのがよい。そして「生活知識」のためにはキッチンに一緒に立つこと。

→キッチンで色々なことが学べるという点は同感です。材料の重さを計ったり、量を計ったり…という作業で体積や重さ、単位ということが理解できます。あとは野菜や果物の種類、切った時の種の様子、なども理科の知識に繋がると思います。我が家も積極的に料理のお手伝いをしてもらおうと気持ちを新たにしました。こういったことは幼児期から小学校3年生までの間に家庭で取り組むべきとされていましたので、こつこつやっていきたいと思います。

●幼児期の早期教育は有害ですらある。
脳は発達に応じて必要な知識を吸収する。いたずらに今できないこと(まだ時期が早いこと)を教え込んでも意味がない。特にフラッシュカードなどの思考を伴わない学習方法は「カン」を頼りにする方法であり、小学校4年生~中学受験では通用しないやり方である。


→「早く」「早く」と幼児に知識を詰め込むことは、長い目で見ると意味をなさない、というご意見はごもっともです。個々の発達や興味に応じて、本人が楽しいと思うことを、親のエゴではない形で、しかも思考力を伴う形で進めていくことが大切だなと思いました。

●「丁寧にやること」は、実は「正しい答え」について興味を持つことと言い換えられる。そこに至るまでの過程が大切で折角導いたことは丁寧に書きこませる。終わらせることだけに意味があると思わせないことが大切である。

→耳が痛いお言葉です。性格的な問題もあるかも知れませんが「丁寧に」というのが、娘も私もなかなか難しく。ただ「やり遂げた」ことを評価するのではなく、過程も尊重してあげる姿勢が親として大切だなと気付かされました。


そのほかにも為になるTIPSが沢山書いてある本でした。
まだ子供が3歳なので実感が足りず読み飛ばしている部分もありますが、小学生になるころに改めて読み直したい本だなと思いました。


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-07-07 06:00 | ◎教育本 | Comments(0)

「中学受験は親が9割」 その1   

以前から気になっていたこちらの本を読了しましたので、印象に残った箇所をメモしておきたいと思います。

中学受験は親が9割 [ 西村則康 ]
価格:1598円(税込、送料無料)




私は地方公立中学・高校→国立大学 で中学受験未経験者です。夫も中受未経験です。
そのため今回この本を通じて初めて知ったことが幾つもあり、中受そのものを知るため、また最近の動向を知るために読んでみてよかったなと思いました。

以下印象に残ったことを幾つか。

●入試は関西の方が算数と理科のレベルが高く、全体として関東よりも難易度が高い。
関西は入試科目に社会がないところが多く、暗記に走らなくてよい。レベルの高い算数や理科のために、思考力を鍛えるような学習をする傾向あり。 関東は算数であっても、思考力よりもパターン暗記に頼りがちである。


→「思考力」重視の風潮は西の方が高いのですね~。初めて知りました。
暗記力のみで合否が決まる試験よりも、思考力をとう試験の方が、中学校以降の学力や人間力の「伸び」につながるのではないかと思います。
12歳という低い年齢であるからこそ、暗記に頼らない学習スタイルを確立することが大切だと思います。
そういう点では関西の中学業界の方が、次世代の人間を育てるための配慮があるような気すらしてきます。

●新傾向の問題はまず関西中学入試で出題され、数年後に関東でも出る。

→出題面でも関西の方が「思考力を問う」という点で一歩先を行っている、ということなのですね。
こういうオリジナリティの高さ云々の姿勢が、よく言われるT大とK大の違いにもつながるのかもしれないと思いました。

●大手塾によっても授業数、拘束時間に差がある。一般的に関西系塾の方が拘束時間が長く、全て塾が面倒をみる傾向がある。
例えば小4でも週4回22時まで塾、は珍しくない。


→うーん、拘束時間が長いのは私だったら避けたい・・・と思うのですが、自分とレベルがあったクラスだったらそれほど苦痛ではないのか?実体験がないため分かりません。
関東系大手だとSAPIXが一番拘束時間が短いそうですが、その分進度も早くハイレベルだそうです。なるほど。

●入塾にあたってはできる限り上位クラスからスタートできるように問題集などで対策をしてから入塾テストに望むべし。下位クラスから浮上するのは容易ではない。

→学校で習う内容は、低学年から取りこぼしがないように学習をしていき、さらに3年生冬に入塾テストを受ける前にはプラスアルファで問題集による対策がおすすめとのことです。
低学年(小1~3)で大手塾に通うことについては、あまりお勧めはされていませんでした。


長くなるので、その2に続きます。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-07-06 05:00 | ◎教育本 | Comments(2)

家庭での学習状況@3歳3か月   

3歳3カ月の記録です。
一時記に比べるとプリントの枚数は少なめで、平日は全くプリントをしない日もあります。
そんな日でも、「サイコロ」を使った数の取り組みはやっているのでまぁいいか・・・という感じです。

