<   2015年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧   

春の断捨離まつり~その1~   

週末は一気に暖かく、桜の開花も進んだ東京でした。

私は土曜、日曜の2時間ずつを使って家の中で不用品の断捨離作業を進めました。
新年度が始まる前に身辺を整えておきたい!シンプル化して気運を高めたい!という気持ちで臨みました。

今回はリビング、台所、収納庫を中心に進めたのですが、本当に油断すると物ってどんどん増えて行くことを再認識させられました。

~今回作業したこと~
(▽写真は土曜日の断捨離で出たゴミです。日曜日もこれと同じくらいの量のゴミが出ています。こうしてみるとやはり多いですね。美しくない像なのでセピア調に加工しています。)
b0279099_18165492.jpg


●娘の服・おもちゃ
真冬用の厚手素材、サイズが小さくなったものを収納庫へor処分。春用の薄手やちょっと大き目の服に入れ替えしました。
おもちゃや絵本は必要以上に買わないようにしているのですが、いただき物も随時あり・・・ついついリビングの収納スペースいっぱいになってしまいます。
沢山ありすぎても遊ぶおもちゃは限られてくるので、年齢的に合わなくなって遊ばなくなったもの、読まなくなった絵本は収納庫へ。そして汚れが目立つものは捨てました。
服もおもちゃも第2子の可能性を考えて保存しているのですが、私自身の仕事のタイミング、夫の気持ち次第では第2子はないのかもしれません。
39歳の誕生日を迎えても妊娠していなかったら全て捨てます。そして以降は娘のサイズアウトした服も全て保管せずに捨てようと思っています。

●タオル類
1軍としては活躍できない程度にくたびれたタオルを、「掃除などに使えるかも」と思ってウエスとして保管していましたが、2年程度も使わず仕舞いの状態なのでそれらのタオルは捨てました。
結構場所を取っていました。

●本
通勤時に読むために買った本、以前の職場で使っていた専門書。
また読むかな・・・とおもって保管しておいたのですが、結局再読はしていないものが殆どなので捨てることにしました。
そんなに本を買っていないつもりでしたが、集めると合計30冊程度になりました。
本については今回もブックオフの宅配買取に出しました。段ボールに入れて送るだけなので、紐でくくって粗大ごみに捨てるよりも簡単です。

●靴
自分自身の足が幅細であると知る前に持っていた靴は、幅が広めの靴ばかり。
幅が狭い靴が本来私が履くべき靴だと分かった今は、幅狭靴ばかり履いており、幅が広めの靴の出番はもうありません。そのような靴は殆ど捨てたのですが、いつまでも捨てることができなかったのがブーツ。
そこそこお値段も高かったし・・・という未練があったのですが、やはり履くとフィットしなくて足指が痛くなってしまうので、今回一気に捨てました。

●書類
必要かな、と思っていた書類やリーフレットの類も、その後は目を通さないものが殆どなので捨ていきました。
職場の事務に提出するような書類や役所関係のものが多かったです。

●賞味期限が切れた調味料や食品
いつも作らないものを気合を入れて料理しようとして揃えた調味料(ナンプラーとかナツメグとか・・・)。
結局その後も殆ど使わないまま賞味期限が切れていたので捨てました。
日本的な家庭的な料理しか作らないのが現状だし、それ以外のエスニック料理などは外食したときに食べるようにして、自宅では材料を揃えないという方針いこうと思います。
他、いただきものの食品、お茶の葉などで、好みに合わないけど何となくとっておいたものも、いつまでたっても消費しないので捨てました。

予想通りこの土日だけでは終わらなかったので、また来週末も春の断捨離まつりを行うことにします。
作業をするまでは面倒ですけど、一度やり始めるとスッキリして独特のハイ状態になってかなり楽しいですね。
そういえば先日遅ればせながら、「物を捨てたい病」で有名なこちらの本を読んでみました。
「捨てる」という行為には病みつきになる何かがあることが分かりました。写真だけ見ているとモデルルームのようでうらやましいです。
私はここまでは実行できませんが、できるだけシンプルな暮らしを心掛けたいと思います。

わたしのウチには、なんにもない。

わたしのウチには、なんにもない。
著者:ゆるりまい
価格:1,080円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-03-30 06:09 | ◆暮らしのシンプル化 | Comments(0)

中学受験への方針   

娘2歳なので、中学なんて幾分先の話しですが・・・、今後家庭の方針そして仕事・働き方の方針を決めるためにも考えておいた方がいいかなと思ったので、中学受験について考えてみました。

私自身は地方の公立小・中学校→(受験)公立高校→(受験)国立大学というコースでした。
わざわざ私立の小中高校に行かなくても(そもそも田舎過ぎて私立の小・中学校がない)、地元の公立高校学校からでも、某国立の医学部に現役合格するのは特に困らない状況でした。
なのでわが子も小学校~高校まで公立でよい、そして大学は必ず国立でと考えていました。
正直に言うと自分と同じく医者になって欲しいという気持ちはあります、しかし夫には強要も誘導もしないようにと何度も釘をさされています。
ただここ数年、都心に住み、都心で働き、子育てする中で、どうも東京ではそれは通用しないことに気づかされました。

東京育ちで医者になった同僚、もしくは東京で子供を育ててきた医師の先輩たちからは、
「小学校までは地元公立でどうにかなるけれど、中学からは地元公立は辞めておいたほうがいい」と実体験に基づいて口を揃えて言われます。
もちろん偏った立場からの意見だとは思いますが、学習の進め方、成績評価の仕方、学校運営の方針について、数々の実例を挙げ、軒並み否定的なんですよね。
都会だと小学校であるレベル以上の成績だった子は中学でみんな私立に行ってしまって、地元公立に残るのはそれ以外の子、という図式になっていると。
複数の同僚からそのような話を聞いて、小学校は公立で、中学校からは私立に入れる方が私の価値観にあっており、夫婦も子供も落ち着けるのではないかという気がしてきました。

