<   2016年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧   

初めての虫歯?!への衝撃   

少し前の話ですが、記録のため。

我が自治体の認可保育園では、保育時間内に歯科医が来て健診をしていただけるのですが、2歳9ヶ月頃に受けた結果が、なんと!


「虫歯あり、要受診」


かなりの衝撃でした。

よく3歳児検診で虫歯を指摘されて母親がショックを受けるというのを聞いたことがありましたが、このことかと!


いつもしっかり親が磨いてるつもりでした。

磨くにあたっては小児歯科医の講習会まで出てやり始めたのに。

歯磨きが足りてない?

甘いもの食べさせ過ぎ?


けれど私が見る限り、何処が虫歯か分からないんです。

私、歯科医ではないのであまり自信を持っては言えないのですが…

保育園からの結果通知の紙にもどの部分か、までは書いてないし。

保育園の先生によると、泣かずにしっかり口を開けてじっくり診てもらいましたよ、とのことでしたので、見えにくかったわけではなさそうだし。


そんな訳でかかりつけ歯科へ。

(私が独身時代からお世話になっている歯科です。娘も1歳代から診てもらって、4ヶ月おきの間隔でフッ素塗布をやってもらっています。)


診ていただいたところ、

「虫歯はないですね〜、疑わしい部分もないし。何処を見誤ったんだろう?」

と逆に不思議がられました。


虫歯がなくてホッとしました。

と同時に、健診ってやはり難しいなと。

自分自身も子供の健診(内科側)をやってきた立場なので、ある程度の内情は分かるとはいえちょとモヤモヤしました。


ちょうどフッ素塗布の間隔にあたっていたので、フッ素を塗って完了となりました。


今まではフッ素はイヤ〜と泣いていたのですが今回からは全く泣かずに口を開けてじっと出来てビックリでした。

成長してますね。

何度か連れて来ているので場慣れしたという要素もあると思いますが、

本人の理解力が良くなったという要素もあるようで、まだ2歳なのに偉いなあと。←親バカ?


何はともあれ、今後も気を抜かずにしっかり歯磨き習慣を続けようと気持ちを新たにできた一件でした。



==

★歯ブラシは、喉つき防止ガードを!

歯ブラシはクリアクリーンのこちらをずっと使用しています。
子どもが自分で持つブラシと、保護者の仕上げ磨き用のブラシが両方入っています。
子どもブラシは、喉つき防止ガードが付いているのが良いです。
割りばし事件というかなりセンセーショナルな医療紛争が15年以上前にありました。その事件では転んだ拍子に割りばしがのどに刺さって、さらに小脳まで達して子どもが死亡してしまいました。そこまで深く刺さるケースは稀ですが、しかしながら口に咥えた棒状物で喉を浅く突く事故は多いのでご注意を。




===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-02-08 03:01 | ◇2歳6-11ヶ月 | Comments(2)

ピグマリオン第一グレード18回目まで@2歳10ヶ月   

算数についてはピグマリオン教材で進める方針に今のところしているので、家庭教材第一グレードを地道にやっています。

数だけではなく、図形・空間、指先強化も織り込んであるのがピグマリオンのよいところだと思います。



さてSTEP1(12回目まで)は問題なく進めたのですがSTEP2(13回目から)で、難航しております。

苦手な、というか、娘の理解が不足している分野が出始めたからです。


苦手なのは、

002.gif点描写 です。




点描写については、いきなり6×4からスタートします。

b0279099_23272780.jpg

これは難しい。娘の能力をはるかに超えていました。

解説DVDではこれができないようなら市販のもっと単純な点描写問題をやったり、あとはそもそも移転ができてないこともあるので移転問題をやって下さい、とのことでした。


なので書店でこぐま会の「ひとりでとっくん1 てんずけい1」を購入。


b0279099_23275372.jpg

これだと3x3からスタートするので、取り組みやすいようです。



こちらで少しずつ慣らしていきます。

この点描写でつまずいてしまって、2歳10カ月では13~18回までの進捗となってしまい、前月よりもスローな進み具合でした(2歳9カ月は1~12回まで完了できたので)。
でも課題が見つかってよかったですし、理解できていないのに無理に進めていく必要はないので、きちんとできるようにしながら進めて行こうと思います。

一方で得意なのは、
・色板トントンや天地パズル
・数のプリント問題
です。

色板トントンと天地パズルについては、このまま楽しみながらどんどん図形把握能力を伸ばしてもらいたいな。

数のプリント問題は、今のところ1~3なのですが、あっさりできてしまって、けれど毎回毎回同じような問題が続くので、正直娘は飽きてしまっていますね・・・。1、2枚目はあっさり正解ですが、3枚目からはやる気なしになります。割愛してもいいものか悩みます。
現在は別の日にそのやりたがらなかったプリントだけさせていますが、色板トントンや天地パズルのような食いつきっぷりはなく、ただただ消化している感じです。
日常生活でも「1~3」は間違うことなく使えているので、もう十分なのかな?と思ってみたり。でも「1から3の理解がその後の数の理解においても礎となる」と書いてあったのでしつこく繰り返すべきなのかな。

