「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧   

来年度、幼稚園に移るという選択肢   

来年度は3歳児クラスになるということもあって、このまま保育園で過ごすのか、それとも幼稚園の年少クラス(+延長保育)に入園させるのか、迷い始めています。

幼稚園に入れるとしたら自宅から1キロ弱の距離にある某お勉強系幼稚園を考えています。
自宅周囲の他の幼稚園は預かり時間の関係上難しいため却下しており、唯一時間的な面でクリアできそうなのがその幼稚園になるのです。

その某お勉強系幼稚園の入園説明会には2年前に一度行きました。
また来年度入園のための説明会はもうじき開催されるので予約はしてあります。

そこのメリットとしては教育系プログラムが充実していること、そして追加料金で習い事系のプログラム(スイミングやピアノなど)も選択可能なことです。

デメリットとしては料金が高いこと。
朝・夕の追加の保育時間を頼むとなると(今の認可保育園で預かってもらっているのと同じ時間となると)、ひと月当たりの料金は・・・大卒の地方公務員の初任給に近い額です。
高いですよね・・・。
でも周囲に聞いてみると、都内でそのような教育系プログラムが充実していて、語学にも力を入れている幼稚園って似たり寄ったりの値段で、決して法外に高いわけではないようです。
価値観の問題だとは思いますが、未就学児の教育にそこまでかけるか、というとちょっと疑問な気もします。

教育に力を入れてくれているのは魅力的ですが、あまりにもきっちりとしたプログラムだとのびのび思考することができなくなるのは?という心配もあり。
また娘がそのような環境になじむことができるのか、ということにも不安があり。その幼稚園がイヤになってもとの認可保育園に戻りたくっても保育園激戦区なので同じ保育園にはまず戻れないと思います。

また大人が用意した教育内容を飲みこんで理解するといこともある程度大事だとは思いますが、
そうではなくて子供同士が何気ない遊びをする中で学ぶことも多いと思います。
前回参加した説明会では自由遊びというものがやや制限されているような印象を受けてしまい、そのような点もややマイナスな印象ではありました。

ただ私自身が娘の習い事などのために送迎時間を割くことは現実的に難しい部分が多く、習い事を色々させてあげれそうもないことは可哀そうな気がしていました。
このような幼稚園に預けている時間の中で習い事を行ってくれるのであれば非常に有難いとは思います。
教育についてはあまり人任せにできない部分も多いので、ある程度家庭でも取り組まないといけないと思うのですが、ただスイミングなど運動系習い事はどうしても外部施設へ行く必要があるので家庭ではどうしようもないです。

勿論、その幼稚園の入園倍率も結構高いようなので希望しても入れない可能性もあります。

色々悩みますね・・・。

とりあえずは来年度用の説明会を聞いて、うちの娘に合いそうか馴染めそうかを第一に考えながら願書を出すかどう改めて考えてみようと思います。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-07-28 21:55 | ◇2歳0-5ヶ月 | Comments(4)

日中のオムツはずれ成功か?@2歳4カ月   

タイトルの「日中のオムツはずれ成功か?」は20%くらい私の願望がにじみ出た言葉ですが、でも80%くらいは事実なんですよ~。

保育園っ子あるある、な話しかもしれませんが、
トイレトレーニングを保育園主導で行って頂いています(現在も進行中)。

思えば、自宅で急に「トイレ行く~」と言いだして、便座に座り始めたのは1歳9カ月のとき(昨年の年末)でした。
保育園で1歳児クラスの時からオムツ替えの度に便座に座るように誘って下さっていたので、それが習慣化していたみたいで自宅でも「トイレ行く~」と言い出したようでした。
私からは教えてなかったので、急な言動にビックリしました。
[過去記事] トイトレデビューは突然に@1歳9カ月
b0279099_2226722.jpg

↑自宅ではトイレ踏み台を設置して、補助便座を使用しています。
このトイレ踏み台は、設置したままでも大人が用を足すときの邪魔にならないように設計されているので、いちいち動かさなくて済むので便利です。色も子供っぽい色ではなく、インテリアに合わせやすいホワイトがある点もいいと思います。お値段やや高めでしたが買って良かったです。
補助便座は写真では左端にちらっと映っていますが、コンビのです(頂きものでした)。
使わない時には脇の薄型ボックスに入れてスッキリ収納しています。



けれど2歳になった頃から自宅では停滞気味で、あまりトイレで排尿してくれず・・・。
家ではオムツを交換してもらうのを喜んでいる様子もあったので甘えたかったのかもしれません。
しかし園では嫌がることなく、自分でズボンとオムツを脱いで便座に座って排尿できているし、終わったあとも自分でオムツとズボンを履いていますよ~、とのことでした。

