<   2014年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

タイルカーペットで汚れを誤魔化す   

娘が食事中に食べ物で遊ぶようになってしまい、色んなものをテーブルの上のみならず、床にぶちまけてくれます。
自宅での食事ですし、止めてもしょうがないので汁物以外はある程度好きにさせています。
好きにさせておいた方がすぐに飽きて自発的に止めてくれるだろう、という魂胆です。
ただなかなか飽きないようで、日々食べ物をこねたり、飛ばしたりと、熱心に探求中です。

前にも書きましたが、ダイニングの娘の椅子の床下には、汚れが拭きやすいように透明のシートを敷いています(↓)。
床暖房対応の結構お高いシートです。
裾が丸まったりはしないし、厚みもありますし、品質は良いと思います。


ただ、その透明シートを敷いていても、パンの屑とかボーロのカスみたいな細かくて渇いたものが、シート周りの床に散ったり、それがさらにシートと床の間に挟まったりすることがあります。
その度に、マキタの充電式のコードレス掃除機で吸ったりしていました。
(コードレス掃除機は夫が独身時代から車内掃除のために持っていたものです。
食べこぼしを手早く吸うのに便利で、大型の掃除機をわざわざ出すよりもずっとお手軽なので、いつの間にかダイニングの脇に常駐するようになりました。)



そのうち夫から「ダイニングのフローリングは少しの汚れでも目立つから嫌だ。リビングと同じようにベージュのカーペットにしてほしい」と言われました。
我が家のフローリングは、暗めの茶色のウォールナット色で、綿ゴミやパン屑といった白っぽい汚れが目立ちやすいのです。
お掃除担当は99%夫なので、いつも掃除してくれている夫の希望に沿ってあげるべきだと思い、リビングで使っているのと同じベージュ色のタイルカーペットを追加注文して敷きつめることにしました。
といっても我が家のリビング・ダイニングは狭いので、敷きつめるのは楽です。
(この部屋を借りるときに不動産屋さんにも「この物件はリビング・ダイニングが狭いのが欠点で・・・」と言われましたよ。確かにお客さんが数名来たときにはちょっと圧迫感があります。)

リビング・ダイニングのタイルカーペットは東レの床暖房にも対応したものを使っています。
接着剤なしでもフローリングにピタッとくっつき、はがしても跡が残りません。汚れたときは1枚だけはがして水洗いできるのでとっても楽です。
リビングに敷いていたものは、この部屋に引っ越す前からのもので彼此4年近く使っていますが全くへたる様子もなく、品質良好だと思います。
下記の「いなほ」色で室内の印象も明るくなり、汚れも目立たずなかなか優秀です。

<我が家のリビング使用例>
b0279099_1330465.jpg

<我が家のダイニング使用例>
娘の椅子の部分だけ上記の透明マットを敷いています。
b0279099_14940100.jpg


<品物はこちら>



もう少し精神的ゆとりが出たら、リビングのカーペットを季節に応じた柄タイプに模様替えしたいなと思いつつも、まだ挑戦できていません。
試しに買ってみた柄タイプは、狭い玄関に使ってみています(床暖房対応のカーペットなのに、床暖房のない玄関に使っているのはモッタイナイですが)。
シックで、しかもまた汚れが目立たないので良いです。
ただ柄タイプはお値段が高くなってしまいます。

<我が家の玄関使用例>
b0279099_1331283.jpg


<品物はこちら>



----

ちなみに床暖房が入っていない私の寝室では、サンゲツのタイルカーペットを使っています。
これは床暖対応可とは書いていない商品で、上記の床暖房対応の3/4のお値段でお手頃です。
敷いているとフローリングのみよりは冬場暖かいです。上記の東レの商品ほど床にピタッとくっつく感じはありませんが、接着剤を使わず敷いているだけで特にずれたりはしていません。



---

個人的にはタイルカーペットは、フローリングよりも汚れが目立たないし(→掃除をすこしサボってもOK)、子供が汚してもその1枚だけをはがして洗うことができるし、保温効果もあるし、見た目も悪くないし・・・でお勧めアイテムです。


===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2014-05-24 05:45 | ◆暮らしのシンプル化 | Comments(0)

1歳体重10kg超えで抱っこ紐の限界   

娘はぽっちゃり系女子で、11か月のころに10kgオーバーとなり、1歳2カ月の現在は11kgです。

4月に保育園を転園したためマイカーでの通園ができなくなり、私が担当する迎えは抱っこひもで行っています。
保育園から自宅まで徒歩+地下鉄1駅で、賞味20分間の道のりですが、その短い時間で抱っこひもで抱えるのが辛くなってきました。
肩~背中~腰への負担が大きくって、痛いのです。
特に3月、4月は仕事がハードでいつにも増して肩こりがひどくなっていたのですが、そこに娘の重みでさらに追い打ちをかけられたような形になりました。(週1はカイロプラクティックまたはマッサージへ通わないといけない状態でした・・・。)

