<   2014年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧   

リュックにもなる通勤バッグ   

通勤バッグに求める条件って、個人の趣味、仕事の内容、通勤スタイルによってまちまちだと思いますが、私はかねてから以下を条件としてきました。
・A4サイズが入る。
・本革
・軽い(700g未満)
・斜めかけショルダーにもなるし、ハンドバッグのように持つための持ち手が付いている、という2way仕様。
・ブランドロゴがバーンとついてるものはイヤ、恥ずかしい。

それに加えて最近は
「リュックにもなる」
ということを条件にくわえようかな、と考えていました。

というのも保育園の送迎の際に、子供がいろいろ要求するようになったので、
抱っこ、ベビーカー乗せる、降ろす、手をつないで歩く、ということを次々に主張するようになってしまい、それに対応する必要が出てきました。

大人しいお子さんなら「ベビーカーに乗って!」と強制的に乗せることもできるのかもしれませんが、
うちの子は自己主張が激しいので、公道でで延々と「歩く!」とか「座る!」「だっこ!」と主張されると私の方が折れざるを得ないんです・・・。
通園時間も、親子で過ごす貴重な時間なので、できれば子供と触れ合いながら、子供の要求をかなえつつ、私としても怒ったりせずに過ごしたいですし。

これらの動きを通勤の行き帰りにスムーズにするためには、通勤バッグがリュックだと両手が空いて便利そうだと気付きました。
でもリュックってカジュアルすぎるな、とためらいもかなり大きく。

同じ保育園のママを見ていると、通勤服スタイルがわりと自由な方のなかにはリュックを通勤用に使っている方もちらほら御見受けします。
でも私の職場にリュックで行くわけにもいかないし・・・、私の服装からも浮くしな・・・と。

いろいろ探していましたが、もういっそ男性で時々みかける吉田カバンのこれでいいのでは?と思ってみたり。

でもあまりにも無骨で、やっぱり私の普段の服からは浮くな。もう少しフェミニンな要素が欲しい、と思ってみたり。

さらに色々検索してこちらに辿りつきました。
ハンドバッグ、ショルダーバッグ、リュックにもなる3WAYの本革カバン。
重さは640gで合格!


レビューを読むとA4も窮屈ながら縦にすれば入る、とのこと。
さらにショルダーからリュックにするときは、紐を付け替えなくともそのままで形が変わる、とのこと。
見た目もシンプルだし、色も選べる。
若干年配向け?のような気がしましたが、勇気を出して購入してみました。

早速日々の通勤に使っていますが便利です。
子供と一緒の時だけリュックにして、子供を送った後はサッとショルダーバッグになります。その切り替えはが紐の付け替えをしなくてできるので簡単・スピーディーです。
さすがに子供と一緒ではないところでリュックのまま過ごすのには抵抗があるので(見た目的に)、すぐにショルダーバッグの形状になるのは有難いです。

A4サイズは確かに縦にすれば、ちょっと端が曲がりますが入ります。A4書類を沢山持ち歩くわけではないし、クリアファイルに入れれば曲がりも防げます。この点も合格です。

あとは軽い点(640g)は非常に有難いです。
表面の内側と外側の両方に小物入れがある点も便利です。

そして気になる見た目ですが、安っぽすぎずシンプルですし値段相応かな、と。
とりあえず、リュックにすぐできる、軽い、本革、A4バッグ、という点を全て満たしてくれているので、しばらくはこのバッグをつかって行きたいと思います。

見た目や質感が本当に好きなのは、やはりTODSやFeragamoのバッグなのですが、これらはしばらく通勤では封印です。
子供が自力で歩いて登園できるまでの間は、実用性重視のバッグで過ごそうと思います。

===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2014-10-31 23:22 | ◆ファッションの効率化 | Comments(0)

パーソナルカラー診断で効率化   

パーソナルカラー診断ってご存知のかたも多いと思います。
その人に合う色調を診断することで、いろいろと流派もあるようですが、スプリング、サマー、オータム、ウインターの4つのタイプに分けるのが一番の大筋のようです。
この自分に合うとされるタイプ・色調を知っていれば、日々のファッション・メイクに活かせる、ということになります。

私は4年前に1度パーソナルカラー診断をプロに受けたことがあります。
新宿のマンションの1室にあるサロンでした。
(現在もそのお店はあるようで、HPを拝見すると当時よりも規模を拡大して行っているようなので順調に経営されているようです。)

