「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:◇3歳( 26 )   

平日の上野動物園   

曇り空が広がっていた某日、事情が重なって午後からの半休を頂きました。
保育園を早退させ、娘と一緒に上野動物園に行ってみました。

平日に上野動物園に行くのは初めてです。

上野動物園は我が家から一番アクセスしやすい動物園ですが、人が多いため敬遠しています。
今まで3回来ていますが、全て真冬にしか行ったことがありませんでした。

[過去記事] ・意外と空いていた!冬の上野動物園 ←1歳10か月
      ・春分の日の上野動物園  ←2歳0ヶ月
     ・記事にはしていませんが、2歳11か月のとき。

今回は初めての平日訪問だったので、混雑がどの程度か心配でした。

けれど今まで訪れた中では圧倒的に一番人が少なく快適に見て回れホッとしました。
(まだ夏休みに突入していないからだと思います)

パンダも待ち時間なく、そのまますっと見れるくらい空いていました。



歩くのは苦にならないタイプの娘ですが、今回は午後で、まさに保育園ではお昼寝している時間帯だったので、念のため園内でバギーを借りて行動しました。
バギーを借りるのも、あともう1年くらいかなぁ(私の願望含む)・・・と思いながら借りました。
(バギーは1日300円で借りれます。)

2歳代後半からは西園にある「こどもどうぶつえん」が気に入っている娘。
今回もふれあいタイムに入っていって、ハツカネズミ、モルモット、うさぎ、アヒル、鶏などを触らしてもらいました。
b0279099_1154359.jpg

百聞は一見にしかず、と言いますがさらに言うと、百見は一触にしかずとも言えるのでは?というくらい、実際に触るとその動物への理解・興味が深まるので、おすすめです。


また今回初めて園内のモノレールに乗りました。
全く待ち時間なく、空いた車内に乗れたので満足度が高かったです。



動物の種類は多いですが、敷地面積としては決して広くなく、また土日だと混雑必須なのがマイナスポイントですが、都心に住んでいる身としては何と言ってもアクセスしやすいのがいいです。

あとは他の動物園と比べると、園内に100円入れて動く乗り物がなく、あまり商魂たくましい感じがしないのがよいですね。

ただし!
東園表門外の真正面には100円入れて動く系の遊具広場があります。(動物園とは無関係のようです。)
b0279099_1164445.jpg


今までスルーできたのですが、さすがに今回は状況が分かったようで「あれ乗りたい―!!」となってしまい。
200円分の券を買って「2つだけだよ」といって乗せてあげることにしました。
3歳からは一人で乗車可の乗り物が多かったので、一人で乗ってもらいました。

(↓動物園内で購入したウサ耳付けています。可愛いけど3歳児にはやや大き目。)
b0279099_1165928.jpg


何にするか散々迷ったようですが、2つを選んで、乗り終わった後はそれ以上をねだることもなく納得してくれたので、成長したな~と思いました。



===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-07-08 18:00 | ◇3歳 | Comments(0)

家庭での学習状況@3歳3か月   

3歳3カ月の記録です。
一時記に比べるとプリントの枚数は少なめで、平日は全くプリントをしない日もあります。
そんな日でも、「サイコロ」を使った数の取り組みはやっているのでまぁいいか・・・という感じです。

◆サイコロ遊び

3歳1か月頃からピグマリオンでも5までの数の合成と引き算がどんどん出てくるようになったので、自宅でもそれに合わせて数の合成をサイコロでやるようにしています。
今は手作りの1から3までの目のさいころを2個つかって、二つの目の合計を出すようにして、すごろくなどを楽しんでいます。1から3までしか目がないので、和は2から6になります。
(ホームセンターに20円くらいで売っていた立方形発泡スチロールにシールを付けてサイコロにしています。)
b0279099_59476.jpg

目が出たら親は何も言わないで、本人に「○たす▲は・・・◎!」とサイコロの目を読んで言ってもらうようにしています。
そんな感じで6までの足し算は大体間違えなくなりました。ただし集中力が切れると5,6が怪しくなります。やはり1,2,3,4に比べると概念が十分育ってないのかな、と思います。

うちの子の場合は、ピグマリオンのヌマーカステンを見たりするよりは、サイコロの目をみて数の合成をする方が楽しいみたいです。

そんなわけで相変わらず「すごろく」や「クラウン(ピエロ)」を連日のようにやっています。

ゲーム・クラウン カードゲーム
価格:1620円(税込、送料別)





◆数を書くこと

1,2,3の数字は3歳なりたての頃から書いているのですが、それ以上の数字については書きたがらず。
公文のこちらでなぞり書きを促しているのですが、なかなかやる気にならないみたいです。まだそういう時期ではないのでしょうね・・・。

はじめてのすうじ [ くもん出版編集部 ]
価格:712円(税込、送料無料)



