「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

昔の彼からのメール   

久しぶりに独身の時付き合っていた彼からメールがありました。
もはやメールが着てもドキっともしないのですが・・・

離婚し、職場を移った、との連絡でした。

やっぱり・・・
やっぱりこの人は誰かと長く結婚生活を送れるようなタイプの人ではなかったのだな、と。

私自身がこの人と別れるという決断を下して正解だったと思いました。
結婚の話も出ていたのですが、「結婚したら家庭に入って」と言われて悩んだことを思い出しました。
そういった仕事観も食い違っていたし、金銭感覚も違っていたし、・・・と色々なところが少しずつ微妙に食い違っていて、しかも歩み寄ろうという姿勢が欠けるようなタイプの人だったので。
付き合っていた当時もそうでしたが、結婚生活の中でもきっと相手に譲歩することができなかったのではないかと思います。

このままでは彼はこの先誰かと付き合っても同じような別れの繰り返しになると思います。
残念ながら彼自身が変わるしかないと思います。
果てした彼は相手に歩み寄れるようになれるのか・・・。

返信を出すとまたやり取りが続きそうなのが面倒、そこまでの情はかけれないな・・・と思ったので、返事は出さないことにしました。
別れた男に対して女は冷淡であるというのは本当だと思いました。

===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2014-11-27 19:18 | 暮らしのシンプル化 | Comments(2)

転園希望を出すべき?   

私の住んでいる自治体の来年度4月の認可保育園の入園(転園)申し込みの締め切りは12月中旬。
今回転園希望を出すべきかどうか悩んでいます。

転園したい理由は、第一に自宅からやや遠いこと。
第二にその保育園に通う殆どの園児とは、我が家の小学校の校区が違うので、同じ小学校には入るようなお友達(ママ友も)はできそうもないこと。(我が家は今のところ小学校お受験はさせない方針です。)

一点目についてはたった1.5キロ弱なのでそこまで苦痛でもないし、あまり贅沢を言ったらバチが当たりそうなのですが・・・
ただ自宅周辺(300m以内)は公立認可保育園が2つ、私立認可保育園も2つあるので、そのどこかに通えたらもっと送迎が楽になるのに・・・と、近所に通っている保育園児を見るたびに羨ましくなってしまうのです。
(勿論昨年度もそれらの園に希望を出しましたが、我が家は入れませんでした。)

二点目は「そんなこと気にしなくても大丈夫」という先輩ママもいますし、逆に「気にすべき」という人もいるので絶対的な結論がある話ではないとは思うのですが、同じ保育園から小学校へと続くネットワークを子供も親も持っていた方が小一の壁を乗り越える意味でも得策かなと。

転園希望を出すとしたら我が家から300m以内の距離の公立認可園2つについて出すつもりですが、人気が高いので来年度も入れないということ十分考えられます。でもダメ元でもいいから出すだけ出そうかな・・・。
(うちの自治体では認可保育園への新規入園と転園は同じ加点方式で審査してもらえるので、新規よりも転園の方が難しいわけではないです。これは自治体によって異なって、転園は待機児が全て解消しなければ受け付けられないというような非現実的な決まりがある自治体もあるそうなので、各々の自治体で確認した方が良いです。さらにうちの自治体では、認可保育園同士の転園は一度決定したら、いかなる理由があったも元の園には絶対に戻れないという決まりです。)

ただ、今の認可保育園に愛着が出てきたのも事実で・・・いざ転園が決まったとしても寂しい気持ちが出てしまうと思います。
娘が慣れてくれて安心して預けれていますし、先生も設備も満足しています。
今の認可園に不満があるわけではないのです。だからなおさら転園希望を出すべきか悩みます。
さらに私自身も同じクラスのお母さんとも少しずつ仲良くなってきました。社交的にママ友をどんどん作るタイプではない私なので、折角築いた関係がなくなってしまうのは不安でもあります。

今の保育園は娘にとって3つ目の保育園です。もしさらに転園すると4つ目の保育園となります。
保育園3つ行ってみて思うのは「転園は親もしんどい」ということ。
園ごとに違う持参品を新規で用意して、仕事をセーブしながら慣らし保育にも付き合い、新しい先生や保護者にも慣れて、明文化されていない独自ルールを守り・・・ということをするのは結構気疲れします。
もちろんあたらしい環境で長時間過ごす子供自身の負担は、親のそれよりもずっと大きいはずです。