たまたま同じエキサイトブログで「中学受験」についてのブログを書かれているアンダンテさんの有名なブログ(「アンダンテのだんだんと中受」)が目に留まりました。
かなり内容が濃く面白いのでちょこちょこ記事を読んでいたのですが、ブログ記事が書籍化されているとのことだったので読んでみました。(ちなみに私のこのエキサイトブログのデザインが偶然にもアンダンテさんと一緒なのです。)



タイトルは「第一志望合格のためにやってよかった5つのこと」と速攻性のあるノウハウのようなタイトルがついていますが、決してそんな付け焼き刃的な話ではないです。
「どうして中学受験を選んだのか」「志望校を決める理由はなにか」についてのくだりがとても深い内容になっているのです。決して表面的な受験指南書ではありません。
自身の3人の子供の個性や能力を光らせ、充実した日々を送ってもらうために、何を考え、親としてどのように手助けするかを愛情とともに、鋭い洞察力で的確に分析し、さらにそこから実践に移すというところまでが、非常に分かりやすく整理された形で綴ってあります。
ご自身はかなり中受で苦い思いをされたようですが、追加募集による合格、その後大学は最高学府へという道筋をたどったという経緯があるそうで、なるほどと納得しました。

私も子供には充実した中学・高校生活を送って、その上で大学で学びたい道に進んで欲しいと思います。
ただ大学に入る前準備だけの6年間にはしてほしくないです。
子供の個性が伸び、安心できる先生や友人関係の中で生活し、信頼関係を築きながら勉強していくような6年間であればいいなと。
そういう意味でも、高校受験で分断されない中高一貫の6年間の学校生活に魅力を感じますし、子供のカラーにあった私立学校で6年間を過ごす方が得策だと強く思いました。

そんなわけで夫に「中学受験する方針でいこう」と話しました。
そうなると大体4年生から進学塾通いが始まって、自宅で親も学習のサポートをすることが不可欠ということも分かりました。
上記のアンダンテさんの本にもそのことが書かれていますが、自分の周囲の先輩女医さんに聞いても中学受験だけは親のサポートが不可欠!という話を聞かされます。特に御三家に子どもさんを入れた先輩の実体験を聞くと、親もそれなりの覚悟が必要だなと・・・。
子どもの中学受験時期に私自身の仕事が忙しい状況にならないようにコントロールしておくべきだな、と感じました。8年くらい先の話しですが・・・。
自身のキャリアのために、いまの職場で勤務を続けるのか、別の場所に移るのかを、また選択するタイミングが必ず来ます。多くは予期しない時に外部からお声がかかり、一度断ると同じチャンスが巡ってこないことが殆ど、というパターンです・・・お見合い結婚みたいな感じですね。
8年後の受験サポート生活を念頭に入れながら、仕事のこと、それから住居のことも戦略的に考えて行こうと思います。


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-03-26 22:16 | ◇2歳0-5ヶ月 | Comments(2)

春分の日の上野動物園レポ   

春分の日で休日だった先日、娘と私の2人で上野動物園に行ってきました。
夫は仕事だったため、娘@2歳0ヶ月と2人で行動しました。
前回1月中旬の日曜日に出かけて以来、約2か月ぶり、2度目の訪問です。
[前回記事: 意外と空いていた!冬の上野動物園 ]

3月に入ったし、暖かくなったし、ある程度人出は多いんだろうなぁとは覚悟していましたが、今回は朝ゆっくりと自宅で過ごしたので上野動物園に着いたのは10時30分前。開園が9時30分なので1時間くらい経過した時刻でした。

表門を入ると、ヒト、ヒト、ヒト・・・で、前回の訪問よりもざっと2倍くらいの人出でしょうか。
表門近くのパンダ舎前にはズラッと人が並んでおり「今日はパンダ見るのはやめておこう」と決意しました。(その後何度かパンダ舎を前をチェックしましたが、列は絶えず長いままでした。)
前回(1月)は全く並ばずに見れたので、並ばなくて良い日に見るに限るなと思いました。わたし、行列が苦手なのです。

b0279099_2202636.jpg

今回は、前回1月に来た時の記憶もあって園内の主要な動物エリアを覚えていたので、娘と二人っきりでもゆとりを持って行動できました。
前回の教訓で「2歳児(もしかしてうちの子だけ?)は大きくてインパクトのある動物を見せておけばOK」と分かったので、
ゾウ、トラ、ゴリラ、キリンを中心に見ました。
あとはサル、ペンギン、フラミンゴの檻もも広角で見えやすい作りになっているので、そのあたりに行くように誘導しました。
1か所を長くゆったりと、娘が飽きて「バイバイ」というまで見る、という娘のペースで見ていきました。終始のんびりでしたが、特に急ぐ必要もないです。娘のペースでがいろんなことに気付いてくれればいいなと思いましたので。
でも傍で一緒に見ていると、私も十分楽しめました。動物の筋肉の付き方、毛の生え方、姿勢、しぐさ、じっとみてると面白いですよね。(特に今回は、オスのゴリラの背中が筋肉隆々であることに初めて気づき見惚れてしまいました・・・野生だな・・・と。)

前回の教訓から娘に向かなかいのは展示が小さくて見えにくい動物でした。例えば爬虫類館とか、あまり大きくない鳥とか・・・。本人は何を見ていいのか分からず、飽きてしまうようでしたので、今回はそれらには近づかないようにしました。