さらに1カ月くらい前(2歳3カ月ごろ)から、日中保育園でオムツを濡らすことが殆どなくなり、
オムツを自宅から持参しても使われないまま引き出しに残っている、という状態が続いていました。
(使ったとしても1日あたり1枚とか2枚とかそれくらいです。)

かなり驚きました!
トイレでちゃんとできているんだ!人間らしくなってきているんだ!と。

そんなわけで、自宅でも再び積極的にトイレに誘うようにしたら、
家でもトイレですんなりと排尿できるようになった、2歳4カ月の夏です。

保育園の同じクラスでも、月齢の高い子(既に3歳になった子)が3名程度オムツ卒業した、ということも聞きましたので、お友達にも影響されているのだと思います。

娘も確実に進歩しています。
というか、子供の成長ってすごいですね。
ボヤボヤしていると、こちらが置いていかれてしまいます。

実際私はボヤボヤしていたのに、
ここまでトイレを習慣づけて下さった保育園・保育士さんに感謝です。

ただ排便はオムツじゃなきゃイヤ派ですし、夜間就寝中は尿がかなり出ます。
保育士さんにも「もう少し日中はオムツを履いて様子を見ましょう」と言われているので、
完全にオムツが外れるのはもう少し先かな?
お休みの日は、自宅ではトレーニングパンツを履いて、来るべきオムツ卒業に向けて私も娘も頑張っています。漏れると後始末が大変ですけど、それもお互いの訓練ですね・・・。

それでも日中殆どオムツを使わなくなったおかげで、保育園に持っていく荷物もその分減ったので軽くなりました♪
また今までの様なハイペースでオムツを購入しなくても済む点も有難いです。

***

そう言えばうわさ通り、トイレ成功したらご褒美にシールを貼ろうね!作戦は、娘のモチベーションアップに有効です!
b0279099_22262295.jpg

アンパンマンシールも、台紙周りのマスキングテープも娘が貼ったのでお見苦しくてスイマセン。

このアンパンマンシールと台紙ですが、こちらのトレーニングパンツのおまけで付いていました。
まだまだアンパンマン好きなお年頃なので、とても喜んでシールもパンツも使っています。




===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-07-25 22:18 | ◇2歳0-5ヶ月 | Comments(0)

4時半起床、すっぴん通勤   

昨年の夏もそうでしたが、娘@2歳4か月が早起き過ぎて困っています。
1人で勝手にサマータイムを導入しているようで、4時半には目覚めてしまいます。
(就寝は20時前なので、9時間は眠っていることになります。)

2歳児が一人で勝手に起きて過ごすというわけはなく、
「おーきーてー!」
と言って私を起こしてきます。

なので私も4時半には起きます。
辛いです。
遅くとも22時半までに私も就寝しないと、日中身が持ちません・・・。

早寝早起きは喜ばしいことですが・・・さすがに4時台はやりすぎだと思います。

4時半起床後は、「ママとひたすら遊ぶ」と本人が決めているようで、ずっとつきっきりです。
この時間に調子が良ければプリントをやってみたり、ハサミを使ってみたり・・・と手を動かす作業に取り組んできます。
ただ機嫌が悪い時は全くできず、抱っこ・おんぶ・Eテレ録画観賞ですが。

最近は父親拒否が始まってしまい
「お父さんとは保育園行かない、お母さんがいい!」
と私と保育園に登園することを熱望するので、朝の送りの担当も私になっています。

保育園の送りは、すっぴんのまま帽子を深くかぶって、7時過ぎに娘と一緒に家を出ています。
(私が化粧していると娘が「遊んでよ-!」と怒るのでできません、なのですっぴんです。)

保育園の預かりは7時半からなので、早めに保育園に着いて、園内の図書スペースで二人でのんびり絵本を読みながら時間が来るのを待っている、というような過ごし方です。
(すっぴんなので園内でも帽子を深くかぶったまま、帽子は決してとりません。)

娘を預けたら、その足でまだ比較的空いている地下鉄に乗ります(すっぴん+帽子)。
勤務先の最寄駅に到着したら、そこの駅トイレで化粧して出勤しています。
化粧して髪を整えてやっと帽子を脱ぐことができます。

いつまでこんな早起き&すっぴん登園&駅で化粧をしないといけないのか分かりませんが、
折角の早起き出できた朝時間(娘にとっては朝活なのかも?)で娘と向き合える時間がしっかりと確保できているので、
しばらくはこのような時間の使い方をしていきたいと思います。