個人的にピンク、ブラウン、グレーが好きで、とくにピンクについては周りからの「似合う」と言われることが多いです。
逆に黒は敬遠気味で、服としてあまり選びませんし、靴やバッグでも選ばない色です。喪服のために一揃い持っているという程度です。

パーソナルカラー診断ではカラーアナリストさんにいろんな色の布を当てて診てもらいました。
「オータム」と「ウインター」はすぐに却下されていき、「スプリング」と「サマー」の色が最後まで残って、アナリストさんも少し迷われたようですが最終的に「スプリング」の診断になりました。

自分としてはやっぱり、と納得のいく結果でした。
「スプリング」も「サマー」も私が好きで、普段選びがちな色で、逆に「オータム」と「ウインター」は普段選ばない色ばかりでしたので。
幸いにも私の場合、好きな色と似合う色がほぼ一致していたので、それまで大きく外れた色選びはしてこなかったようです。
この診断のおかげで、自分が好きだと思っていた色が似合う色なんだ!着ても大丈夫なんだ!と背中を押してもらえたような気分になりました。

その診断の最後に「スプリング」のカラー見本を頂いたので、いまでもそれを持って、復習のために眺めています。
アナリストさん曰く「これを持ってお買いものに行く方もいます」とおっしゃっていました。確かにこの中から選べば大きな間違いはないです。
このパーソナルカラーを知ったおかげで、洋服のお買いものにかかる時間がかなり短く、効率的になったと思います。

ただ最近の私は、似合うとされるサーモンピンク、アプリコットオレンジに傾きすぎかな・・・と。
なんだか寒色系の服が買えなくなっているんですよね。なのでマンネリ化しているような。
もちろん「スプリング」の人に似あう寒色系もありますし、色見本にも含まれているのですが、なんとなく敬遠しがちです。
さらに「パーソナルカラー」に加えて「骨格診断」(骨格=体形によって、同じ色でも、素材やデザインで合う・合わないがあるので、自分の骨格にあるデザイン・テイストを診断してもらうというもの)というのもよく行われているようです。
私が寒色系の服に手が出せなくなってきているのも、ワンパターンな服装になってきているのも、骨格(体形)のせいかも・・・なんていう考えも出てきたり。
ネットで調べるとどんどん興味がわいてきたので、骨格診断を含めたファッションアドバイスを受けてみることにしました。

いろんな業者がある中で、HPやブログを読んで私の嗅覚が「ここだ」と感知したところはやはり予約が混んでいるようで・・・。また自分自身のスケジュールと合わせると年明けなりそうです。
しばらくは待ちです。その間は服もあまり買わないようにしたいと思います。
また行って見て良かったら記事にしたいと思います。

===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2014-10-30 20:16 | ◆ファッションの効率化 | Comments(0)

[幅狭足] 快適パンプスへの道(4)   

ここまでの流れ。
&Steady」さんでオーダーパンプスを作って、インソールを調整してもらって引き渡し
→ 1か月間 履き慣らし (週に1~2回程度)
→ 1度目のインソール再調整

インソール再調整後も週に1~2回のペースで履いて行きます。

両足とも踵がパンプスにあたって水疱ができ痛い!という状態が続いていたのですが、
再調整のおかげで全く当たらなくなり、水疱や痛みが出るもなくなりました。

また右足底横アーチの部分が地面を踏むたびに過度に衝撃が加わるような感覚もなくなりました。

ストラップをしっかりと締める方がよい(踵が動かないように)、と&Steadyさんで教えていただいたので、その通りにすると、踵がうまく安定するようになりました。

そんなわけでインソールの再調整後、すっかり痛みもなく快適にこのパンプスを履けるようになりました!
快適過ぎてビックリなくらい。
きつくもなく、また大きすぎず、無駄なゆとりもなく、フィットしています。
「足が優しく包まれている」という感覚です。
b0279099_2315180.jpg


パンプス受け取りから1か月半程度でこの快適の境地に至りました。
履き慣らしや再調整にもっと長く時間がかかることを覚悟していたので、思いのほか短い期間でこの段階まで来ることができてよかったです。
これもひとえに私の足をしっかりと診てくださり、また症状によく耳を傾けて対処法を考えてくださった「&Steady」さんのお陰です。
販売した靴に対して責任を持って対応する姿勢に深く感謝します。
(代表の方は私と同世代の女性の方なのですが、このプロフェッショナルなかっこよさに惚れ惚れしています。と同時に、私自身が自分の仕事に対してここまでのクオリティでできているか、と内省させられました。)