ベビーカーを持参したのですが、午前中はずっと自分で歩いて行動しました。
お昼ご飯は本人希望で、ソフトクリームとフライドポテトという組み合わせに。栄養的にダメな組み合わせですが、たまにのことなので良しとしました。暖かかったので外のベンチで食べました。

お昼13:30過ぎには疲れたようで「ベビーカーに乗る」といい、1時間半くらいはお昼寝をしてくれたのでその間私も休憩することができました。

娘が目覚めたのは15:00頃で、おやつを食べ、そこから30分もすると一部の動物が宿舎に入って行く時間でした。丁度キリンやサイが宿舎に入っていっていました。
さらに16:00前にはゾウたちがお行儀よく1列にも宿舎に入っていく様子も見れました。「ゾウさんおうちに帰っちゃったね~、ねんねかな~」「おうちでゴローンするのかな」と娘は言っていました。(いろいろと状況が分かるようになっている様子にビックリしました。)

帰りはお土産物屋さんによって、本人が欲しがるのでぬいぐるみを1つだけ購入しました。
本当は沢山の動物のぬいぐるみが欲しかったようで、買い物かごを持ってきて、並べてあるぬいぐるみを次から次へとかごの中に入れていってしまいました。周りの子どもも唖然としてました・・・。
「そんなに買えないよ。どれか一つにしてね。」と何度も説得し、その意味が分かったようで渋々とぬいぐるみを手放していき・・・そして散々迷いながらも1つのうさぎのぬいぐるみを選んだのでそれを買いました。
「1つしか手に入らない」ことを納得して、「沢山のなかから一つを決める」という行為ができるようになっていたんです。
これは平日それほど触れ合う時間がない私や夫から学んだというのではなく、保育園で学んだことだと思います。お友達との集団生活や、保育士の先生の言葉がけのおかげだと思いました。

そうして16:30には退園し、帰路につきました。


~全体を通じての感想~

・やはり3月となって暖かくなった祝日だったため人が多かったです。パンダの行列がすごくて諦めました。これからもっと気候が良くなり、春休みに入ったらさらに混雑することが予想されます。混雑が苦手な私なので、これから暫くは上野動物園には行かないでおこうと思いました。
前回のような天気のよい冬の日が人が少なくねらい目というのは本当だと実感しました。

・前回来たのが1歳10か月、今回が2歳0ヶ月でしたが、この2か月で動物や物事への理解が進んできたな・・・と感じました。今回は夫不在で二人で行動しましたが、他の人へ迷惑をかけるような行動や、突拍子もないところに行ってしまうといったこともなく、大勢の中での行動というものがそれなりにできるようになっていました。正直もっと(私が)疲れるかな、と覚悟していましたが、前回よりも楽に行動できました。

・小動物と触れ合えるコーナー(西園の”こどもどうぶつえん”)が小さい子に人気とのことですが、時間が足りず今回も行けませんでした。また次回は午前中からここに行って見ようと思いました。


===

◆動物園でもお役立ち!マジカルエアー

上野動物園では、ベビーカーの貸し出しも行っているので、お子さんの年齢や歩行の状態によってはわざわざベビーカーを持ってこなくても良いと思います。

ただうちは動物園につくまでの道のりにベビーカーが不可欠なので持参してます。
園内に着いたら張り切って歩く。
けれど食後はお昼寝が必須で、お昼寝はベビーカーで。
午後はやや疲れ気味で、歩いたり、ベビーカーに座ったりでコロコロ気分が変わる。
そんな状態なので、ベビーカーを使ったり、使わなかったりなのですが、マジカルエアーは開閉が片手で楽にでき、また閉じた状態でキャリーバックのように片手で転がせます。
右手に閉じたベビーカー、左手で娘の手を引く、ということが楽にできます。
そんなふうに開閉が楽であることに加えて、重量が2.8kgと軽いこともポイントが高いです。

日々の保育園送迎でも活躍しているこのマジカルエアーですが、お出かけでもやはり便利です。
購入して8か月程度経ちますがヘビーユースしてます。買って良かったアイテムの一つです。




===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-03-23 19:03 | ◇2歳0-5ヶ月 | Comments(0)

無印良品の良品週間   

新生活が始まる春のこの時期、無印良品の製品が10%OFFになる良品週間がありますが、今年も良品週間が始まりましたね。
無料で登録できるMUJIメンバーになれば4月6日まで10%OFFなのでかなりお得です。
この良品週間があるため、それ以外の時は無印良品での買い物をすると勿体ないような気がしています・・・特に大物は良品週間以外では買えない・・・貧乏症なわたしです。

昨年はこの時期に、無印良品で私&娘用にマットレスSSサイズを1つ買ったのでした。(もともとマットレスSサイズを持っているので、それにくっつけて私と娘の2人で広々と寝れるようにしたのです。そのタイミングでベービーベッドは卒業したのでした@娘1歳1カ月。)

今年は「絶対にこれを買う」というお目当ての大物はないのですが、ちょこちょことしたものを買いたい、実物を見てから買いたい、と思うものがあったので、早速会合でちょっと遅くなった夜(夫にお迎えを頼んでいる日)に有楽町無印良品に行ってきました。