夫に相談したら「あえて転園しなくてもいいと思うけど、好きにしていいよ」と言われたので尚更悩みます。


===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2014-11-20 21:24 | 1歳5-8ヶ月 | Comments(4)

お掃除の外注   

大先輩のママ女医さんは、「お掃除はルンバと、ダ○キンお掃除サービスよ!ダ○キンは若いお兄さんがお掃除してくれちゃうんだから!」
とおっしゃっていましたが、うちは定期的にダ○スキンを頼むほど裕福ではありません。
普段は夫という名前のルンバ君が活躍してくれており、それと年に1回の大掃除を外注しています。

お掃除外注に関しては、夫が主導権を握ってやってくれているので報告を聞くのみなのですが、いろいろ見積もりをお願いしたところダ○スキンはあまりにも高額だったので却下。別の中規模の業者に毎回お願いしているそうで、ダ○キンの1/2~2/3くらいの額で済んでいるそうです。
先日も大掃除の外注作業が完了して、家の中が気持ちの良い状態になりました。

夫曰く「業者さんにも、こんなにきれいな状態でわざわざお掃除依頼してくる家庭も珍しいって褒められたんだから!いつも僕がちゃんと掃除しているおかげだからね!」と言われました。
確かにその通りなので「いつも助かっています。」と大袈裟に伝えました。
(本当にありがたいと思っています。私が夫と結婚した理由の中でも「掃除・整理整頓が得意」という点は大きなウエイトを占めます。)

家中全てをやってもらうとかなり高額になってしまうので、毎年試行錯誤をしながら、自分たちではうまくできないポイントのみをお願いする形にしています。
お願いしている箇所は、台所、窓ガラス、ベランダです。
やはり台所回り、とくにガスレンジまわりは、専門家に時間をかけてやってもらうと全然違います。油汚れがすっかりきれいになっており、きれいだと料理する際のテンションも違ってきます。
それと窓ガラス、これは我が家の造り上とても丈の高いガラスが入っているので、背の高い男性でも拭くのが大変ななので、業者さんにお願いしています。
ベランダについては、私はあまりこだわりはないのですが、夫が毎回業者さんのベランダ掃除を「さすがだ」といって気に入っているのでお願いしています。

お風呂、洗面所、トイレもお願いした年もありましたが、夫がまめに掃除しているので汚れが溜まっていないので、業者さんにお願いしてもあまり変化を感じられない・・・ということで最近は外注箇所からは外しています。

さらに2週間後には夫婦でやる大掃除も予定していますので、今回外注しなかった箇所もしっかり掃除したいと思います。
それと、ものの数を減らすことが何よりも大事だと思いますので、その際はガシガシ不要なものを捨てていきたいと思います。

==

大掃除の時期に除湿剤、防虫剤を買って一新しています。






===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2014-11-19 06:34 | 暮らしのシンプル化 | Comments(0)

再び・・・2人目どうする問題   

保育園で同じクラス(1歳児クラス)のお母さん達に送迎の際にすれ違うと、最近出産された方や妊娠中の方がちらほらといらっしゃいます。
そんな方を見ると、いいな・・・、うらやましい・・・という気持ちになります。
私ももう1人子どもを産みたいです。

そんな私の気持ちを察してか(?)、娘はいま「赤ちゃん」に興味深々です。
街中でまだ腰も座っていないような赤ちゃんを見つけると「赤ちゃん!赤ちゃん!!」と盛んに言って近寄っていきます。
アンパンマンでも赤ちゃんマンが大のお気に入りで、アンパンマンを見ると「赤ちゃんどこ?」「赤ちゃんいないね?」などと言っています。

さらに職場の上司(男性)からも「少なくとももう1人くらいは産んどきなさい」と何度も言われています。
これは大変有難いことです。この上司の、今の体制のうちにタイミングを逃さないことが大事な気がします。

なのに・・・、夫はというと・・・、「育児が体力的にしんどい」と宣っており、二人目に消極的です。
とくに最近娘@1歳8か月の自我が目覚めたことによって日々パワーアップ。彼女に振り回されることが多くなっているので、なおさら疲れている様子。