今まではどこに連れていくのも「抱っこひも派」で小回りが利いて公共交通機関でも楽々移動ができて快適だったのです。
けれど10kgを超えると私には負担が大きくって、今までのように1km、2km、歩き回るなんてことができなくなりました。

「できれば抱っこしたくない」
といった気持ちです。

朝の保育園への送りは夫が担当していて、抱っこひもに娘を入れた状態で自転車に乗って行っています。
そしてその自転車は園には置かずに、そもまま乗って自宅に帰って、そのあと支度を整えて仕事に行っています。

私もその自転車を使えばいいのですが、実は私は背が低くて(150cmちょっと)・・・
私が抱っこひもに娘を入れて自転車に跨ると、娘の顔が私の顔のほぼ前に位置して、視界をおもっきり妨げられる形になって無理なのです。

他にはベビーカーという選択肢もありますが、夫は朝ベビーカーで送るのは時間がかかるから嫌だそう。
私が仕事帰りにベビーカーを自宅に取りに戻ってから保育園に迎えに行くのは時間的に無理ですし。

あとは娘が自分で歩くことを期待する、といったところですが、まだ1歳2カ月なので、自由奔放に歩いているだけで、目的地に向かうという概念はなく、誘導することも困難な状況です。

どうするのがベストなんでしょうか?
とりあえずは、私が背中が痛いのを我慢して抱っこひもを使い続けるしかなさそうなので、背中が痛いのをだましだまししながら抱っこしています。

そんな折、夫(肩こりがひどい、わたしと同じくカイロプラクティック常連)も抱っこひも+自転車で娘を送るのが、重すぎて辛くなったそうで、子供座席が付くタイプの自転車を購入することにしたそうです。
「ブリジストンのbikke2」で電動アシストなしを選んでいました。
4月上旬に在庫なしだったので予約となり、納期は6月上旬ごろだそうです。
結構人気なのですね。




あわよくば、この自転車を保育園迎えの時に私も使えたら・・・、と思っています。
が、本音は「早く娘がまともに歩けるようになって欲しい」といったところです。
そしたらいろいろと楽になるのになぁ、でもその時はその時で、別の面で大変なことが出てくるのかな。


===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2014-05-23 21:28 | ◇1歳0-4ヶ月 | Comments(0)

曖昧な?保育園お迎えコールの基準   

週末は女医ママ友と久しぶりに子連れランチをしました。

彼女は、診療科は違いますが、私の以前勤めていた病院のドクターで、妊婦時期に一緒に働いていました。
彼女のお子さんの方が誕生日が約2カ月早いだけなので、ほぼ同じような感じの1歳児同士です。

彼女は病院の院内保育園に子供が生後3カ月のころから、かれこれ1年1カ月くらい預けているのですが、なんとここ1カ月以上は週1回は「発熱お迎えコール」が保育園からかかってきて、そのたびに仕事の早退、近所の小児科クリニックへの通院およびその小児科併設の病児保育への送迎を強いられているとのこと。
しかも保育園からお迎えを要請されるときの発熱というのが37.5℃という微妙なラインで、機嫌もそれほど悪くなく、小児科で診察してもらっても「ただの風邪」と言われ、さらに病児保育で看てもらっている間はいつも36℃台で推移しているとのこと。

「37.5℃で何度も呼ばれるなんてやってられない!仕事にならない!
これって園にクレーム付けてもいいよね?」と。
(院内保育園は外部委託で、とある業者によって運営されています。)

確かに37.5℃という熱のラインだけで区切るのはいかがなものかと思います。平熱が37.0℃の子だったらたった0.5℃の差ですし・・・。

うちの娘の場合は・・・と彼女に話したのですが、
生後4カ月から保育園に通っており、今現在は約10か月間の保育園生活歴となり、尚且つ現在3つ目の保育園に在籍しているのですが、実は発熱お迎えコールは1度だけしかありません。
それは2番目の私立認可保育園に在籍していたときで、熱は37.5℃をちょっと超えるくらいでしたが「いつもよりも元気がないんです」と保育士さんから電話をもらい、慌てて小児科に連れて行ったらアデノウイルス陽性であった、というその1回のみです。
その私立認可保育園では普通どおりに夕方18:00過ぎに迎えに行ったら「今日は日中38℃になりましたが機嫌が良く、食欲もあったので、とくにお電話しませんでした」と言われることも数回あったので、熱だけでお迎えコールを判断しているわけではない、という保育士さんの姿勢や観察力の良さが伝わってきていました。(実際、その38℃熱が出た日の夜や次の日にも熱が続いたり、風邪症状が出たりということはなく、ただの一過性の熱でした。)