==

◆ジムで使う予定のポーチでしたが・・・

ジムで使おうと思って購入したポーチでしたが、
上に書いたとおり、日々勤務先の最寄り駅の駅トイレで化粧をするために使っています。
さずが日本メーカーのアルティザン&アーティストのポーチは縫製がよく、作りが丁寧です。
コンパクトながら収納力があり、メイクブラシも収納可能なので重宝しています。



===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-07-22 21:18 | ◆仕事のこと | Comments(0)

プリントをやることの是非   

先日娘に「くもん はじめてのおけいこ」という冊子(プリント)を見せたところ、
「お勉強する~」と言い始め、嫌がることなくスタートしたことを記事にしました。

その後ですが、「プリントをやりたい」という日もあれば、そうではない日もあったりで、まちまちです。
特に達成目標は定めず、本人の気の向くままにしています。

ただ、上記の「くもん はじめてのおけいこ」だけでは飽きるかも?と思って、幼児教育を自宅で取り組んでいらっしゃる先輩ママのブログを見て、追加でいくつか他のワークも買ってみました。
今の娘にできそうなものを手の届くところに出し、まだ早そうなものは一旦引き出しにしまうことにしました。

2歳4か月の現在、本人が興味を持ってやっているのは以下です。
(鉛筆代わりのクーピーペンシルと一緒に撮っています。)
b0279099_13512973.jpg


左から順に、楽天ブックスのリンクを貼っておきます。
はじめてぬるほん
ちえできるかな
くもんの はじめてのおけいこ
↓クーピーペンシルはこちら。短くて折れにくい&手も汚れにくく2歳児には使いやすいようです。

思考するというよりは、
紙や鉛筆に慣れてもらって、手指をうまく使うように訓練している、という意味合いが強いです。

ドリルやプリントをさせることに対しては、否定的な見解も多いとは思います。
自発性が育ちにくい、とか、自ら想像する芽を摘むとか。
その点に関してですが、
外遊びを含めた身体や指を使う自由な遊びもしているため(←というかこちらの方が時間を割いています。保育園でもメインはこちらですし。)、
現在やっている程度・頻度では、自主性や想像力を封じ込めるような方向には作用しないのではないかと考えています。

今の段階では紙や鉛筆に慣れること、またそれを通して指先を使っているだけの段階です。
プリントの意図通りには行えていません。
お手本に倣って線を引くにしても、矢印の向きや私の説明は思いっきり無視して、反対側から線を引き始めることも多いので、まだまだ理解できていないようです。
そういったことへの理解も、続けるうちにだんだんわかってくるかなと考えています。

今は娘のリアクションや行動を観察して、私ががどう対応したり声掛けするのが良いのか、
そして今の娘、これからの娘にとって何が必要そうで、何処を伸ばすように促すのがよいか、
私自身がが考えている段階、というのが一番正しいのかもしれません。
あまりに親が先回りし過ぎるのもいかがかと思いますが、
数年後にできるだけ後悔しない形になるよう関わって行きたいと思います。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-07-17 21:33 | ◇2歳0-5ヶ月 | Comments(2)

子連れの雨の日対策   

雨だと保育園への送迎が大変ですよね。
抱っこひもに収まってくれている間はまだよかったものの、
もう自分でちゃんと歩けて抱っこひもには入ってくれないお年頃になると難しさが増します。

我が家の対策法を幾つかご紹介。

◆娘にはカバーオールタイプの足元までしっかり覆われるタイプのレインコートを着せる。

これで殆ど体がぬれません。フードも付いているので頭もカバーできます。


◆小さくて(40cm)、透明な傘を持たせる。

子どもって傘が好きですよね。
まだ背も低いので(88cmくらい)、自分で傘を持つとコントロールが難しいと心配していたので持たせないでおこうとしたのですが、
それだと私の傘を奪おうと画策して返って危ないので、娘には娘用の傘を用意しました。

全体が透明のものが視界を確保しやすくていいよ、
と保育園の先輩ママに教えてもらったので、透明タイプを探して買いました。

透明で小さいサイズのものはあまり売ってないようでしたが、
赤ちゃん本舗楽天市場店に模様は入っているけど透明なタイプがあり、これをポチリました。
ただし40cmでも対応身長は95~105cmだそうで、若干大き目かもしれませんが、ちゃんと自分で持って歩けています。
こどもビニール傘 アメ(ピンク)[15OKL-POE2]