しかしながら初めてこのWidthBのパンプスに足を入れた時の「キツイ!!」という衝撃はかなりのものでした。(神戸屋さんに置いてあったサンプル靴で履いたのが最初です。)
しかし専門家である「神戸屋」さん、「&Steady」さんの両者で、
「長年の幅の広い靴に合わせて足が広がってしまっただけで、あなた本来の足の幅はWidthBです。踵もとても小さいんです」
と説明を受け、
「最初は辛いかもしれないけれど、合うWidthの靴を履いて足指を使って正しい筋肉を使って歩けば、1か月程度でどんどんWidthは締まって本来の幅に戻っていくはずです」
と論理的に教えていただいたので、騙された気持ちでWidthBのパンプスおよびパトリックのスニーカーで足を鍛え直しました。
本当に騙された気持ちで・・・。

でも専門家がおっしゃる通り、1か月強で私の足は変わりました。
足指を(前よりは)使えるようになりましたし、WidthBが苦もなくスルッと履けるようになりました。
さらにはWidthBでも踵にゆとりを感じるくらいです。

足ってここまで変わるのだと身をもって知らされました。

そして「&Steady」さんという信頼をおける靴屋さんに出会えたことも非常に大きな収穫でした。
「&Steady」さんがある限り、私はこの先パンプスで困ることはまずないだろうと思っています。
靴選びに関するストレスや手間(気に入って買っては見たものの痛くて履けない・・・を繰り返す)から解放されました。


**NOTE**
&Steady、東京の人形町のお店です。詳しくはお店のHP(こちら)。
私が初回お願いしたのは「ファーストプラン 37,000円」です。
フットカウセリング、オーダーパンプス、パーソナルインソール(3か月間調整無料)が含まれます。
木型から作るのではなく既存の木型のなかから合うものを選び、さらにパンプスのデザインは幾つか決まったものの中から選んだ上で、多数の選択枝がある革・スエードなどから素材・色を選ぶという形式なので、フルオーダーではなくイージーオーダーの部類に入ると思います。
ただインソールに関しては完全に個々の足(左右別)に合わせて作成していただけるので、この部分はフルオーダーです。

===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2014-10-29 10:08 | ◆幅狭足の靴探し | Comments(0)

インフルエンザ予防接種シーズン到来   

10月1日から今期のインフルエンザ予防接種が始まり、今の勤務先でも接種がスタートしました。

この病院では、なんと全科のドクターが平等にインフルエンザ予防接種業務を分担する、ということになっていて、早速私の担当日がありました。
今まで勤務したことのある病院は、内科や感染症科のワクチン外来がそういった業務をやっていたので私自身はインフルエンザ予防接種に全く関与したことがありませんでした。

なので今回予防接種を担当するにあたって院内勉強会に出て、また厚生労働省のインフルエンザ情報・指針(こちら)を読みました。
今回勉強したなかで、印象に残ったことを幾つか描きます。

*そもそもインフルエンザワクチンを推奨すること自体に賛否があります。
一般的に手に入る書籍で、反対意見としては、元・国立保健医療科学院疫学部感染症室長の母里啓子先生の著書「インフルエンザワクチンはいらない」が有名です。
インフルエンザワクチンはいらない

インフルエンザワクチンはいらない
著者:母里啓子
価格:864円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ただ根拠とされているのは1987年の通称「前橋レポート」であり、現在の様な迅速検出キットでの判定ではないため現代ではその結果をそのまま信頼することが難しくなっています。

また逆に賛成意見としては神戸大学大学院の微生物感染症学講座感染治療学分野教授である岩田健太郎先生の『予防接種は「効く」のか? ワクチン嫌いを考える』が挙げられると思います。
予防接種は「効く」のか?

予防接種は「効く」のか?
著者:岩田健太郎
価格:799円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



賛成・反対の両方の意見があって然るべきですし、最終的に受ける受けないは本人(子供の場合は保護者)の意思に依ります。片方の立場の意見を盲信するのではなく、逆の立場の書籍なり科学的根拠を知った上で、ご自身の納得のいく選択をしていただくのが良いと思います。

*水銀製剤(チロメサール)入りインフルエンザワクチンを妊婦に接種したことにより自閉症児となった、という風評があったようですが、最終的に医学的には関連性は見出せなかったという結論が出ていますので、気にしすぎる必要はないです。

というわけで、私自身の当番は無事に済ませることができました。
あとは忘れずに、自分自身と子供の接種を行いたいと思います。


===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2014-10-21 22:18 | ◇1歳5-8ヶ月 | Comments(0)