なので彼女が言うように「37.5℃」できっかり区切られてしまったら、うちの娘ももっと頻繁にお迎えを要請されていたと思います。

「やっぱり保育士さんもリスクを避けたいから、それくらいの熱ですぐ電話をかけてくるんだろうね~」と話しましたが、でも私の2番目の保育園での体験から考えると保育士さんが「発熱+アルファ」でお迎えコールしてくれるといいな、と思います。
その+アルファというのは、「いつもより元気がない」という抽象的ものから「嘔吐」「下痢」という具体的なものでもいいのですが、そういった熱以外の別の要素のことです。
子供を注意深く観察しないと「いつもと違う」というのは分からないかもしれませんし、そういった観察眼はもしかしたら個人のセンスのようなもので容易に磨かれるものではないのかもしれません。
または大勢の子供を少人数の保育士さんでみているのではオーバーワーク過ぎて眼に入ってこないのかもしれません。

「37.5℃」という数字だけにした方がより客観的で、どんな保育士さん(経験が少ない保育士さんも含む)にとっても分かりやすい基準になるのだと思います。

我々は医師という仕事柄、担当している入院患者の様子の変化についてその時間帯に勤務している担当看護師から電話報告を受けることがしばしばります。
そういった場合、看護師が電話で口頭で報告してくれる内容と、実際自分が病棟に足を運んでその患者を見たときの様子というのは、ある程度乖離があって、情報量としては後者(自分で行って、自分の目で確かめる)の方が圧倒的に多いです。当たり前かもしれませんが、百聞は一見にしかず、なのです。
実際に足を運んでみたら電話連絡内容よりも様子が良好で心配なかった、というケースもありますが、それよりは行って見てみたらもっとひどい状態だった、もしくはこれからもっと悪くなる前兆だったということの方が多いです。
なので看護師からのコールというのは決して軽視できず、とりあえずは行って見てみる、ということが重要になります。

けれどこれは電話連絡してくれる看護師も病気のケアをするプロだからこそ成り立つものなのですよね。
保育士にそこまでの病状を見る目を求めるのはやはり無理があるのでしょう。
だから37.5℃という数値でひろくスクリーニングをかけて親&小児科医にさらなる判断をゆだねるということになってしまうのでしょう。

しかしその院内保育園の委託業者が変わってから、頻回のお迎えコールになってしまっているということですから、もうこれはその園の方針、人為的なものとしか言えないのではないかと思い、友人&その子がある程度仕方ないこととはいえ気の毒です。


===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2014-05-21 22:22 | ◇1歳0-4ヶ月 | Comments(2)

帰宅後タイムテーブルと時短夕食技   

祖父母の助けがない&夫の帰宅が遅いワーキングマザーにとって、夕方帰宅後はまさに勝負!な時間だと思います。

我が家の場合、娘を保育園からピックアップして、寄り道せず自宅に向かうと到着は18:45から19:00です。
そこから娘が寝る20:30までの約1時間半が勝負の時間です。

・娘の夕食作り
・娘に夕食を食べさせる
・大人用の夕食作り
・自分も夕食を食べる
・娘と自分の入浴

ということを1時間半以内に完了させています。

娘1歳2カ月となり、大人の料理からのとりわけができるようになって、かつ卵・エビなどのアレルギーが何もないことが分かったので、準備が格段に楽になりました。
基本的には前日の大人夕食メニューの残りをやや粗く刻んだもの、味を薄めたものを温めて出しています。
前日メニューの残りなのですぐに出すことができ、家に戻りたてでママに構ってほしくてたまらない&空腹の娘を極力待たせずに済みます。
ここで一から娘の夕食を作り始めると時間がかかって、娘がすごく不機嫌になって泣いたり暴れたりするので、待たせないことは大切なのです。
(もしくは朝出勤前に夕食の準備をしておく、という手もありますが、朝早く私が起床すると娘もつられて起きてくるので我が家では朝準備するという方法は無理でした。)

まだ自分で上手にスプーンを使えないので傍についていて挙げる必要がありますが、手づかみ食べやストロー飲みはできるので、食事のときのサポートもだいぶん楽になりました。
ただ最近は食べ遊びや、食べ物をひっくり返すなどの荒業を活発にしますので、その都度拭いたり、片づけたりが大変です。