こどもビニール傘 アメ(ピンク)[15OKL-POE2]
価格:1,080円(税込、送料別)



◆足元は長靴で。

子どもって長靴好きですよね。晴れた日にも履きたがるのが困りものです。
先日、サイズアップのために長靴を西○屋で買ってしまいましたが、絵柄は可愛いものの物自体が良くなくって・・・全体が硬すぎる感じといいましょうか。娘も「痛い」と言い変な歩き方になってしまいました。
そのため ワンサイズ下のときに購入した靴屋さんで再度買い直ししました。
これだとゴム自体は厚くはないけど、しっかり弾力があって、足幅や脛部の幅がやや狭いけどその分フィット感があるんです。娘も「痛くない」といってスタスタ歩くことができます。


◆交通手段をバスorタクシーにする。

朝はタクシーがつかまりにくいので、バス利用しています。
夕方はタクシーを捕まえやすい、一方バスはどれも混雑しています。
バスの混雑した車内で余分なストレスを感じないためにも、夕方はタクシー利用一択にしています。
連日タクシーだと費用がかさみますが、その分は子育ての必要経費と思って割り切ります!

◆親もレインコートを着る。

子どもの不測な動きに対応するべく、私もレインコートを着ています。
23区のトレンチ兼レインコートをこの春に購入したのですが、有効に活用できています。
画像がなくて申し訳ありませんが、いかにも~なレインコート感がない素材なので着やすいです。

◆交通系ICカードは、リード付き定期入れに入れて、バッグにつけておく。

バッグからお財布ごそごそ・・・という手間が惜しいので、バスの運賃も、タクシーの支払いも、ICカードで済ませます。
より簡単にカードが出せるように、伸びるリード付き定期入れをバッグにつけています。
伸びるリードは片手がふさがっていてもすごく便利です!
本革なので子供っぽさは殆ど感じられないと思います。


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-07-16 06:43 | ◇2歳0-5ヶ月 | Comments(0)

家庭学習をスタートすることに@2歳4カ月   

実父から「お受験させた方がよいのでは?」と言われたことついて先日記事にしました。
過去記事:お受験どうするの?問題

その時父と話をして感じたことですが、私は今まで娘に日常のこと、そしてお勉強のことを教える姿勢があまりなかったな・・・と反省しました。

まだ2歳4カ月ですし、それほど焦ってしつけやお勉強を行う時期ではないと思っていました。
早生まれということもあって、同じ学年のほかの子に近づけるくらいに成長すればいいなと思っており、
習い事など何かを始めるとしたら3歳になってからと思っていました。

というのも、0歳児の時にベビーリトミック(近所の個人でやっている教室)と、こどもチャレンジbaby(通信教育)をやって見て、「なんか違う」という違和感を感じたからです。

ベビーリトミックは、先生にもよるのかもしれませんが、
「早期に始めないと!早期から触れさせないと!」という事を強調され、親を煽るようなことを終始言っておられるのが何だかな~という気持ちにさせられて、1歳を契機に辞めました。

こどもチャレンジbabyも、0歳のときにとっていたのですが、
届くおもちゃやDVDの量が多く、
とくに我が子は昼間は保育園に行っていたので自宅で過ごす時間が少なくそれらを持てあます状態でした。
しかも1歳前後の状態でDVDはあまり見せたくないな・・・と思っていたので1枚も見ず。
そのため、これも1歳で辞めました。

1歳から2歳4カ月の現在まで何も習い事や通信教育をしていない状態なのですが、保育園で集団生活をさせてもらっているので、そこで色んな事を学んできてくれました。

・トイレに行って排泄したり(保育園ではトイレ排泄が好調でオムツを濡らすことがほぼなくなりました)、
・自分で服を着たり、
・昨日、今日、明日の言葉が正確に使えたり、
・3人くらいまでなら、人数を間違えずに言えたり、
・パズルだったら40ピースは自力でクリアできるようになっていたり、
・ジャングルジムに登れるようになったり、
・三輪車を漕げるようになったり。

それに伴って、物事や状況を娘なりに理解できるようになってきたと思います。
そろそろお勉強的な要素を家庭の中もしくは習い事として取り入れてもよい時期にきたのかもしれない、
と思うようになりました。
親の「勘」みたいなもので、理論的には説明できませんが、今の状態だったら効率的にぐんぐんと吸収できそうだなというモンテッソーリが言うところの「敏感期」の一つが来ているような感じです。

そんなわけで家庭内でもお勉強的要素を取り入れ始めようと思いました。
どんなふう進めるか、ちょっと迷いましたが、近くの書店で実物を確認できた公文の教材からスタートして見ることにしました。