マジカルエアーのその後   

1歳5カ月のとき、片手で折りたたみ可能な軽量ベビーカー(アップリカの「マジカルエアー」)を購入した、という記事を書きました。
*1歳5か月、ベビーカーを新調しました

こちらが購入した「マジカルエアー2014モデル」
「まじ軽」と"magical"をかけているネーミング・・・。びみょーなんて言いません。覚えやすいです。
その名の通り、2.8kgしかありません。




購入から3カ月経過しました。
日々ヘビーユースしております。
本当に買って良かったです。

保育園の送迎に主として使っているのですが、本人が「歩く」「座る」などコロコロ気持ちが変わって要求してくるので、ベビーカーを広げる・畳むの動作が、本当に片手でできるのは非常に助かっています。
娘と片手で手をつなぎながら、もう一方の手でベビーカーをキャリーバッグのようにコロコロ引くことができます。
さらに保育園のエントランスは、園児数の割には広くはないため日中に広げたままベビーカーを置くことは禁止されており、また自宅の玄関も狭いためできるだけ畳んでおいた方が良いので、娘が降りたらすぐに畳んで立てておく必要があります。
畳んだらそのまま車体が自立してくれるので、本体が地面に汚れることもなく便利です。
(↓イメージ図、画像はアップリカ製品マジカルエアーの公式ページからお借りしています。)
b0279099_4492333.jpg



そもそもは、ずっと抱っこひもで送迎していたのですが、娘の体重増加に伴って(10キロ超えたあたりから)肩~背中・腰への痛みが強くなってしまいました。
とくに仕事で肩~腕・手先を使った細かい作業をして酷使している中、さらに娘の体重という負荷をかけられるのは非常に辛かったです。
そういうわけで抱っこひもの代わりにベビーカーを選択したのですが、おかげで体が非常に楽になり、カイロプラクティックや整体に通う頻度も低くなりました。前は1週間に1回は行かないと持ちませんでしたから・・・。

それと思いがけず良かったのは、休日に電車やバスを使ったお出かけの時。
私も夫も公共の乗り物でベビーカーを広げ続けるのは、よっぽど空いているとき以外は避けたい、と思っています。
ベビーカーは世間の一部の方たちから「邪魔」という攻撃対象にされるので、ベビーカーでの走行では周りを邪魔していないか気を使っています。
特に都心は色んな考えの人たちがいますから、むやみにクレームを受けないように気を付けています。

この購入したベビーカーのおかげで乗り物に乗る前にサッと畳んで、畳んだ状態のまま子供の手を引いて乗り込むことができるのは好都合です。
今まで「ベビーカーが場所をとって周りに迷惑をかけるかも・・・」と思って利用を避けていたバスにも、ベビーカーをスッと畳んで場所をとらない状態にできるのでと子連れで気軽に乗れるようになりました。

2.8kgという軽量ボディであるがゆえに、車輪も軸も華奢であることが否めませんが、頻繁に開閉しなければならない、とか、閉めたままキャリーバッグのようにして引っ張る必要がある、という私の要求・理想を全てかなえてくれた1台です。
街ゆくスタイリッシュな外国製ベビーカーも素敵ですが、やはり国産ベビーカーは日本の都市部特有の事情~狭いがゆえに広げたままにはできない~に合った商品作りができていると思います。

それとベビーカー本体のみならず、レインカバーにも感動しました。
別売りの専用のレインカバーが感動するほどぴったりで(専用なので当たり前?)、濡れずにスイスイ行けます。
以前使っていた欧州製のベビーカーは専用レインカバーなのに??な密着感だったので、なおさら今回のマジカルエアーのレインカバーの設計の良さが嬉しいです。

===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2014-10-20 16:04 | ◇1歳5-8ヶ月 | Comments(0)

[幅狭足] 快適パンプスへの道(3)   

<関連記事>
*合う靴を求めて・・・
*快適パンプスへの道(1)
*快適パンプスへの道(2)


やっとの思いで迎えた「&Steady」パンプスの再調整の日。
パンプスを受け取ってから1カ月程度経過していました。
その間オーダーパンプスの履きならしを諦めずに続けてきました。

当初感じた「きつさ」というのはだいぶん感じずに済むようになっていました。
当初のきついという感覚を100とし、全くきつくないという感覚を0という指標とすると、この時点では体感的なきつさ指数は20くらいでした。それくらいきつさは感じなくなっていました。(荷重時にわたしの足が広がりにくくなったという要因が大きく、靴の革が伸びたという要因はほとんど僅かだと思います。)