◆サイコロ遊び

3歳1か月頃からピグマリオンでも5までの数の合成と引き算がどんどん出てくるようになったので、自宅でもそれに合わせて数の合成をサイコロでやるようにしています。
今は手作りの1から3までの目のさいころを2個つかって、二つの目の合計を出すようにして、すごろくなどを楽しんでいます。1から3までしか目がないので、和は2から6になります。
(ホームセンターに20円くらいで売っていた立方形発泡スチロールにシールを付けてサイコロにしています。)
b0279099_59476.jpg

目が出たら親は何も言わないで、本人に「○たす▲は・・・◎!」とサイコロの目を読んで言ってもらうようにしています。
そんな感じで6までの足し算は大体間違えなくなりました。ただし集中力が切れると5,6が怪しくなります。やはり1,2,3,4に比べると概念が十分育ってないのかな、と思います。

うちの子の場合は、ピグマリオンのヌマーカステンを見たりするよりは、サイコロの目をみて数の合成をする方が楽しいみたいです。

そんなわけで相変わらず「すごろく」や「クラウン(ピエロ)」を連日のようにやっています。

ゲーム・クラウン カードゲーム
価格:1620円(税込、送料別)





◆数を書くこと

1,2,3の数字は3歳なりたての頃から書いているのですが、それ以上の数字については書きたがらず。
公文のこちらでなぞり書きを促しているのですが、なかなかやる気にならないみたいです。まだそういう時期ではないのでしょうね・・・。

はじめてのすうじ [ くもん出版編集部 ]
価格:712円(税込、送料無料)



数字を読むだけだったら40くらいまでは間違えずに読めるのですが、やはり書くのは別ものですね。


◆ひらがなを書くこと

こどもチャレンジ年中版についてきた「なぞりんマシーン」
相変わらず週1回くらいは思い立って自分でかってに色々なぞっています。

公文のこちらのひらがな書きドリルは第1集が終わり、第2集に入りました。
こちらは2冊がシリーズとなっていて、第1集は、運筆と1,2画の簡単なひらがな10文字の練習、
第2週は、残り24文字の練習となっています。

はじめてのひらがな1集 [ くもん出版編集部 ]
価格:712円(税込、送料無料)



はじめてのひらがな2集 [ くもん出版編集部 ]
価格:712円(税込、送料無料)



自分のなまえもどんどん書きたいようで、私が鉛筆で下書きを書いた上からマジックで書くという練習もしています。

◆迷路

迷路ブームは過ぎ去ったようですが、まだ時々やりたがるので、七田の迷路をやっています。
絵が面白いところがいいみたいです。



◆工作

はさみブームがやや下火になり、今は折り紙ブームのようです。
特にネコ・犬を作ることにはまっていて、そればかりです。
下は、兜とねこのコラボ?
そう言えば最近は顔を書くときのバリエーションがやや増え、閉じた口、開いた口、ニッコリの口、べろが出ている口、などを書けるようになってきました。
b0279099_52685.jpg

こちらの本を参考にしています。説明が丁寧なので分かりやすいと思います。



===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-07-04 18:00 | ◇3歳 | Comments(0)

ブックオフの宅配買取へ~もう5年目~   

読書好きの人が、できるだけ自宅で本を増やさないようにするには?と考えると・・・

一番の王道は「図書館を活用すること」だと思います。
我が家の夫は、定期的に図書館で借りて・返して・・・とやっています。
娘の絵本も、図書館で借りることが多いです。
ただ、私は読みたい本をこまめにリクエストをかけたり、取りに行くのが面倒なんです。(←マメさが足りない性格。その点夫は苦なくできていて違いがはっきりしています)。

私が読みたい本は人気が高い本のことが多く、リクエストしてもまわってくるのは半年くらい後ということもしばしばあり、機を逃している感じがちょっと苦手というのもあります。

そんなわけで、私は読みたい本であれば買うことが多いです。
そして物を増やさないために、読み終わった本の98%以上はブックオフに売っています。(のこり2%クくらいは暫く手元に置きたいと思う本なので、持っていますがとても稀です。)
何冊も売りに行くのは面倒なので、だいたい1年に1回はブックオフの宅配買取サービスを利用して売っています。
これだと、段ボールにざっくり詰めて送るだけです。紐で結わえてゴミに出すよりも簡単です。

ブックオフ オンラインにログインすると、今までの買い取り履歴が確認できるのですが、
今見てみたところ2012年から足かけ5年、毎年利用しているようです。
CDやDVDも一緒にいれていることもありますが、殆ど本を送っています。
毎年30~80点を送っていて、
買取価格は1500~7000円くらいになっています。

送ったものの何割かは値段が付かない、という結果になっていますが、私は値段が付かないものの処分も併せてお願いしているので(←選択肢で選べます)、楽です。
「楽」っていうのがなによりです。

今年は例年以上に断捨離に励みたいと思っているので、またまとめて買取に送ってみようと思います。


◆「1週間で8割捨てる技術」

なかなか捨てられない人、捨ててもリバウンドしてしまう人に、ご自身の20年以上の長きにわたる失敗談を交えてやり方を伝授されている本です。
捨て方、選択の仕方や心構えがとても詳しく載っていて参考になりました!

1週間で8割捨てる技術 [ 筆子 ]
価格:1404円(税込、送料無料)




===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-07-01 06:00 | ◆暮らしのシンプル化 | Comments(0)