先日購入した公文のドリル
「はじめてのおけいこ」を恐る恐る娘の前に出してみました。
はじめてのおけいこ

はじめてのおけいこ
価格:713円(税込、送料別)




興味を全然示さないかな・・・と思っていたのですが、

「お勉強する~!」
といい始めてびっくり。

「勉強」なんて言葉、家で娘に対していったこともなかったのに・・・。

いつの間にか、保育園の上の学年の子を見たりして知っていたのでしょうか。
このようなプリントが「お勉強」につながるということ。

拍子抜けするくらいにに娘が乗り気だったので、2-3日に1回のペースですがこのプリントをやっています。
鉛筆を、と言いたかったのですがまだ買っていなかったので、
クーピーペンシルを娘に渡して、鉛筆の持ち方をとらせてさせてます。
b0279099_5255151.jpg



単純に線をひくだけですが(運筆ジャンルに入るのだと思います)、
紙と鉛筆に慣れていない娘にとっては結構難しいようなのです。
指定された部分以外にもグルグル線を書いてしまっていますが、とても楽しいみたいなので、あまりルールを強要せずに好きにさせています。



ほかにも手先の訓練や数字・空間的思考を促すためにスタートし始めたことがあるので、
自分自身の備忘録も兼ねてまた記事に出きればと思っています。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-07-15 05:35 | ◇2歳0-5ヶ月 | Comments(0)

「台所育児~1歳から包丁を~」   

いつも拝見している先輩ママブログの過去記事で紹介されていた本だったので、
娘が2歳になる直前くらいにこの本を買いました。
b0279099_5231366.jpg

↓楽天での取り扱いはこちら。
坂本広子の台所育児

タイトルがかなり衝撃的ですよね。
1歳で包丁が使えるの?!って。

結論として、著者の坂本さん曰く「1歳でも包丁をもって安全に切ることは十分できる」そうです。
そのことを知っただけでもかなり衝撃的でした。

本文から一部引用します。

”子どもがしたいと言ったらその時がやらせどき。
「今忙しいから大人しくしていなさい」とか、
「こんなことをして怪我でもしたらどうするの」
などと拒否することは、よっぽどの事情がないかぎりやめたいのです。

そして、そのときに大事なのは「したい」といったその本物をあたえることです。”


(余談ですが、義母が「あの子(=私の夫)は、何でも本物を触りたがって大変だったの。おもちゃを与えると コレジャナイ! ってすごく怒ったのよ。」という話をしていたのを思いだしました。)

本題に戻って・・・

食べることは生きること。
料理を作ることは生きること。
台所仕事を子どもとは関係のないものとして切り離さずに、もっと子どもに料理という根源的な活動を見せ、実践させるべし、という論調です。

確かに現在の分業化が顕著となった生活では、お肉もお魚も切り分けらえてパックで個装されてスーパーに並ぶものであったり、
ご飯もいつの間にか大人が作っていて、子どもは食べるだけだったり、
スーパーやコンビニに行けばすぐ食べることのできるお惣菜があり、
ファミレスに行けば、写真付きの様々なメニューから好きなものをオーダーするだけでよかったり・・・、
食(材料の確保から料理過程まで)と子どもいる世界との乖離が進んでいると思います。

また本の中では、できるだけ手作りで本物の味を子どもに知ってもらうことの大切さ、
例えば餃子はおいしくないと言っていた子がいて、その子の家庭ではチルド製品の餃子しか食べさせてもらったことがなかったのだけれど、
いざ具も皮も手作りで作ってあげると「餃子はおいしい!」と喜ぶようになったというエピソードも紹介されていました。

1990年に出版された本で、私が購入したものは2011年の第44刷です。(かなりのロングセラーですね。)挿入されている写真には時代を感じさせますが、内容としては普遍的で色あせていないです。

おそらくこの時代は「食育」なんて言葉が一般的になる前の時代、まさにバブル末期ですが、
書かれている内容は「食育」であったり、
親への「育児指南」だったりします。

全体としては、子どもの基本的な生活能力の向上(サバイバル能力を鍛えるとでも言いましょうか?)であると感じました。

・・・

さてさて、私自身の場合。
この本を読んでかなり感銘を受けたのですが、
我が家では1歳代で本物の包丁を持たせることはできませんでした。
私の勇気や覚悟がなかったためです。
そして2歳4か月現在もまだ本物の包丁を持たせていません。
(おままごと包丁で、右手と左手の使い方は教えていますが・・・。)