この時点では、両方の踵の靴ずれ・水疱が一番の問題で、右足横アーチを支えるインソールの下からの圧迫感が二番目の問題というように感じていました。

「&Steady」さんに診ていただくと、踵の靴ずれがずっとできて治らないことについては、なんと私の踵のカーブ(出っ張り)が普通の人よりも低い位置にあって、そのせいで靴ずれができ続けてしまう、とのことでした。
パパッと計測されて「前回は測定しなかったけれど、今測って見るとかなり低いです。これだと殆どの靴で、踵に靴ずれができていたでしょう。」と言われました。確かにその通りです。今までの殆どのパンプスで踵に靴ずれ・水疱を生じていました。
「&Steady」さんがおっしゃるには、パンプスの踵の部分のふちが、私の踵に突き刺さるような形になってしまっていたのです。
これついては踵に少しだけインソールで厚みを出すことで、出っ張りの位置がぶつからないようにする、という対処をして頂きました。

また右足横アーチ部の圧迫感については、その部分のインソールを少し薄くすることで対処して頂きました。
前回と同じよように、インソールを少し調整する度に、その状態で室内を歩いて、歩き方や痛みについて何度もチェックし、そのインソールで良いのかを綿密に確かめるような手法でした。

あとはストラップをどの程度きつく締めるべきかが分からなかったので、それについても質問して教えていただきました。

そういうわけでインソールの再調整(1回目)は賞味30分くらいでしたが、内容の濃いものでした。
オーダーパンプス+パーソナルインソールについては3カ月以内であれば再調整が無料で行っていただけるという「靴を売りっぱなししない」という姿勢を高く評価したいです。
いままで普通の靴屋さんで散々パンプスが合わなかった私の様な人間にとっては、とても有難いシステムで安心感を覚えます。

そして、1回目の再調整後のことはその4に続きます。


===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2014-10-18 00:20 | ◆幅狭足の靴探し | Comments(0)

[幅狭足] 快適パンプスへの道(2)   

<関連記事>
*合う靴を求めて・・・
*快適パンプスへの道(1)

「&Steady」さんでオーダーパンプスとインソールを整えてもらい、パンプスを引き渡してもらった、というのが前回までのお話。

ここから履き慣らし期間に突入します。
振り返ってみると、結構大変でした・・・。
靴のためにも、1回履いたら2,3日は間を開けて、いきなり長時間履くのではなく様子を見ながら短時間からスタートさせていく、ということをやって行きました。

病院ではスニーカーを履いて仕事をしているので、パンプスを履くのは通勤の時のみになります。保育園に寄る時間を加味しても、1日1時間半程度です。
その通勤時間にオーダーしたWidth Bパンプスを履いてみたのですが・・・

「きつい!これ本当に私の靴??何かの間違えなのでは?!」というくらいの圧迫感。
歩いているときはまだ良いのですが、立ち止まっているときの締め付け感がすさまじいです。
それもそのはずで、私の足は長年の幅の広い靴に慣れてしまっていて、体重をかけたときに一気にWidth Eまで無駄に広がって、本来の足の横アーチがつぶれてしまっているのですから。

こんなに圧迫されるパンプスだなんて・・・。
これを履きならせば、私の足が変わってくる(体重をかけても本来のWidth Bに近い幅までしか広がらず、横アーチも回復できる)なんてちょっと無理ではないか?と弱気な気持ちに。
でも神戸屋さんで「正しい幅の靴を1カ月程度履き続ければ、確実に足は本来の形に戻って行きます。変化できるものなのです。」と聞いていたのでこれはもう騙された気持ちになって1ヶ月は続けてみるしかないな、と腹をくくりました。

オーダーパンプスを履かない日および仕事中は、神戸屋さんおよび&Steadyさんの両方で薦められた幅狭スニーカーのパトリックを履いて矯正するのを忘れません。

スニーカーは紐によって甲までしっかりホールドし、過度に足が横広がりするのを防いでくれるので、足幅の合ったスニーカーというのは足のアーチが保てる非常に理想的な履物なのだそうです。
(ただし一般的なスニーカーはやはり幅が広いものが多いので注意が必要です。)

私の場合パトリックのサイズ36が相応しく、毎回紐を寄せてしっかり締めるようにと&Steadyさんで言われて、そのようにしています。
当初はパトリックスニーカーも圧迫感が強くて、日中に何度か「脱ぎたい!」という衝動に駆られることがありましたが、それも3,4日で治まりました。少しずつ慣れてきたみたいです。