-------ここまで(娘の夕食準備、夕食摂取完了まで)の所要時間は20分程度です。-------


続いて、娘の食事が終わってご機嫌が良くなったら、娘にはミルクまたは白湯の入った哺乳瓶を渡してしばらく自分で飲んでもらい、おもちゃで一人で遊んでもらいます。
その間大人用夕食の準備をし、夫の分は置いたまま、私だけ先に食べます。
私が食べていると娘も興味を持って「私にもちょうだい~」という状態になるので、少量はあげています。

-------ここまで(大人用夕食作り、私の夕食摂取完了まで)の所要時間は30分程度です。-------

-------時間的ゆとりがあればここで10-15分程度、娘と絵本などで遊びます。-------

そのあと娘と一緒にお風呂に入ります。
私が自分の髪を洗っている間は、洗い場のベビー用チェア(カリブチェア)に座らせるか、もしくは目を離さないようにしてバスタブの中でつかまり立ちして待ってもらっています。
自分のことはできるだけ大急ぎで洗っています。

お風呂から出たら、私は髪をタオルカップに収めて、バスローブをサッと羽織るだけにして(育児準備のためにバスローブを購入しましたが大正解でした)、娘の体を拭いたり、着替えさせたりさせます。
そして暴れますが、押さえながら歯磨きをさせます。
そのあとに白湯を哺乳瓶で与えます。哺乳瓶を娘が自分で持って飲んでくれるので、その間に私の着替えや歯磨きをします。

-------ここまで(入浴・着替え)で30分程度です。-------

そうしているうちに、時刻はもう20:30です。
娘は幸いにも寝付かせというものが不要で、部屋を静かに薄暗くしておけば20:00から遅くとも21:00までの間に勝手に入眠してくれるので、ZZZZとなり終了です。

--------------------------

帰宅後の時間をうまく使うために、効率化していることは「大人の夕食準備」のところです。
他のところ(娘の夕食、入浴)は、どう頑張ってもこれ以上時短はできないと思いますので。

基本的には週1回届く食材宅配の「らでぃっしゅぼーや」からの食材を使っています。
宅配なので、その分買い物に行く手間が省けます。
また私は、旬の野菜が詰め合わせで届く「パレット」というコースを選択しているので、野菜は何が届くかは自分では選べません。とりあえず届いたものを、腐らせないように、無駄にしないように使いきる!ということにしています。
それにプラスして、肉や魚、冷凍食材なども「らでぃっしゅぼーや」で定期購入となるようにしています。
定期購入なので毎週「何を買おうか~」と選んでポチポチするという必要がありませんし、うっかり注文締め切りを過ぎてしまっていた!ということもありません。
登録しておけば毎週や隔週、月何回、といったスパンで定期購入品(肉魚や豆腐、冷凍半調理品)が届くのでとても楽です。

献立は、その週に届いた野菜をみて、早く傷みそうなものからものから先に使える献立にしています。
思いがけない野菜が時々入っていたり、自分ではあまり買わない野菜が入っていたりもしますので、献立にはおのずと変化が付き、マンネリは避けられるのではないかと思います。

----------------------

あと幾つか細かい技を・・・

●とりわけ時間がないとき用に「○○の素」をストックしています。
麻婆豆腐の素、かに玉の素にはいつも助けられています。

丸美屋 麻婆豆腐の素 中辛(162g)

丸美屋 麻婆豆腐の素 中辛(162g)
価格:241円(税込、送料別)







●焼くだけで済む干物系、西京漬け系はとても楽です。
ネットで買うこともありますが、それだと量が多すぎることも多いので、もっぱら土日に近所で少量買って冷凍庫で保存して、必要な時にサッと凍ったまま火にかけています。



●レタスちぎっただけとか、大根をスライスしただけのサラダには、この「ツナ+コーン」または「ツナ+ビーン」の缶づめが大活躍しています。
ツナにコーンまたは豆が一緒に入っているだけなのですが、一つの缶を開けるだけで一気に2種類が出せますし、量も2つの缶を開けるよりも少なく適量で、彩りも良いので大活躍です。
近くのスーパーでは扱っているところがないので、毎回ネットでまとめて買っています。

いなば ツナ&コーン(125g)

いなば ツナ&コーン(125g)
価格:172円(税込、送料別)



いなば ツナビーンズ(125g)

いなば ツナビーンズ(125g)
価格:172円(税込、送料別)




●疲れて何も作りたくない日というのが時々は出てきますので、そういった日は無理せず帰り道に込んでいないスーパーにサッとよってお惣菜を買うことも2週間に1回程度はあります。
そう言った日には、娘にもレトルトベビーフードを食べてもらいます。ベビーフードに使われている食材の安全性がどの程度なのか心配すればきりがありませんが、お昼は保育園でちゃんとした国産食材を使ったご飯を頂いていますので、夕食がたまにレトルトでもよし、としています。
そういった「夕食を作る気力がない日」には無理をしないことも大切なのではないかと思っています。
気分がのらない日に無理して作ってもおいしくできなかったり、包丁などで怪我してしまうこともありますから。