けれど、手で行える皮むき作業だけは積極的に手伝ってもらっています。
玉ねぎの皮、ソラマメや枝豆の鞘をむく作業は専ら娘の担当になっています。
当初は時間がかかっていた作業ですが、今はスルスルと手際良くできるようになってきており、「できたー!」と得意げな顔をする姿はこちらも見ていて嬉しいです。
もちろん「ありがとう!助かったよ!これでお料理するね!」といって沢山誉めるようにしています。

保育園でも先日ソラマメを剥く作業があったそうですが、「あまりにも上手で、薄皮まできれいに剥いていて驚きました」と保育士さんに言われました。
保育士さんにわざわざコメントいただくということは、周りのご家庭ではそれほどやらせていないのかな~と思いました。私も上記の本に出会わなければ娘にさせてなかったかもしれません。

あとはスーパーにあまり行かずに、宅配食材を定期利用しているのですが、
それではいろんな野菜や果物に出会えるチャンスが減ってしまうな・・・と思い、週1回はスーパーに一緒に行くようにしています。
スーパーでは野菜の名前を言い合ったり、色を言ったり、「前、食べたね~」とか「これ保育園で出てきたよ」とか、食に関する会話を積極的にしています。
(混み合った時間だと2歳児連れでいくとイライラしがちなので、空いている時間~特に我が家周辺のとあるスーパーは金曜日の夕方が空いている~を見計らって行っています。)

そんなわけで、まだ本格的な「台所育児」というところまで踏み込めていないのですが、ちょっとずつ助走している段階です。
できたら2歳6カ月までには、包丁にチャレンジさせたいと思います。


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-07-13 05:05 | ◎教育本 | Comments(4)

皆勤記録9カ月でストップ!@2歳4カ月   

娘@現在2歳4カ月は、0歳の頃から保育士さんもビックリな丈夫な子でした。
(娘0歳のときは、むしろ私が2カ月おきに38℃台の発熱を繰り返し苦しかったです。)

昨年度(1歳児クラス)から今年度(2歳児クラス)にかけては、
なんと保育園皆勤が9か月間も続いていました。

しかし!
そんな丈夫な彼女もついに先日「発熱」でお休みしました。

1歳~2歳が熱も出さずに9か月間も毎日元気に過ごしたことに驚きを禁じ得ません。
しかもこの冬は鼻水を垂らすようなことも殆どなかったし、一体どうなっているの?!という感じです。

仕事柄、体調の悪い子供ばかり診ているからかもしれませんが、
2歳児はもう少し病弱というか、病気をもらってきやすいと思うのです。
しかも保育園という集団生活の場に長時間います。
なのに殆ど流行り病をもらってこないのはどうしてなのでしょうか。

免疫力が高いから?
ストレス発散型だから?
「病は気から」の「気」が健全だから?
と、あまり科学的根拠のない考察をしてしまいます。

でも確実なのは、
熱がない時でも子どもの体調に合わせて自宅では無理をさせないように過ごさせている、
ということ。
土日に無理な外出に子どもを付きあわせないとか、
遅くとも21:00までには寝室に連れて行くとか、
朝も疲れの傾向があれば、いつもより30分多く寝かせて登園時間を30分程度遅らせるとか、
そういったことの積み重ねのような気がします。
特にまだ自分で体調の異変を口に出して表現できないので、観察だけは怠らないようにしています。

今回の発熱は、急に夜間に39℃台が出ましたが、本人は至って元気。
翌朝は38℃台で、小児科には夫に連れて行ってもらいましたが、
「熱以外に何も症状がなく、元気も良いため原因不明ですね。
薬も出しようがありません。
今回は38度5分以上でも他に問題がなければ解熱剤も使わなくていいのでは?」と。
私もそのご意見に賛成でした。

結局平熱に戻るまで2日間休みましたが、その間は元気よく、食欲も通常通りでした。
2日間とも、いつものように病児保育のフローレンスにお願いして、シッターさんを自宅に派遣して頂き、一緒に楽しく過ごしてもらいました。

そんなわけで皆勤記録は一旦ストップしてしまいましたが、
健康であることはとても有難いことです。
今後もまた新たな皆勤記録の樹立にチャレンジしてもらいたいと思います。

===

◆レディな気分を盛り上げる浴衣

着つけが簡単なセパレートタイプの浴衣です。下はフリルスカートとなっており、上下ともレースが多く使われ「女の子!!」という感じです。
娘@2歳に95を買いましたが、届くなり「かわいい♪」と。
最近は連日お風呂上がりに着て、鏡の前でポーズをとってご満悦です。
下のリンクは95,95ですが、100以上のサイズも扱いがあります。




===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-07-11 05:26 | ◇2歳0-5ヶ月 | Comments(0)

ママ名刺って!   