そして&Steadyのオーダーパンプスを中2日または3日で履いてみたわけですが・・・
やはりこれは辛い・・・。
何が辛いかというと、踵の靴ずれが全く治まらず痛いのです。過度な接触により水疱になってしまっていて、それが潰れてしまう、という状態。踵の皮膚に保護シートを張らないと痛くて履けない状態でした。
さらに右足底のインソールの盛り上がりも圧迫され過ぎて響く感じがして違和感が続いていました。

なので「&Steady」さんに、再調整の希望をメールでお伝えし、引き渡しから約1ヶ月後に調整をしていただくことになりました。
その間は痛いながらも真面目にオーダーパンプスの履きならし(1回1時間半~6時間、中2,3日開けて)を続けて、それ以外の日や時間帯はパトリックスニーカーでの矯正を続けました。

(長いのでその3に続く)

===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2014-10-17 23:44 | ◆幅狭足の靴探し | Comments(0)

[幅狭足] 快適パンプスへの道(1)   

以前「合う靴を求めて・・・」というエントリでも書きましたが、私の足のサイズは23cm長、width Bで、幅の細い足です。
一般的に日本の靴売り場に並ぶ靴はwidth E相当だそうです。デパートなどの一般的な靴屋さんでは23cmとかの足長は選べてもwidth(足周囲)は選べないしそもそも表記がしてないことが多いので、widthを気にして買ったことがない、という人が大多数だと思います(私もそうでした)。

今まででデパートや某有名靴ショップで店員さんに相談したり、測定してもらったりした上でパンプスを買っても、痛みなく快適に履けるパンプスは購入したもの全体の1割くらいでした・・・。
非常に低い打率です。

こんなにも足に合うパンプスが見つからないなんて、
私の足はよっぽど特殊な形をしているのか?
靴選びに何か根本的な間違えがあるのではないか?

悩んで悩んで・・・行きついた新宿御苑そばの「神戸屋」さん。
そこのシューフィッターさんに診ていただき、私の足は23cm長、width Bで、幅狭で、甲が低い足であることが分かりました。
しかも現代日本人女性の足は、どんどん幅狭甲低の傾向になっており、「日本人の足は幅広甲高」という通念とは乖離して来ている、ということを教えていただき非常に驚きました。

幅狭甲低である私は、一般的に売られているこのwidth DからEの靴は全く合わない足だったのです。
幅の狭い足だから一般的なパンプスの幅は緩すぎて、パンプス内で足が前方へと滑って、小指がどんどん靴の前側面に当たってしまって痛んでいたのです。
そして、長い間足幅の合わない緩い靴を履いてきたせいで、足の横アーチが崩れ(荷重した状態ではWidthはEまで一気にひろがります)、開帳足になり、また足指が殆ど接地しない浮指にもなっている、と指摘されました。

私の場合、幸いなことに外反母趾などになるまで進行はしていなかったので、自分の足幅に合ったwidth Bの靴を履くこと、そして本来の足の横アーチを作り出すこと、それが一番の根本的な解決法である、と教えていただきました。
さらに神戸屋さんにサンプルとして置いてあるWidth Bの靴を幾つか試着させていただきました。
Width Bを扱っているお店は限られていますので、該当するショップやブランドをリストアップして頂きました。


そのリストアップしてもらったお店のうち、私が特に興味を持ったのは「& steady」という日本橋のお店で、早速予約して行ってみました。
実家が靴製造会社という女性オーナーさんが運営されています。
ビルの1室にあるサロンで、オーナーさんと1対1で相談し、オーダー靴を作る、という形式です。

最初に足の視診と計測、さらには歩き方のチェックまでしていただきます。
このお店を紹介して下さった「神戸屋さん」のお見立てとほぼ同じで、幅が狭い足であること、しかし幅が広い靴(一般的に市販されている靴)を履き続けたために開帳足になっていること、横アーチが崩れてしまっていること、浮指であること、足の左右差が目立つことを指摘されました。
歩き方のチェックもしていただいたのですが、意外なことに「歩き方そのものは問題ない」というご判断でした。

サロンに置いてあるサンプルの靴を履いて歩かせていただいたのですが、私の足の本来のサイズである23cm、width Bを履くと、きつくて・・・きつくて・・・。
でもオーナーさんには「きついのではなく、これがフィットするという感覚なんです」と。
前後するサイズも履かせていただき、その場を歩いてみましたが、「やはり23㎝、width B(さらに踵小)が一番歩行が安定している」と判断していただき、その木型でパンプスをオーダーすることになりました。