●夕食後の食器洗いは夫(+食洗器)に担当してもらっています。
食器洗いを夫に担当してもらうだけでも、私の夜の家事負担が軽くなり助かっています。
手洗いでは洗い残しが多かったわが夫で「ここ汚れが残ってる!ちゃんと洗ってない!」と文句をついつい言ってしまっていましたが、食洗器を導入してからはそういった洗い残しがなくなり、夫婦ともストレスが減りました。




===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2014-05-13 22:35 | ◇1歳0-4ヶ月 | Comments(0)

子供の教育費   

先日ソニー生命のプランナーさんと面談して、夫に娘のための学資保険に入ってもらいました。
色々な学資保険のプランがありますが、「Ⅲ型」という新しく販売された学資保険に入ることにしました。この場合は18歳から22歳まで毎年保険金が支払われることになり、返戻率 約121.2%となります。
この「Ⅲ型」のメリットは、返戻率が「Ⅰ型」「Ⅱ型」に比べて一番高いという点だと思います。
逆にデメリットは、一気にまとまった金額がもらえない、という点だと思います。

教育費が一番かかるのは大学入学前後(入試にかかるお金、入学金、初年度授業料、新生活の準備・支度金)と言われていますので、18歳時にお金がまとまってもらえる方が助かる、ということも耳にします。
我が家の場合、今回の夫の学資保険の他に私も別の学資保険に入っていますので、今回の夫が加入した学資保険では18歳時に降りる金額は多くないですが、私の保険の分と両方を合わせると18歳時に必要な金額は用意できるのではないかと思います。

公立or私立での学費の違いについて具体的に平均金額を挙げて対比した記事(たとえばコレ)を読むと、教育ってこんなにお金がかかるものなのだ、と今更ながらビックリしてしまいます。
私自身は小学校~高校が公立、大学は国立(医学部なので6年間通っていますが)一番安上がりなコースです。
田舎だったので、私立中学というものがなく、高校も公立のほうが私立より偏差値が高いのが一般的な地域だったので、高校まではずっと公立というコースは周りから見ても珍しくない一例だと思います。
大学は国立医学部に行きたいと思って、浪人せずうまく入れたのは幸せだったと思います。
職場の同僚には、私立医学部卒の人も結構いますが、学費だけでも国立医学部の5倍はしますから、その人たちの親御さんは結構大変だっただろうなぁと思います。
私立医学部卒の方は、開業医の子供さんがほとんどですが、開業医も昔と違ってそれほど儲かる仕事ではなくなってきているのは重々承知なので、親御さんの苦労が伝わってきます。
特に兄弟で私立医学部に入れている、という家庭も多いのでなおさらです。
私立医学部1人の学費で、国立医学部だったら5人分に相当するわけですから。

職場で先輩ママと話していると、やはり都内では少なくとも中学からは私立に通うというのが一般的な考え方のようですね。
小学校から私立、という考えの方も一定数いますし。
方針は各家庭次第なのですが、我が家は少なくとも小学校は公立でいいと思っています。夫も同じ意見です。(ちなみに夫は高校まで公立、大学のみ私立です。)
公立で色んなタイプの子供と接して、色んな家庭や世の中があることを知ってもらうことが大切だと思います。私立で、受験によってフィルターにかけられてある程度均一化した集団の中にいるよりも、視野が広がるのではないかと思います。
それに小学校受験、というものがあまりにも親の受験、という点が嫌で・・・。純粋に子供の能力ではない受験ですから。

そういうわけで、小学校までは公立に行ってもらう予定です。
中学・高校も公立でいいと思っています(これは今後考えが変わるかもしれませんが)。
そして大学は必ず国立にして欲しいと思っています。それはやはり国立大学の方が、設備の面で恵まれているからです。

===

前の園で10カ月ころにコップ飲みをマスターして、園では牛乳を飲んでいる娘ですが、自宅では今も哺乳瓶でフォローアップミルクを飲んでいます。
朝や寝る前、夜中のどが渇いて目が覚めたときに、哺乳瓶を自分で持って、まったりとお茶する(ミルクする?)のがとてもリラックスるした様子なので、家では哺乳瓶のままにしています。

自宅でもフォローアップミルクから牛乳に切り替えようかとも思いましたが、牛乳を切らさないように買うのが面倒なので(買いすぎると賞味期限をすぐ超えてしまうし)、いまだにフォローアップミルクをつかっています。

和光堂のミルクは溶けが良いので、ダマになりにくくて便利です。



・・・

夜間の尿の量が多くて、普通のオムツでは激しく漏れて、服まで濡れ、かなり冷たいことになってしまうので、夜間は強力な?吸収力を誇るオヤスミマンにお世話になっています。
このおかげでほとんど漏れずに快適に朝が迎えられて、娘ともども安眠できるようになりました!