世の中には「ママ名刺」なるものがあるってご存知でしたか?

1週間くらい前に偶然テレビの情報番組でその件を話されていたのですが、
「ママの名前」「子供の名前」「子供の写真」「メールアドレス」「LINE」を載せるだけでなく、
「夫の職業」「年収」まで記載する、と言っていました。(自分の職業ではないところを見ると、専業主婦のかたが持つもの?なのでしょうか。)
さずがに「夫の職業」「年収」はネタでしょう、と思いましたが。

ただ「ママ名刺」なるものを育児歴2年数カ月の私はもらったことがないので、
果たしてただの都市伝説なのか、実在するのかよく分かりません。

保育園ママ同志で連絡先を交換して、一緒に遊んだりすることが最近時々あります。
そういった時に、相手と経済感覚が違う事項が出たとき、どう答えるべきか迷うことがあります。
たとえば子供を出産した産院のこととか(周囲にはお高い産院~リーズナブルな公立病院の産科まであり、費用は倍以上違います)、
夏の旅行先(海外旅行はマストな家庭もあったり)、
外食をどこまでするか(子連れランチに誘われるとホテルだったり)。
嘘をつくわけにもいかないし、かといって正直にいうとどうかな?と言う時もあります。

先日の急な雨の日、家の方向が同じで、2人のお子さんを同じ保育園に通わせているお母さんと帰りの玄関で一緒になりました。
私は傘を持っていましたが、彼女は傘はなし。
「大丈夫ですか?どうやって帰りますか?」と声をかけたら、
「走ってバス停まで行って、バスに乗ります」と。

相手は2人の子供さんを連れて傘なしです。
「よかったらタクシー相乗りで帰りませんか?」と言いたかったのですが、
ひょっとして「タクシー」というと経済的に負担に思われるかな、と思って言い出すことができませんでした。
もしかしたらタクシー相乗りに賛成してくれたかもしれないけど、言う勇気がなかったです。
やはり相手の背景を知らないから言えなかったのです。

帰り時間が同じ保護者のなかで「雨の日はタクシー利用しかありえない!」と言われる方もいて、その方達とは雨の日の帰りに一緒になるとすかさず「タクシー相乗りしましょう!」と言い合っているんですけどね。
それはお互い経済感覚が似ている(バスは混雑していて不快だから嫌。タクシー利用したいけど、1親子で乗るよりも2親子で乗った方がお得でよい♪という考え)ので言えるのだな、と。

「ママ名刺」なるものに、「夫の職業」「年収」が書いてあるというのも、もしかしたらあらかじめお互いが不快な思いをしたいための予防線なのかな・・・と思ったりしました。
けれどやはりそんなことを書いてあるものをもらったら、相手の品格を疑いたくなりますし、お近づきになりたくないですけど。

自分自身が仕事や趣味を通じて知り合った友人とは違って、子供を通じて知り合った「ママ友」については、色々な点で価値観が違うことを前提として節度あるお付き合いをすることが大切だな、と思います。
経済面だけでなく、子育て観、道徳観なども大きく違っている可能性も高いです。
相手にどこまで言ってもいいのかは、少しずつ探りながら模索して行くしかないですね。

==

●自宅で散髪できるハサミ

周囲にカミングアウトとビックリされることが多いですが、娘の髪はずっと私が切っています。
切ること・整えることは全く苦にならないタイプなのです。
自宅周囲は子どもの散髪でも4000円程度なので(都心価格ですね・・・)、おうち散髪が経済的です。
ただこれも各家庭で考え方はまちまちなので「え?自宅で??」と怪訝な顔をされてしまうこともしばしばです。



===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-07-10 05:43 | ◇2歳0-5ヶ月 | Comments(2)

【2015年】ふるさと納税の途中経過   

昨年から重い腰を上げて始めた「ふるさと納税」についてです。
もう散々語られていますが、2015年はの税制改正で、控除される限度額(上限)があがりました。
もともとは個人住民税の1割が限度額だったのですが、今年からは2割に引き上げられました。なので前の年よりも多い額を寄付しても税制上のメリットがあります。
(ただし単純に2倍額とは言えないそうなので、専門のサイトを使って自分自身の限度額をチェックしておいた方がいいです。もっと簡易的に知りたいならば、こちらの大雑把な早見表が役立ちます。)