平日の閉店間際なので人もまばらでした。
有楽町店は3階にインテリアのディスプレイコーナーが広くあるので好きです。
我が家もこんなふうに、端正ながらも寛げる空間にできないかな~と思ってみたり。
b0279099_22173739.jpg

b0279099_2217463.jpg


結局は、今家にある欠けたトレイの買い直し1点と、おもちゃ用の収納用品を新たに2点を買っただけでしたが、広い店内をゆっくり見て回って、新製品を触ってみれたりして有意義でした。
やはりネットショップだけでは分からないことで一杯ありますよね。特にサイズ感とか、質感とかは手にとってみないとネットショップの画像だけでは難しいです。(特に無印良品ネットストアの商品ってその商品のみが単独で写っている写真が殆どなので大きさなどが分かりにくいんですよね・・・。)

良品週間はまだ2週間程度あるので、その間に自宅で再度検討して収納用品を買い足したいと思います。
いま一番の悩みは絵本の収納。
絵本を娘が取り出しやすい形で、きれいに収納、しかも大きな本棚を追加することはなしで、という命題があるのですが、なかなかこれをクリアできるような創意工夫のアイデアがなく、使えそうなアイテムもないんですよね・・・。
しばらくは他の方の実例をネットで検索しながら考えてみることにします。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-03-19 22:32 | ◆暮らしのシンプル化 | Comments(0)

動物好きにおすすめ、渋谷区立ポニー公園   

2月に近所の区立公園でポニーがやってくるイベントがあり、そこでポニーに乗せてもらって以来、ポニー大好きになった娘@2歳0ヶ月。
毎日iphoneでポニーに乗った自分の姿(写真)をも見て「お馬さーん、パッカパッカ」と言って喜んでいます。

そんなポニー好きの娘にうってつけの場所、渋谷区立ポニー公園(HPはこちら)
明治神宮敷地の傍、参宮橋側にあります。
先日、仕事の隙間時間に明治神宮に1人でお参りに行った際に発見した場所です。

ポニーへの乗馬は冬季はお休みで3/1から再開する、との情報だったため是非とも娘を連れて行こう!と思っていました。
3月に入ってお天気がそこそこ良かった先日の日曜日に家族3人で行ってみました。

日曜日はブラッシングタイムの1回目が10:15~10:30、引き馬乗馬の1回目が10:30~11:30ということだったのでそれに間に合うように行って見ました。
ポニーへのブラッシングは娘はまだうまくできないので私が専らやりましたが、大人しくてかわいらしいポニーでした。
そして娘お待ちかねの引き馬乗馬。
b0279099_956919.jpg


身長85cm以上で小学校6年生までが乗馬可能とのことで、娘@2歳0ヶ月はぎりぎり身長クリアです。
列にならんで順番が来れば、係の人が引っ張っているポニーに乗って場内の小さなグラウンドをぐるっと一周する、というものです。
10:30時点では、並んでいる子供は5名くらいだったのですぐ乗れました。そのうちどんどん人が増えて・・・といっても待っている子どもは10人程度でした。
スタッフの方に尋ねると、1回乗っても再度ならび直したら2回目以降もOKとのことだったので、娘は結局3回乗りました。
(来ていた親子はご近所の方が多かったようでお互いにお知り合いの方がたのようでした。)
かなり楽しかったようで、自分が乗馬させてもらっているとき喜んでいるはもちろんですが、他の子が乗馬している姿もじーっとかなり真剣に見ていました。


本当は11:30~11:45のニンジン餌やりタイムも体験しようと思って、近所のスーパーで人参をかって行ったのですが(人参は持ち込みでとのことだったので)、スティック状に切った状態で与えて下さいとの張り紙が出ており、我が家は買ったそのままの状態のニンジンしかなく、アーミーナイフなども持ち合わせなかったので参加しないことにしました。
ポニーへの餌やりはまた次回来た際のお楽しみ、ということにしたいと思います。
これらの体験が全て無料でできるので、渋谷区立ポニー公園、なかなかおすすめの場所です。

そのあとは、ランチ→明治神宮→代々木公園散策をしました。
明治神宮と代々木公園の緑はやはり気持ちいいですね。午後からはお日様も出てきてコートが不要なくらいの暖かさになりました。
都会の中での自然や早春を感じた1日でした。

実はこのエリアへの転居も今後の選択枝のひとつと考えているので(といっても保育園問題があるので転居するとしても小学生以降、もしかしたら中学受験してからの話になるかもしれませんが・・・)、今後も何度か周辺調査も兼ねて訪れてみようと思います。

----

◆お絵かきに興味深々な娘に。

服や家具を汚すのが嫌、しかも鉛筆やペンを口の中に入れたがるのでそれを阻止するのが大変!という理由で自宅ではあまりお絵かきをさせていなかったのですが、
そんな大人の都合でお絵かきを遠ざけていては発達上良くない!と思い立って、自宅でもお絵かき解禁しました。
(ちなみに保育園では0歳のころからお絵かきさせてもらっています、特に雨の日によくお絵かきしているようです。)

▽サクラクレパス 水で落とせるクレヨン
口に入れても比較的安全なもの、汚れを落とすのも簡単そうなもの、という条件を満たしてくれたこちらのクレヨンを使用しています。
口に入れても大丈夫なように「みつろう」が原材料に使われているそうです。
さすがに2歳なのでもう口に入れることはなかったです。おそらく0-1歳のころに散々保育園で口に入れようとして先生に阻止されたのではないかと思います、先生お手数をお掛けしました・・・。
机についた汚れは商品の説明通り、水で簡単に拭き落とせます。


▽サクラクレパス 手が汚れないクーピーペンシル
同じシリーズでクーピーもあったので一緒に買ってみました。(ちなみにリンクを貼ったショップでは総額2160円以上購入で送料無料で、送料無料となるハードルが低いのでおすすめです。)
手は確かに汚れない、けれどうちの娘はまだまだ上記の柔らかくて太いクレヨンの方が書きやすいみたいです。
もう少し手が器用になって、より繊細な線を書いたり、より丁寧な色塗り(塗り絵)ができるようになったら、こちらのクーピーが活用できるかなと思います。もう少し成長してから使うことにします。