靴のデザインは数パターン決まっていて、その決まったパターンに対して、見本革生地にある中から自由に色や材質が選べます。私はとりあえずオーソドックスなグレージュとブラック(細かいラメ)の切り替えコンビネーションのパンプスにストラップを付き、というのにしました。

1ヶ月後にオーダーしたパンプスが出来上がり、再び予約の上訪問しました。
出来上がったパンプスは上品な佇まいで嬉しくなりました。服や場所を選ばない汎用性の高いルックスです。
b0279099_2315180.jpg


そこでインソールの調整をしてもらいます。室内を履いて歩いては歩き方や痛みをチェックされ、インソールを調整し、また歩いては調整しの繰り返しで、30分程度かかりました。

そしてその場でインソールが整って、パンプスが引き渡されます。
3,4日に1回程度の慣らし履きをしばらくは続けて、合わないようであれば3カ月以内であればインソールの調整は追加料金なしで可能なので困ったら連絡を下さいね、ということでした。

ここから慣らし履きの日々が始まります。(長いので、その2に続きます。)


*NOTE* 
&Steady」さんの初回プランには幾つかあって、私が適用されたのは「ファーストプラン 37,000円」です。
計測・カウンセリング→パンプス(左右1足ずつ)オーダー→出来上がったパンプスのインソール調整(再調整)がこの代金のなかに含まれます。

当初予約したときは、さらに「テーピング指導、ウォーキングレッスン」も含まれた「まるごと&steadyプラン 44,000円」で予約していました。
しかし診ていただくと、歩き方に問題はないしテーピングも必要ではないと判断されたために「7000円安いプランに変更しましょう」とオーナーさんに提案されました。
とても良心的でした。

===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2014-10-15 22:19 | ◆幅狭足の靴探し | Comments(0)

運動会に見る早生まれっ子   

秋晴れが広がった先日は保育園運動会でした。

4月から転入した公立認可保育園なので、この園での運動会は初めてです。有難いことに園庭があるので、その園庭で運動会は開催されました。

思い起こすのは、昨年度の秋。
娘は区内の私立認可保育園の0歳児クラスに10月1日から入ることができ、入園してすぐに運動会がありました。園庭のない保育園だったので、近くの小学校の体育館を借りて行った運動会でした。
その時娘はまだ7ヶ月になったばかりで、ずりばいがメインで、ずりばいがちょっと進化したようなバタフライ様ハイハイができる状態でした。0歳児クラスの競技は「ハイハイレース」(といっても競うのではなく、一人ずつ順番にママのもとへハイハイしていく)だったのですが、うちの子はそのバタフライの様なハイハイを披露して、観客席から「かわい~、懐かし~」の声を一身に受けていました。
その当時の0歳クラスメイトは娘より圧倒的に月齢が上で、娘の次に月齢が小さい子も2カ月程度の差があったので、娘以外はみんなハイハイも上手で、歩くこともできるような子もいました。
なので「早生まれって、こんなにも発達面で先を進んでいる子と同じ学年なんだ。小さいうちは早生まれが運動面や学業面でどうしても不利っていうのは納得できるな・・・」と悲しいほど痛感させられました。

できれば、早生まれではない時に産んであげれたらよかったかも・・・とちょっと後悔したり。
でも仕事の都合や自分自身の年齢が高いことなどを考えると、早生まれを避ける、なんてことは言ってられなかったんですよね。授かった時こそがベストタイミング!な状態でしたから。

話を元に戻して、今年の運動会。
娘の1歳児クラスの出し物は、保護者とちょっとした橋(というか幅広いちょっとした高さの台)を渡って進むことと、音楽に合わせて体を動かすことでした。娘は元気よくスタスタといくつもの橋を渡って進んでおり、このプログラムの内容をきちんと理解しているようでした。
特に集団の中で、列を乱したり、ぐずったりする様子もなく、娘は今いるクラスでは2番目の低月齢ながらも体も平均くらいの大きさで、たたずまいも堂々としていました。
そうやって集団のなかで見ていると、うちの子は同じ学年の子たちとそんなに変わらないのではないかな、と思えるくらいになっていました。親の欲目かもしれませんが。
少なくとも、昨年0歳児クラスの運動会で受けた「早生まれっ子、遅れている。不利・・・。」という印象は結構拭えた気がします。

周りの早生まれの大人に聞いても「小学校入学前までは差があった様に感じたけど、そこから先は何にも差はないよ」と実体験を答えてくれます。なので同学年での発達面での差は、今後ももっと縮まってくれるのではないかと期待しています。