昨年2014年は
・自分の故郷の県にある自治体
・勤務したことのある県の自治体
にふるさと納税(寄付)したのですが、結構面倒でした・・・。

というのも振込用紙でしか対応していない自治体も多く、
まずはメールで問合せをして、
先方から振込用紙が送付されてきて、
それを持って郵便局で振込を行って、
お礼の品が届くのを待つ、
といった状況でした。

問合せをすることや、振込みのハードルが高くて、結局限度額には及ばない額でストップしてしまいました。

今年2015年はその教訓を生かして、
・クレジットカードを使って、ネット上で決済ができる自治体(必須条件)
・自分の出身県もしくは勤務したことのある県の自治体を優先するが、その他の自治体でもOK
という条件でふるさと納税することにしました。

さらに「ふるさとチョイス」という便利なサイトがあることも分かったので、専らこちらで全国の自治体とお礼の品を検索して選ぶようにしました。
もしかしたら、全国自治体をくまなく網羅はできていないのかもしれませんが、各自治体ごとにいくらの寄付で選べる特産品はこれだけあるとか、○○はもう受付け終了しているとか分かります。
また「肉」とか「米」とかお礼の品の条件ごとに自治体を検索することもできます。
さらにその自治体がクレジットカード決済が可能か否かもマークで表示してあるので、決済可能な自治体のみを選んでいくのも簡単で、自分の住所入力やクレジット決済までの一連の作業がその「ふるさとチョイス」のサイトで完結する仕組みになっています。
(ただしクレジット決済はYahoo!の公金決済を利用したサービスとなるので、クレジット決済の時だけYahoo!のサイトにログインします。事前にYahoo!IDを所有していて、支払いのクレジットカードを登録しておくことが条件となります。)

4月に入って限度額の4割程度を費やしてふるさと納税を計4か所の自治体に行いました。
その際に初夏のフルーツとして選んだお礼の品が6月末から7月初めに順次届きましたのでご報告します。

その1:「山形県天童市」のさくらんぼ300g×2 (1万円の寄付)

写真は300g1パックです。これと同じ量がもう1パックいただけました。
さくらんぼがこんなに沢山!とビックリしてしまいました。上品なお味でとてもおいしいです。
娘も沢山いただき、すっかりさくらんぼファンになりました。
「一番好きな食べ物は?」と聞くと「さくらんぼ!」と答えるようになりました。(前はミカンだったのですが。)
来年もリピートしたいです。
b0279099_162101.jpg


その2:「高知県南国市」のメロン(1.4kg)とマンゴー(200g×2個)セット (1万円の寄付)

メロンもマンゴーも両方頂けるありがたいセットです。
事前に南国市の市役所の方から「今年はマンゴーが豊作で大ぶりなものがおおいです。なのでマンゴー200g×2個かマンゴー400g×1個のどちらにしましょうか?」とわざわざ丁寧な電話があり驚きました。
1万円の寄付でマンゴー2個という自治体は幾つかあったのですが、さらにメロンも着くのは他の自治体では見かけなかったのでこちらにしたのですが大当たりでした。こちらも来年リピート予定です。
(写真は半分に切ったメロンと、マンゴー1個のみ映っています。)
b0279099_22212096.jpg


さらに新たに「ふるさと納税」を別の自治体で行いました。
これで限度額の約6割が完了したことになります。
今回は夏と秋のフルーツをメインに自治体を選びましたので、またご紹介できればと思います。

結局私の場合は、フルーツと米、肉が届いたとしても食べやすいので重宝する品です。
少しくらい(フルーツや肉などは冷蔵庫などで)放置してもOKですし。
その点、海産物は美味しそう!とは思うのですが、届いたその日に処理が必要となる可能性、日によってはその処理自体が難しいな・・・と思うのでついつい敬遠してしまいます。

まだ限度額の4割は残しているので、他に魅力的な自治体がないか、他の方のブログもチェックしていきたいと思います。

==

◆包丁研ぎは、このロールシャープナーが便利。

私はセラミック包丁は苦手で、金属製包丁ばかり使っているのですが、切れ味が悪くなると研がなければならず、研ぐのが苦手な私にとっては心理的な負担が大でした。
けれどこのシャープナーのおかげで手軽に研ぐことができて、切れ味も回復するので非常に助かっています。
2年前に購入したものですが、月1回程度の頻度で使い続けています。
同じく金属製包丁愛用派の方にお勧めです。(セラミック包丁はこちらでは研げません。)


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-07-09 05:18 | ◆ふるさと納税 | Comments(0)