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-03-19 06:58 | ◇2歳0-5ヶ月 | Comments(0)

母・娘関係をこじらせないために   

身近なところで実の母との軋轢に悩んでいる女性に会いました。
会いましたというか・・・、退職していかれたのですが、その退職理由の根底が実の母の呪縛だそうです。
もちろんこれは娘視点の解釈なので、母親の立場では全く別の釈明があるとは思います。
しかしながら、今までの家庭環境や母親からの言われた言葉、かけられた期待、などを聞くと、ほぼ私と同世代のその女性は大変つらかっただろうな・・・と胸が締め付けられました。

ちなみに私自身は18歳の時に母を某疾患による突然死で亡くしております。
現在36歳の私ですので、人生の半分の18年間は母と過ごし、半分は母不在ということになります。
母との思い出は18年前でストップし、その後残念ながら風化した部分もあり、鮮明には思い出せないこともありますが、良好な母娘関係の18年間だったと思います。
時々重いな~と思うことがありましたが、基本的にさっぱりした気質の母だったので割と自由にさせてくれたと思います。
ただもしも生きていたとしたら、その後の18年では2人の関係がどのように変化したかは分かりません。

私の娘は今2歳なので、これからどんどん自我が出てきて、親の考えや願いのままには行かないとは思います。逆に私が娘を束縛しすぎたり、重荷になったりするのではないか・・・という不安がよぎります。

「母・娘関係」について学ぶため幾つか読んでみました。

▽漫画なので読みやすいです。著者の実体験で、内容は重めです。
母がしんどい

母がしんどい
著者:田房永子
価格:1,028円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



▽臨床心理士の信田さよ子さんの、専門家ならではの分析や対策方法が書かれています。
母が重くてたまらない

母が重くてたまらない
著者:信田さよ子
価格:1,836円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



そこから学んだ教訓は、

・子どもを親の自己実現のためのツールと思わない、
・子どもの学業成績を、母親の評価と思わない、
・自分ができなかったことを代わりに子供に託さない、
・「あなたのために」と恩を着せない、
・娘の成功を妬まない、
・理不尽な怒り方や八つ当たりを子どもにしない、
・自分のコピーではなく、別の人格・人間だと理解する、
・母親自身が子育てとは別の分野で充実感を得る、

といったことです。こうして書き出してみると当たり前のことかもしれませんが・・・。
いざ受験など差し迫った渦中にいると、感情的になり忘れてしまうものかもしれません。もしくは独善的になってしまい、その要求の理不尽さに気付かないものかもしれません。
母・娘は女同士なので、それがプラスに働く面とマイナスに働く面とがあります。また本人同士の性格の相性だってあると思います。
女同士の感情論であらぬ方向に進まないためにも、家庭で父親という冷静な存在がきちんと機能することも大切だと思いました。


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-03-18 05:31 | ◇2歳0-5ヶ月 | Comments(2)

ワーママ的タイムテーブル@2歳0ヶ月   

しばらく1日のタイムテーブルについて書いていなかったので、記録として現状を書いて残しておきます。
仕事復帰を予定している方の参考になれば・・・とも思っています。
実際、自分自身も近い年齢の子どものワーママのタイムテーブルを参考にして役立っている点も多いので。

【朝】
●6:00から6:30くらいに起床
  たいていは自力で目覚めます。
  起きると傍に寝ている私にも「起きて!」「いくよ!」などと行ってくるので一緒に起きます。
  早朝、私が先に起きて家事などをやろうとすると、そばにいない気配を察知してしまいます。
  そして一緒に起きてしまって「あそぼう」となるので、勝手に布団を抜けだすことができません。
  なので私が先に目が覚めたら、布団の中で本を読んだり、スマホをいじったりして時間をつぶしています。

●6:30から7:10 朝食、着替え
  牛乳、果物、パン、ヨーグルト程度の簡単メニューです。ここは主として夫が面倒見てくれます。
  食べる量は日によってまちまちですが150kcaは摂るように促しています。
  保育園昼食までにお腹がすかないように、午前中にちゃんと活動可能なカロリーを、と思っています。
  その間に私は自分の朝食、身支度などしています。
  また夫が朝に洗濯機を回して、干すものは干し、乾燥機にかけるものはものはかけてくれています。

●7:15 娘&夫で保育園に出発、私も自宅を出る。

【夜】

●18:15 私が保育園にお迎えに行く。
  帰り支度をして、絵本コーナーや展示物を娘がみたがったり、玄関で他の子と遊びたがったりするので、
  すぐには帰れません・・・。15分くらいかかります。

●18:30~18:50 帰路
  雨の日以外はベビーカーに乗せて歩いて帰っています(1キロちょっとの距離)。
  途中まで本人が歩きたがることもあるので、そういう時は時間がかかっても歩かせるようにしています。
  ただ帰宅が19:00くらいになります。
  雨の日はタクシー利用です。

●18:50~19:15 私→夕食作り、娘→一人遊び、先に牛乳や果物を食べ始めてもらう
  夕食の下ごしらえ等は殆どしていないので、ここから作り始めます。
  1汁2菜たまーに3菜、プラス果物です。
  娘が退屈するので、先に牛乳と果物を与えています。
  娘はそれらを食べるほかは、パズルをやったり、録画しておいたEテレをみたりしています。
  Eテレはいないいないばぁ、英語であそぼ、おかあさんといっしょ、ピタゴラスイッチなどを見せています。