・・・

保育園での下着は「赤ちゃん本舗」のランニングを愛用しています。
丈が長めに作られているので、ずりばい、ハイハイの時期もお腹が出にくかったです。
お値段も388円と安価なので、洗い替えを含め同一サイズを8枚購入しています。
今回はサイズ90へサイズアップです。




===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2014-05-10 15:00 | ◆家庭のこと、家計のこと | Comments(0)

GW初めてのカーシェアリング   

GW3日目子供の日は、初めてタイムズのカーシェアリングサービスを利用してみました。

3月に私(+娘)の通勤・通園用だった国産コンパクトカーを売り払いましたので、私には今マイカーがありません。
夫用の車がありますが、スポーツカーのため、家族3人で乗るのは快適ではないし、荷物もあまり載せれない、っといった車のため、ファミリーでのお出かけには全く不向きでです。

なので、家族でのちょっとしたお出かけや、私(+娘)が気楽に車を使いたいときにコンパクトカーを使えたらいいな、と思ってカーシェアリングサービスに入会しました。

自宅近くにはタイムズとオリックスがカーステーションを展開しており、このどちらかに入会しようと思って検討していました。

結局タイムズに入会したのですが、タイムズを選んだ理由としては、
・タイムズの方が自宅近辺に複数のカーステーションがあって、保有車数が多いこと
・タイムズでは法人契約すると月会費が無料となること(夫の会社名義が使えるので)
という2点に尽きます。

入会したものの4月はカーシェアを試す機会がなかったので、GWに入って時間的ゆとりのある今回利用してみることにしました。

ただ「借りよう」と思い立ったのが前日の夕方だったので車が空いているかどうかが不安でした。
折しもGWですし。
会員サイトにログインし検索すると、一番近いステーションで翌日の朝から午後3時までは空いている車が1台だけあることが分かりました。
その車にさっそく予約を入れてみました。

朝8時半から6時間パック4020円というプランにしました。
夫も私も初めて使うので、実際に当日どういう手順で車を動かして、また返却のときはどういう手続きになるのか、文章を見てもイマイチ分からなかったので、きっと公式サイにト動画説明があるはず!と思って探したら、案の定動画説明がありましたのでそれを視聴しました。
その動画のおかげで、カードのかざし方、キーの取り方などなどが良くわかりました。まさに百聞は一見にしかず、です。

当日朝は、夫が抱っこひもに娘を入れて、私が娘用のチャイルドシートを手で抱えてカーステーションとなっているタイムズの駐車場まで行きました。自宅マンションから徒歩2分くらいです。
カードを車にかざして、ドアを開け、キーを取り・・・と難なくできました。
後部席に娘のチャイルドシートをセットして、娘を座らせ、私も後部席に座り、夫に運転してもらいました。

そして行った先は・・・五反田TOCです。TOCは東京卸売センターの略だそうです、卸売問屋もありますが小売店などもあります。TOC内の「赤ちゃん本舗」目的に行きました。

ここの「赤ちゃん本舗」は売り場面積が広くて、物品が充実しています。
隣の区に住む兄夫婦から「赤ちゃん用品はここで買い物するのが断然便利だよ!何でも揃う!品ぞろえがいい!」とお勧めされ、妊娠9カ月のときに一緒に連れて行ってもらったのが最初です。
普段はネットでベビー用品を買うことがほとんどですが、どうしても手にとって見たいもの、ネットでは売り切れてしまっているものを買いたいときは、この五反田に来ています。

今回はベビーカーの検討と、娘の帽子の試着・購入、ネットでは売り切れになっていた長袖下着の購入を主な目的として行きました。
結果は、ベビーカーは今2台お下がりがあるのでしばらくはそれらでいいかな・・・と。
娘の帽子は試着して、適切なサイズの、夏用のものを買うことができました。帽子はネットではサイズ感が良く分からないので購入をためらっていたのです。
長袖下着は、店舗には枚数は少なかったですが、まだ残っていたのでそれを無事に購入できました。

そのほか、食事用品、おやつ、おもちゃなどもぶらぶらと見て「へー、こんなのあるんだ」と感心してしまいました。

赤ちゃん本舗で買い物が終わったのが12時前で、そこからはGWで混んでいるであろう繁華街や行楽地には寄らず、自宅へと向かいました。
朝借り出したカーステーションに車を戻して、ベビーシートをはずして、鍵を収めて、カードキーでロックして返却が完了しました。
6時間パックで予約しましたが、結局は4時間しか利用しませんでした。