私にとって早生まれの不利な点の最たるものは、保育園に入りづらいことにあったと思います。
うちの区は早生まれ、とくに2/4以降生まれだと0歳4月入園に申し込む権利すらなく、早生れ用に別枠が確保されることもないので入園のチャンスが殆ど断たれてしまいます。認証保育園も、人手の都合から低月齢の子を敬遠し、より手のかからない高月齢の子を優先して入れていますから、早生まれは0歳代は認証にすら入れないです。(認証保育園に見学に行って壁に貼ってあるお誕生日表を見れば一目瞭然です。0歳児クラスはまず殆ど冬~早生まれの子は入っていません。)
そうなると最後の砦は無認可保育園ということになります。こちらについては保育の質、安全面、費用の面までピンキリなのでなんとも・・・。(うちの子は私の職場に併設する事業所内保育園に入っていました。職員しか対象にしないので無認可園の括りに入ります。福利厚生のための施設だったので、内容・料金ともよかったですが、こういった形の満足のいく無認可保育園が使える人はほんの一握りだと思います。)
そして1歳4月になっても、基本的に0歳からの持ち上がりの子たちがいて、新たに入園できる枠はそれほど多くないので認可園や認証園への入園は狭き門であることは変わりないです。だってシステム上、一番入園しやすいのは0歳4月で、それを逃すと幼稚園に一部の子が流れる3歳4月までは入園はしにくいままなのですから。

早生まれの子が認可保育園の入園で不利にならないように、一定の別枠を設けている区もあります(私が知っているのは新宿区ですが、他の区でもあるかもしれません)。うちの区を初め、多くの区でそのような不公平の是正制度が広がればいいと思います。

===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2014-10-13 06:05 | ◇1歳5-8ヶ月 | Comments(0)

楽天の思惑通り・・・?   

次の3連休の中日である12日(日)の20:00~楽天お買いものマラソンがあるそうです。
買わなければならないもの(オムツなどの消耗品)は、できるだけお買いものマラソンなどのポイントが倍増する期間に買うことを心掛けてはいるのですが、なかなかタイミングが合わず期間中に買えないということも・・・。(←仕事が忙しかったり、娘に翻弄されたりで、ゆっくりとPCに触れないことが続いたとき。)
でも今回のお買いものマラソンでは買いたいものがリストアップ完了しているので、期間中に忘れずポチポチしたいと思います。

こんなにもネットで買い物をするようになったのは、出産直前くらいからです。
そして産後はずっと楽天に頼りっぱなしでした。

なにせ、里なし・里も来ない、誰もお手伝い要員がいない産後だったので、とくに産後1か月は外出もままならず、必要なものはネットで買うしかありませんでした。
なかでもアカチャンホンポ 楽天市場店で一体何度お買い物をしたことか。おむつやミルクなどのかさ張る重いものを自宅玄関まで届けてもられるのは非常にありがたかったです。
しかもよく5000円以上購入でポイント10倍キャンペーンをやっているのも、アカチャンホンポ楽天市場店をついついリピートしてしまう理由だったりします。

楽天での獲得ポイントについて気になって調べてみたら、
2013年(出産した年)は45,000ポイント
2014年(ことし9月末現在まで)は75,000ポイント 獲得できていました。
今年の方がポイントが多いのは、きちんとポイント倍増できるセール期間中にエントリして買い物したからです。以前はついついセール期間外に買ってしまい、ポイントが倍増するチャンスを逃していました。

倹約を心がける主婦としては・・・ですが、

☆1ポイント1円として楽天でのお買い物に利用できるので、すぐに必要ではないものであればお買いものマラソンなどのポイントが倍増される期間をコツコツ狙うべし。

☆楽天カードで決済すればポイントがいつでも+1倍となるので、楽天カードは必須。(記憶によれば、私は出産前年の2012年に楽天カードを作って、それ以降楽天市場での決済は楽天カードにしています。)

といったところでしょうか。 

楽天で意識的にポイントを貯めるようになってからは、Amazonは専ら本の購入のみで、他の雑貨はAmazonでは買わなくなってしまいました。
・・・楽天の思惑通りですか?

===

◆最近の娘的ヒットはこれ。
お風呂上りに着替えるのを嫌がるのですが、このアンパンマンカバーオールを見せればイチコロです。喜んで着替えに協力してくれます。
この服が1日5分の時短をもたらしてくれます。ありがたや。



===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2014-10-10 06:01 | ◆楽天お買いものマラソン | Comments(0)