なにはともあれ、2歳10カ月は、第一グレード13~18回までの進捗で、苦手分野が分かってきたという状況でした。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-02-05 21:42 | ◇2歳6-11ヶ月 | Comments(0)

家庭でのドリル@2歳9,10カ月   

2歳9,10カ月の家庭での市販ドリルを使った取り組みの記録です。

◆鉛筆使用をスタート

今まではドリルもクーピーを使って行っていたのですが、2歳9カ月からは鉛筆を使って取り組むようになりました。
鉛筆はよくある幼児用の太い三角のものではなく、普通の(大人も使うような)細さの鉛筆に補助グリップを付けることでスタートしました。

というのも、体験レッスンに行った幼児教室で普通の鉛筆を差し出され、きちんとした持ち方でスムースに使えていたので自宅でも大丈夫かなと。
けれど持ちやすさについてやや心配だったので、小学生がきちんと持つために使う、とされているグリップを付けました。
幼児用の太い鉛筆だと鉛筆削りも特別なサイズのものを買う必要があるらしいですが、普通の鉛筆+グリップだと一般的な鉛筆削りは使えるので便利です。


◆迷路

運筆ドリルを卒業し、迷路大好きになりました。黙々と鉛筆を走らせます。
公文の「すくすく」シリーズの迷路ドリル、「はじめての迷路(2~4歳)」とその次の段階の「やさしい迷路(3~5歳)」の2冊買っておいたのですが、2歳9,10カ月の2カ月間で一気に終わってしまいました。



行き止まりにぶつかったら引き返して別の道を探す、ということもこちらが言わなくても理解してくれるようになり、成長したな・・・と感じました。(迷路をやり始めた頃は壁にぶつかってもそのまま突き抜けて進んでいたので・・・。)
ちなみに「やさしい迷路(3~5歳)」の最後のページはこんな感じです。
b0279099_23213784.jpg


まだまだ迷路大好きなので、さらに難しめのやり応えのある迷路ドリルを購入したいと思います。



◆塗り絵

なかなか綺麗に、沢山の面積を塗ってくれないのでヤキモキした気持ちになるのですが・・・
少しずつは前進しています。
前よりは指の力が付いてきて、根気よく塗れるようにはなってきたと思います。

塗り絵については、2歳9カ月の時クリスマスプレゼントの一つとして与えたこちらの「水でぬるぬりえ」で練習したことが、塗り絵への興味や丁寧さのUPに繋がったと思います。
これは達成感が大きいみたいで、しょっちゅうやりたがります。



こちらの「はじめてぬるえほん」は全部で79ページあるのですが、今は30ページのあたりをやっていますが、なかなか自発的にはやりたがらないんですよね・・・。
はじめてぬるほん

はじめてぬるほん
価格:918円(税込、送料別)



ピグマリオンの家庭教材第一グレードのなかにもしばしば塗り絵プリントが出てくるので、それもできるだけ白い部分がないように塗るように誘導しています。



◆シール系

2歳8カ月くらいまでは大好きだったシール系ドリルですが、今はすっかり熱が冷めたようで・・・。
成長の一過程なのかな、それともただのきまぐれかな。
自分で書いたり、ハサミで切ったり、のりで貼ったりができるようになって、そちらの方がシールより面白いと感じるようになってきたからだと考察しております。


◆ハサミ、のり

相変わらず大好きです。
アンパンマンのこちらのドリルは2歳8ヶ月の頃買って、食い付きが良かったので同じのを2冊買ったのですが、その2冊目も2歳10カ月で終わりました。



また公文のこちらのハサミドリル。これは2歳6カ月くらいから始めたのですが、こちらも2歳10カ月で終わりました。



内容は最初は単純な直線を切るページで、徐々に難易度が上がって最後のほうは曲線を切るようなページになって行きます。
このドリルが終わったといっても、まだまだ曲線を切ることについては不得意ですね。
「ハサミの手を動かすのではなく、紙を動かしながら曲線は切るんだよ」と何度も伝え、示してあげているつもりなのですが、なかなか難しいようです。


◆知恵系

七田のこちらのドリルが一気に終わりました。確か2歳6カ月くらいには買っていたのですが、その頃は全く歯が立たず、どうしたものかと思って放置していたのです。
それが2歳9カ月で試しに出してみたらスラスラできました。ほんの3カ月の違いでもかなり理解力や判断能力って着くんだな・・・とビックリさせられました。


2歳10カ月からはこちらの「ぼんぼんりぼん」の知育ドリルをやっています。
ぼんぼんりぼんおけいこ

ぼんぼんりぼんおけいこ
著者:榊原洋一
価格:820円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


内容は迷路、間違え探し、ことばさがし、数の大小など色々な知恵を刺激する問題です。ぼんぼんりぼんや他のサンリオキャラクターがちりばめられ、また全体にレイアウト・デザインが可愛らしく、やる気が刺激されるようです。
全部で54ページですが、今は24ページ目をやっています。


ほかの取り組み
・数について(ピグマリオン教材で行っています)
・ひらがな
・よみきか
・英語
については別記事で記録を書きたいと思います。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-02-03 23:35 | ◇2歳6-11ヶ月 | Comments(0)