●19:15-19:50 娘と私で一緒に夕食を食べる。
  好きな食べ物は自分で勢いよく食べますが、少しお腹が満たされると「食べさせて」モードになるので、
  介助しています。  
  自宅ではおかず(特に野菜)をあまり食べない傾向があるのですが、
  ご飯、果物、牛乳は食べること、プラス保育園のご飯は完食できていることから、
  自宅でおかずをあまり食べない日があっても「まあいいか」としています。
  ちなみに皿洗いは夫担当なので、私は食器を下げるだけにしています。

●19:50-20:30 娘と遊ぶ+お風呂
  食事後すぐにお風呂に入りたがったりする日もあれば、
  逆に少し遊んでからお風呂に行くと言う日もあってまちまちですが、
  20:30までにはお風呂を上がっていることが殆どです。(20:30頃夫が帰宅します。)

●20:30-20:50 保湿クリーム塗り、着替え、歯磨き
  お風呂の後は「暑い」といってすぐに服を着たがらず、しかもオムツのない状態を楽しむようです・・・。
  乾燥肌なので保湿クリームを塗って、頃合いを見計らって「そろそろ着替えよう!」と切り出しています。
  拒否されることもありますが・・・。
  歯磨きはあまり好きではないのですが「おかあさんといっしょ」の歯磨きの曲を歌うと
  結構ノリノリになるので毎回歌っています。
  歯磨きはまだまだ本人には難しいようなので私が主体で。
  うがいが自分でできるようになったので、やってもらっています。

●20:50 寝室へ
  自分で「ねんねする」と言い出すので、一緒に寝室の布団に入ります。
  最近は私のiphoneで、自分の写真を眺めるのが好きなので、一緒に「○○行ったね」とか
  「○○したね」とか解説をしながら見ます。
  5分くらいみると飽きるので、「そろそろ寝ようか」と言ってiphoneを取り上げて、するとストンと眠ります。
  うちの子の場合、写真をみると安心できるようで入眠がスムースです。
  (ただもともと入眠がスムースで、あまり寝かしつけが必要でなかったタイプではあります。)

●21:00 私も入眠(一緒に寝落ちる) or 起き上がって活動する。
  寝落ちることと、起き上がることの割合は半々くらいでしょうか。
  起きて持ち帰った仕事をしたり、PCでブログを書いたり、ネットサーフィンしたり、
  洗濯ものを畳んだり、1人で夕食を食べている夫と話をしたりしますが、
  大体は23:30までには寝ます。

----

以上のような流れです。
自分の意志が強くなったため、親が勝手に段取りしてスピーディーにことを運ぶことができなくなってきました。
着替えや、食事、おむつ替えなど、こちらにされるがままになっていた時期が懐かしいです・・・。
まだ本格的なイヤイヤ期ではないとは思うのですが、いろんな場面で拒否されて、そのために時間が余計にかかっています。

夕食作りは30分程度です。下ごしらえを週末にまとめてやったり、朝にやっておけばもっと時間短縮できるのかもしれませんが、週末も、朝もそんな余裕がないのでしていません。
食材は専ら「らでぃっしゅぼーや」の宅配で調達しています。
メニューはその週に届いた野菜や、肉魚などで適当に決めています。
私は子どものころから料理を作るのが好きなので、夕食作りは苦にならないです。
ただ行動全般にやる気が出ない日はスーパーのお惣菜を取り入れたりもしています。

===

●食洗器で夫もらくらく

食器洗い担当の夫のために購入しました。うちは賃貸なので据え置きタイプです。
夫の手洗いのみだったときは汚れ残りがしばしばあって、イラっとする場面も多かったのですが、食洗器を使うようになってからはそんなこともないので嬉しいです。
夫も楽になったようですし、また器械好きなので使うのが楽しいみたいです。
最近は「いかに効率よく食器をたくさん入れるか」について考察を深めているようです。



===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-03-17 05:52 | ◇2歳0-5ヶ月 | Comments(2)

6回目の結婚記念日はお祝いなし?   

1か月も前のことですが・・・、建国記念日が6年目の結婚記念日でした。
入籍→1週間後に同居→半年以上後に結婚式だった我が家では、「結婚記念日」は結婚式を挙げた日ではなく、入籍した日にしています。

例年ならば六本木デートで、雪だった年も、臨月だった年も行っていたのですが、今年は私の親戚の元へ行く予定の日となってしまい、初めてそのお決まりデートをしない年となりました。

その時は何も思わなかったのですが、1か月も経った今となると、節目だし後日にでもちゃんと六本木デート(娘込みのお昼間デートですが)をしておいた方がよかったな・・・と反省しています。
夫も私もその日を忘れたわけではなかったのですが「今年は別の予定も入ったから何もしなくていいかな」という空気感だったのです。

結婚した時の初心を忘れないためにも、来年からは結婚記念日はちゃんとお祝いをしようと思います。
やっぱり慣れ合いはよくないですよね。

夫の方がこういう点についてはロマンチストです。
初めて出会った日のことなどもを覚えていて、夏のある日にふいに「今日が初めて会った日」などと急に言いだすので驚いてしまったことがあります。
「お、覚えてるよ~」と答えつつも、実は言われるまで全く覚えてなかったりする私です・・・。
ダメですね。もっと1日1日を大切に、夫のことも大切にしていきたいです。