使ってみての感想は、良い点としては、
・Web上で検索・予約ができるので便利。
・実際に車を借りて動かす、返却する手続きも簡単。

悪い点としては、
・ベビー連れの場合は、チャイルドシートは付属していないので、自宅から用意して持っていかねばならないのが負担です。持ち運びが簡単なタイプのチャイルドシートもありますが、我が家が元々使っていたものは、結構大きく・重さもあるものだったので、運搬がやや面倒です。
・自分が使いたいときに車の空きがあるとは限らないので、どうしても使いたい用事のある時は早めに予約することが必要な点がやや面倒。


トータルとしてはカーシェアリングサービスは、車を保有するよりは安価ですし、今回面倒だと思った点も比較的些細なことなので十分耐えられる範囲です。
これからもカーシェアリングをどんどん使って、お出かけしようと思いました。


===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2014-05-07 22:41 | ◇1歳0-4ヶ月 | Comments(0)

GWお義母さんの家庭訪問+浜離宮   

ゴールデンウィーク2日目、みどりの日の今日は、夫の母が我が家に遊びに来られる日でした。

夫の母は隣県に住んでおり、我が家からは電車で1時間半という近い距離です。

私たち夫婦は、夫の実家には4,5カ月に1度お邪魔する、といった感じです。
(結婚後・子供が生まれる前は、夫は一人で2か月に1回は実家に帰っていたのですが、子供が生まれたあとは夫が一人で実家に帰ることはほとんどなくなりました。)

一方、我が家にはお義母さんが来られたのは、子供が生まれる前、1回のみです。
何度か我が家にお誘いしたことはあったのですが、家に来ることは遠慮されてばかりで・・・、
しかも夫自身もあまり自分の母親が来るのを好まないようで・・・。

飛行機の距離の私の実家の父親は何度も我が家に来て泊って行っているのに、
電車で1時間半のお義母さんはたった1回来てもらっただけ、
というアンバランスなことになっていました。

今回は、今後の子供の発熱などの看病をお義母さんにお願いしなくてはならないことも出てくるだろうし、家に来てもらって、家の中や家の周りについても知っておいてもらった方が、いざという時いいのではないか?
と夫に言って納得してもらって、お義母さんをお招きすることになりました。

ただ家を案内するだけでは物足りないので、近くの浜離宮恩賜庭園にも行ってみましょう、とお誘いをして。

夫とお義母さんは決して不仲ではないのですが、
夫が干渉されるのが嫌いな性格のためか妙に距離感があって、生活に深入りはさせない、口出しさせない、といった感じです。
母・息子の関係ってこんなこのなのかなぁ?と思いますが、おかげで嫁である私に対してもほとんど干渉してこないお義母さんなのです。

・・・

それはさておき、
初夏のような爽やかな天候のなか、最寄駅でお義母さんと待ち合わせて、私たち夫婦2人、娘、お義母さんの4人で三越デパ地下でお弁当を買って、浜離宮恩賜庭園へ向かいました。

このときはじめて知ったのですが、都立公園は「みどりの日5月4日」と「都民の日10月1日」は入場料が無料となるのだそうです。(いつもは大人300円の入場料です。)
なので運よく無料日ということで、フリーで入れました。

入口から水上バス乗り場の道はやや人が多く、広場でランチを食べている人も多数いました。
けれど、浜離宮に何度も来ている私たち夫婦は、一気に奥の「潮入りの池」の方向に進みます。
この池の周りにもベンチやトイレなどもあって広々としているのですが、なにせ奥まっているのでここまで足をのばす人の数は格段に少なくなり、ゆっくりとベンチに座ることができるのです。

本日も無事に日陰のベンチが空いておりおり、そこに3人腰掛け、娘はベビーカーに座ったままでお弁当をいただきました。
目の前は手入れされた池、新緑の桜の木、そして奥は汐留の高層ビル群、背景は青い空という、自然と都会がマッチした清々しい光景でした。

お弁当の後は、娘が芝の上を歩き回って、お義母さんがそれを嬉しそうに追いかけたり、抱っこしたり・・・という触れ合いタイムでした。
娘は空恐ろしいことに、お義母さんのまえではとっても良い子で、「うふふ、あはは」と笑顔を振りまいていて、いつも私たち夫婦にみせるわがままは全く出さず・・・。
お義母さんにも「ほんとうに可愛くていい子ちゃんね~、育てやすい子だわ~」と何度も感心されました。