育児にかかる時間は私より短く、さらに自由時間も結構与えてあげているのに(ちょっと言い方が上から目線)、「しんどい」なんてよく言えるよなぁ、と思ってしまいます。

保育園の入園の都合上、8月中に産まれてくれれば0歳4月入園できる選択肢が広がってとても助かるから、妊娠のリミット的にはそろそろなんだけどな・・・と焦ってみたり。

何でも自分の思うようにならないことが多いのは分かっているつもりですが、でも確実に自分自身(の卵巣)が老化していっているので、妊娠できるなら少しでも早い方がいいなと思っています。
ただ不妊治療までするか、というと私の場合はそこまではしないつもりです。第一、通院時間を捻出するのが大変で、実際問題いまの勤務体制では難しいです。それに結婚当初から夫が不妊治療に反対なので・・・。
だからタイミング法でいくしかないんです。

色々と悩み始めるときりがないですが、でももう一度新生児のわが子を抱いてみたいです。

===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2014-11-10 06:16 | 家庭のこと | Comments(2)

イヤイヤのお年頃@1歳8カ月   

娘が「イヤ」という言葉を覚えたのは1歳3カ月ころでした。
「着替えよう」「ごはん食べよう」と声をかけたら、時折「イヤ」ということが出始めて・・・。

折角いろんなことが一人でもでき始めて、とっても扱いやすくなった矢先にもう「イヤ」っていうの?!
とかなり衝撃的でした。

でもちょっと「イヤ」って言うだけで、世間でいう「イヤイヤ期」とは違うよね、きっと違うはず、という楽観的な気持ち(もしくはそういうわずかな希望)を持っていたのですが。日を追うごとに「イヤ」が増えていき、理不尽に拒否されることも多くなり・・・。
さらに自分の思うとおりでないと娘が怒ってきたり・・・。

まさかと思うけど、と思いながら1歳5カ月ごろに保育園の連絡帳に書いてみたら、保育士さんにあっさりと「イヤイヤ期ですね。保育園でもそんな感じで『イヤ』と拒否する場面がありますよ。」と書かれてしまいました。
ショック。イヤイヤ期なんて2歳に入ってからだと思っていたのに・・・。

そして現在1歳8カ月では、もう面白いくらいに全て「イヤ」で返事してきます。
「ご飯食べる?」と聞いても「イヤ」
「オムツ替えようか?」といっても「イヤ」

そんな折、いつも的確な本を譲ってくれる義姉からこんな本をもらいました。
(2005年出版の本なのですが、この記事を書くにあたってチェックしたところ、楽天でもアマゾンでも新品の販売はなく中古しか扱われていないようです。廃版もしくはリ新版に向けて準備中なのでしょうか?なので中古の販売のリンクを貼っておきます。)




この本によると2歳児の「イヤ」という発言に隠される気持ちとしては、提案されたこと自体が本当にイヤである、というよりも、むしろ「提案されたことに従いたくない」とか「相手の思う通りにはなりたくない」という意味での「イヤ」であることが殆どだそうです。
いつまでも赤ちゃんじゃないのよ!あなたの思う通りにはいかないよ!という意思の表れなんですね。
かなり府に落ちる説明でした。

本の後半には保護者からの具体的にこういう困った場面でどう接するのが良いのでしょうか?という質問に対して、かなり詳しいアドバイスが載っていてとても実用的です。
(たとえば、特定のチョコお菓子がないと癇癪を起してしまう子に対して、お菓子からの脱却を図るための具体的な対処法など。)
個人的にはきれいごとや理想論だけではなく、一歩踏み込んだところまで書いてある、かなり使える本だと思い好印象です。

同じくシリーズで「チョコマカ1才児」「ジコチュー3才児」という本もあるようなので、そちらも読んでみたいと思います。(ただしこれらも新品の扱いがないようです・・・残念。)

今回もでしたが、育児の先輩である義姉チョイスの本は有用なものばかりで、しかもちょうどよいタイミングで渡してくれるのでとても助かっています。


===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2014-11-04 22:18 | 1歳5-8ヶ月 | Comments(0)