===

●コスパ良好、お手軽マッサージ枕

最近仕事が多忙で肩コリや背中の張りがひどい夫のために購入してみました(と言いつつ慢性肩コリな私も使って共用してます)。
マッサージチェアは大きいし、重いし、高いので購入する気にはとてもなれなかったのですが、このマッサージピローは枕サイズで重くなく、持ち運び楽々でお値段も9000円といろいろな面でお手軽なので買ってみました。
使ってみたところ、なかなかの揉み心地です。揉み玉が回転しながら軌道を描いていってほぐす感じです。
購入して2週間ですが夫も私もかなり気に入っています。
揉み玉の強弱はできないので、凝りの状態に応じて間にタオルなどを挟んで刺激が弱くなるようにしたりしてます。
ソファに寝っころがってや、背もたれの高い椅子につけて使っています(椅子につけるための紐というかマジックテープが付着しています)。
整体30分で5000円くらい+往復の手間もかかりますし、本当に忙しい時はそんな整体に行くだけの時間が確保できないこともあると考えると、このマッサージチェア9000円はなかなかコスパがいいと思います。



ちなみに、同じシリーズで持ち運び可能なマッサージシートもあります。
たまたま近所の店頭でこれを見つけて、最初はこちらを買おうかなと検討していたのですが、夫婦とも使いたい場所が肩・首であり、腰や背中はさ程必要性を感じなかったこと、ピローに比べるとかさばること、お値段も高くなることを考えて、我が家では却下となりました。


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-03-15 00:57 | ◆家庭のこと、家計のこと | Comments(0)

試験成績は女性の方が優秀だけど・・・   

東洋経済Onlineに以下の様な記事がありました。
”面接官が「女子のほうが優秀」と感じるわけ”
(↓記事はこちらで読めます。)
http://toyokeizai.net/articles/-/61876

試験や面接をすると評価が良いのは女性、けれど企業が採用したいとは男性、という現状。
女性を採用したくない理由は、結婚・出産での離職が多く、また残ったとしても育児休暇などでのブランクがあるため戦力としてカウントしづらいから。
記事の終わりの方では
「ここ1年に限ると、どの企業も女性採用を強烈に推し進める動きが活発化しています。安倍政権の女性活用を推進する姿勢に、企業が重い腰を上げた結果だと言えるでしょう。」
と書いてありましたが、本当にそんなに良い方向に向かっているのでしょうか?

少し前ですが、私の勤務先で技師の正規職員の募集がありました。
2次面接のすえ、ペーパーテスト成績がとびぬけてよかったのは女子学生で、実務者(技師長)の面接での評価が高かったのもその女子学生で、技師長としては彼女が当然採用されるべき、彼女以外に適任者はいない、と考えたそうです。
しかしながら経営陣サイドは「これ以上は女性を採用できない。現に30代女性技師の育児休暇取得が相次いでおり、日常業務がひっ迫している」と述べ、結局は男子学生が採用された、という一件がありました。

国家資格を持っていれば男女差はないはず、と思っていても、実際の就職の場面ではやはり男女の差はあります。ただ国家資格がない業種よりは幾分マシなだけかもしれません。

我々医師の世界でも、やはり男性のほうが使い勝手がよい、と判断されることが多いです。医局からの派遣先病院でも「できれば男性医師を派遣してほしい」と言われます。実際私も、派遣される予定だった病院から、教授経由でそう言われて断られた経験があります。
ただ以前の世代、女医が少なかった時代に女医として生きる道を選んだ先輩には、男性以上に根性がある人が多いです。年齢でいうと今の50代より上の女医さん。加えて未婚であれば、まさに仕事に人生を捧げてきたような人が多いです。
しかし子供がいても、ビックリするようなパワーで産後すぐに仕事復帰した人もこの年代には多いです。
そのような男性と同等に、いやそれ以上に頑張ってきた先輩女医さんたちが切り開いてくれた道を我々はついて言っているのですから、先駆者たちに比べたら幾分楽になっているはずです。

ただ今の20-30代女医は正規職員として働かずに、非常勤(パートタイム)でしか働かない人が多いのが問題になっています。
各々の家庭の事情があるとは思うのですが、医師国家試験合格者に占める女性の割合が増してきている昨今で(現在の新規合格者では女性が32%を占めます!)、折角合格した女性が正規職員として仕事を担ってかねば、全体の仕事量がカバーできなくなります。もしくは正規で働いている医師への負担が増すようになります。
増えてきた女医のマンパワーをいかに上手く活用するのか、また子持ち女医が働きやすい職場環境をどう整えるのか(これは女性だけでなく、男性医師にとっても働きやすい環境を整えるということにもなります)が大切だと思います。

特にこれから大学進学を控えている学生さんや保護者の方には、国家資格を取得するという目先のことだけでなく、その先の働き方、就職先までも考慮に入れて欲しいです。
「食いっぱぐれがないから、医療系の国家資格を取得できる学校・学部へ」というよう高校や予備校などの進路指導はいかがかと思います。
特に「成績優秀な理系女子は医学部に進むべし」というような論調はちょっと違うと思います。医師になること、実際に人間相手に医療をすることへのモチベーションがなければ、医師になったあとの仕事は辛いだけだと思います。
学業成績がよかったばかりに、進められるがままに医学部に入り、医師になってみたものの・・・そもそもやる気などはなく折角の優秀さが活かせない、という残念な形になり、結局は休業している実例も結構ありますよ。