そのあとはみんなで隅田川方向を歩いて行き(娘はベビーカー)、娘の保育園を紹介して、それから我が家へ。
マンションの部屋の中を案内して、娘の洋服やおむつを入れているチェストをみてもらったり、台所を見てもらったりしました。
(そのために前日GW1日目は夫婦とも掃除を頑張りました、おかげで家の中を強制的にスッキリさせることができました。)

そして最後は駅まで周りの建物を案内しながらお義母さんをお送りして、すべての日程が無事に終了しました。

・・・

今回の家の中の案内は本当にさらっとした案内だったので、本格的に娘の看病のために我が家に来てもらうときにはもっと詳しく説明をしなければなりませんが、とりあえず我が家の全体像を知ってもらう、という目的は果たせたのではないかと思います。
お義母さんを呼ばねばならない事態にならないことがベストですが、この2月に私がインフルエンザで寝込んだときはかなりのピンチで(そのときの記事はこちら)、幸い夫と娘はかからなかったのでどうにかなりましたが、もう一人が同時期にかかっていたら誰か助けを呼ばなければ日常が回らなかったと思います。
そういった事態が再び起こらないとも限らないので、お義母さんを助っ人の一つ選択肢としてに挙げれる状態にしたいと思います。

娘はお正月の時(生後10か月)と同様で、お義母さんの前で、終始ごきげんで「よいこちゃん」で、私たち夫婦とも「TPOわきまえてるな~」と感心してしまいました。
というか、もしかしたら保育園でもこんなよいこちゃんとして振舞っていて、家の中でだけわがまま放題なだけかもしれません。
またはいつもより畏まっている母親(私)を見て何かを感じて、良い子に振舞っていたのかもしれません。
いずれにせよ、この1歳2か月の娘の「空気読む能力」は侮れないと感じました。


===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2014-05-04 23:11 | ◇1歳0-4ヶ月 | Comments(4)

GWスッキリと暮らしたい   

GW2日目にお義母さんがうちに遊びに来る、というイベントが控えています。
なのでGW1日目は家の中を整理整頓しました。

もともと掃除は99%夫が担当してくれています。
夫は神経質ではありませんが、きれい好きです。私と同じくらいか、もしくはそれよりもちょっと上レベルだと思います。
(余談ですが、私は学生時代からお付き合いした男性はみんな掃除好き・整頓好きの人ばかりで、そういった男性を選ぶことができる私の能力には、我ながら感心?してしまいます。)

夫が家中を掃除している間は、私が娘を連れて外出し、
私が自分の部屋を片づけている間は、夫が娘を連れて外出し、
という連携プレーで、お互いが思うように掃除・片づけができました。
(娘は動き回って、まだ聞き分けがないので、娘が家にいる中で掃除や整理整頓は不可能なのです。)

私がやったことは、
・娘の服の衣替え、サイズ替え・・・薄手の長そでと半袖服のみをチェストに出し、厚手のものは洗濯して段ボールにしまいました。サイズは80と90になってきて、作りの小さ目な80はサイズアウトしてきたので、それらもしまいました。

・自分の冬服や布団をクリーニングへ出す・・・いつも使っている宅配クリーニングの「マイクローク」に出しました。これには10か月間の保管サービスもついているので10か月後までスペースが空きます。

・リビングのちょっとした模様替え・・・娘が侵入できないように柵で囲っていた場所が、物が雑然と置かれるスペースになってしまったので、柵を外して余計なものも置かないことにしました。

・娘のおもちゃの整理・・・もっているおもちゃを全部は出さず、リビングには少数だけを出して、それを時々入れ替えて飽きないようにしています。それでもリビングにごちゃごちゃとおもちゃが散らかる・・・といった状態なので、とりあえずは25Lのかごをリビングに置いて、この中にささっとおもちゃを入れて、散乱しないように、また片づけやすいようにしました。

夫とも最近常々言っているのですが、
できるだけ不要なものを買わない、
今家にあるもので代用できないかを考える、
といったことが、都心の狭いマンションでスッキリ暮らすためには不可欠だと思います。
子供がいるとついつい成長に伴っていろいろものが増えてしまいがちですが、本当に必要かどうかを考えて、勢いだけで買い物をしてしまわないようにすることが大切だと思います。

6月には上半期の大掃除をやろう、と夫と約束しました。
(前回の大掃除は11月下旬に、これも夫と1か月以上前から大掃除やろう、と約束したのできました。なので今回も二人で約束して、その日に一気にやるつもりです。)
クローゼットの洋服整理、キッチンの掃除、リビングの模様替えをその時にちょっと大がかりにやりたいと思います。
それに備えて、少しずつ捨てていいもの自分のなかで吟味して選んでいきたいと思います。

===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2014-05-03 22:24 | ◇1歳0-4ヶ月 | Comments(0)