幾分前ですが、図書館でプレジデントFamilyからこんな増刊号が出ているのを発見し、早速ざっと読んでみたことを思い出しました。

やはり入試を突破するための対策などがメインで、その先の人生ビジョンにまではあまり言及できていないのが残念でしたが、それは受験業界からの広告収入が主であるこの手の雑誌に求めるのはできないのでしょうね。
女子学生だけに限らずですが、試験突破だけでは、その先、就職後に長く続く職業ライフを充実したものとして送れるわけではないのです。
自分自身でそこをきちんと考えられる子だったら良いのですが、そうでなかった場合、親の敷いたレールの上だけを頑張る子だった場合が空恐ろしいなと。小学生のうちから「医学部」と親が決めつけずに、もう少しゆるい目で見守りながら、子どもの自発性を信じることが必要では?と思いました。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-03-12 06:22 | ◆仕事のこと | Comments(4)

[幅狭足] 靴についての悩みは続く   

今までの流れは・・・
パンプスを履くと小指が痛くてどうしようもない!
→ 新宿のシューフィッター「神戸屋」さんで足の幅が狭く、開帳足で症状が出ていることが判明
   (しかも近年は欧米のような足幅が狭い(Width D以下)女性が急増中だそう)
→ 幅の狭いパンプスをセミオーダーで作ってくださる日本橋「&Steady」さん通いが始まる
というところです。
詳しくは以下の過去記事で。
*合う靴を求めて・・・
*快適パンプスへの道(1)
*快適パンプスへの道(2)
*快適パンプスへの道(3)
*快適パンプスへの道(4)
*オーダーしたショートブーツで快適に

・・・

前置きが長くなりましたが、
&Steadyさんでのオーダー靴も3足となりました。

左から順に
1足目:Width B(踵小)のパンプス
2足目:Width B(踵小)のショートブーツ
3足目:Width Aのパンプス
b0279099_1284932.jpg


2足目と3足目は1足目で足が整ったため簡単にフィットするだろうと思っていたのに、思いがけず履き慣らしでの苦戦がありました。
(自分に合うWidthで作っていただいた靴ですが単に出来上がった状態ではまだ未完成で、さらに自分自身にフィットするようにインソールを整えてもらうこと、ためし履きを繰り返して履き慣らすことが必要となるのです。)

実は1足目のWidth Bのパンプス+細幅足向きのPATRICKのスニーカーを履いて足が引き締まったので、続くWidth Bのショートブーツが緩く感じられるようになってしまったのです。
&Steadyの小野崎さんに見ていただくと「足幅がさらに狭くなっていそう・・・」とのことで再計測してもらうと、足幅がWidth A相当に変化していました。ビックリです。
そのためWidth Bのショートブーツはインソールで容積を狭くすることで対処、次にオーダーするパンプスはWidth Aにしていただきました。

それで2足目のWidth B(踵小)のショートブーツと3足目Width Aのパンプスを履き慣らししていたのですが、どちらもなかなかうまくいかない!
足の小指と薬指(医学的に言うなら第4趾、第5趾)が靴に当たってかなり痛い状態なのです。
加えてWidth Aのパンプスはトップラインが当たって親指の付け根、小指の付け根が痛い・・・。
そのため&Steadyの小野崎さんにインソールを再調整するために月1回程度の頻度で3回通いました。(なかなかシツコイ客ですいません、いつも小野崎さんには真剣に丁寧に対応していただきました。)

結果、Width Bのショートブーツはうまく履けるようになりました。
そしてWidth Aのパンプスは断念しました。私の足の指は平均よりも長めなので、どうしてもトップラインから数ミリはみ出してしまうのです。また今の横アーチの状態だとWidth Aはやはり少し窮屈です。
そのためWidth B+ストラップ付が一番快適でふさわしいと分かりました(あくまでも現状でのことであって、この先変化する可能性もあると思います)。
この3足目のパンプスについてはWidth B(踵小)と交換していただくことになりました。

交換する前、両方を並べてみた写真です。
左からwidth A, B のパンプスです。長さはどちらも23.0cmです。
こうして比べてみると、細さの違いが分かりますね。
(といっても見慣れない人にとってはほぼ同じに見えるかもしれませんが・・・。)
b0279099_22261676.jpg


また先日新たに4足目となるパンプスをオーダーしました。
Width B(踵小)+ストラップ付タイプです。
革とデザインを選んでオーダーするので出来上がりに30日程度かかりますので、まだ手元には届いないのですが楽しみに待つことにします。

パンプスについては上記のように自分にとってのベストが分かり良かったのですが、最近の問題は仕事中に履く靴。
病院内ではスニーカーOK(というかむしろスニーカーが推奨されています)なので、今までは幅が狭いとされているPATRICKのスニーカーを履いており無問題でした。
しかし最近は足の状態が変わったためか、このスニーカーを履くと右の小指が痛むようになってしまいました・・・。
その原因と対策について、自分で考えては見たけれどよく分かりません。開帳足は以前よりは治ってきているので小指は当たらなくなるはずなのに・・・?と。

そのため久しぶりに新宿「神戸屋」さんで足の状態をチェックしてもらうための予約を入れました。(予約がいっぱいのようですぐには取れないので、4月上旬となりました。)
前回から10ヶ月近く経っていますし、その間は細幅靴を履いてきていますので、自分の足の状態がより健康な状態(横アーチと縦アーチが保たれている、開帳足が以前よりは改善されている)になってきているのでは?と期待しています。
加えて他の幅狭靴メーカーさんのサンプル靴も各種置いてあるので(実際&Steadyさんの靴を初めて履いてのは神戸屋さんで、でした)、また色々と履き比べてみたいと思います。

1人であれこれ試行錯誤するよりも、専門家に見てもらって判断してもらう方が時間の短縮となり、また全く眼中になかったことを教えていただけるので、最近はためらわずに専門家に見てもらうようにしています。
靴も然り、ファッション・メイクも然り、です。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-03-11 06:08 | ◆幅狭足の靴探し | Comments(0)