数字を読むだけだったら40くらいまでは間違えずに読めるのですが、やはり書くのは別ものですね。


◆ひらがなを書くこと

こどもチャレンジ年中版についてきた「なぞりんマシーン」
相変わらず週1回くらいは思い立って自分でかってに色々なぞっています。

公文のこちらのひらがな書きドリルは第1集が終わり、第2集に入りました。
こちらは2冊がシリーズとなっていて、第1集は、運筆と1,2画の簡単なひらがな10文字の練習、
第2週は、残り24文字の練習となっています。

はじめてのひらがな1集 [ くもん出版編集部 ]
価格:712円(税込、送料無料)



はじめてのひらがな2集 [ くもん出版編集部 ]
価格:712円(税込、送料無料)



自分のなまえもどんどん書きたいようで、私が鉛筆で下書きを書いた上からマジックで書くという練習もしています。

◆迷路

迷路ブームは過ぎ去ったようですが、まだ時々やりたがるので、七田の迷路をやっています。
絵が面白いところがいいみたいです。



◆工作

はさみブームがやや下火になり、今は折り紙ブームのようです。
特にネコ・犬を作ることにはまっていて、そればかりです。
下は、兜とねこのコラボ?
そう言えば最近は顔を書くときのバリエーションがやや増え、閉じた口、開いた口、ニッコリの口、べろが出ている口、などを書けるようになってきました。
b0279099_52685.jpg

こちらの本を参考にしています。説明が丁寧なので分かりやすいと思います。



===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-07-04 18:00 | ◇3歳 | Comments(0)

3歳児とクッキー作り   

手先を上手く使えるように(巧緻性)、
食材への理解が深まるように(食育)、
という理由から2歳くらいから少しずつずつ、日々の料理のお手伝いを娘にしてもらっています。
娘が入り込むと時間が余計にかかるので私の余裕がある時限定ですが、娘@3歳3か月はかなり楽しいようです。



今回はいつものお料理お手伝いから一歩進んで、型抜きクッキー作りに挑んでみました。
レシピはクックパッドのこちらを参考にしました→

材料を計る作業は娘ではできないので私がやって、
混ぜる作業は娘担当で。
途中で「手が疲れた」、とか「休憩する」と言う場面もありましたが、なんとか生地を完成させました。

生地を冷蔵庫で寝かせたあとは型抜きや顔を書き。
これは粘土遊びで慣れているのでどんどんやってもらいました。
型から綺麗に取れないことも多く、四苦八苦し 飽きたりもしましたので最後は私の手で。

そして焼き上がり!(食べてしまったあとで残りが少ない状態・・・)
b0279099_11243431.jpg


焼き加減がどうなるか心配でしたが申し分なく(←レシピのおかげです)、楽しい体験となりました。
本人も自分が作った!ととても誇らしげで、達成感を得たようなので良かったです。

今後も休日に子どもとお菓子作りに色々挑戦してみたいと思います。



そういえばですが、坂本廣子さんの「台所育児」の本を1歳代に読んで、親子で料理ということや食育にかなり感化されたのでした。
[過去記事] 「台所育児~1歳から包丁を~」

サブタイトルの通り本の中では「包丁は1歳からでも使える!」となっていましたが、我が家の場合は敷居が高く、3歳過ぎた今でもまだ使わせていません。
まだ使わせる勇気が出そうにないので、しばらくは他の工程を手伝ってもらおうと思います。



また最近知った捏ねずできるパン作り(下の藤田千秋さんの本のレシピです)。
パン作り未経験の私が、試しにひとりで作ってみたら、1回目から失敗することなくおいしく出来上がりました。すごい!
簡単といっても、発酵を含めると4時間程度かかってしまいますが、普通のパンのレシピよりは格段に楽なそうなので今度は子供と一緒に作ってみたいと思います。

ボウルひとつでこねずにできる本格パン

ボウルひとつでこねずにできる本格パン
著者:藤田千秋
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-06-27 18:00 | ◇3歳 | Comments(0)

6月はお神輿体験!   

年少学年になってからは、できるだけ理科や社会に繋がるような体験を積極的にさせようと決意した私。
毎月1回は何かしらの体験イベントに参加することを目標としています。

今までのところ・・・
4月は、私の田舎での自然体験
5月は、田植え体験
をしました。

6月ですが、複数のお祭りに子供神輿の担ぎ手として参加する体験となりました。
b0279099_18211846.jpg

参加したお祭りのうち一つは赤坂のお祭だったのですが、
保育園の同じクラスのママがかなりの江戸っ子で、この神輿をだす某所の古くからの住民の方。その繋がりで我が家を含む保育園メンバーに声をかけて頂き、参加させてもらいました。
都心のこんな場所を、子供たちがお神輿担いでいくなんて?!と私を含む地方出身ママ達はかなり驚かせられました。

子供たちは「わっしょい、わっしょい」の掛け声と、祭り自体の熱気にすっかり酔いしれているようで、みんな暑い中頑張って歩き、集中していました。
江戸文化に触れさせて頂く貴重な体験となり、お誘い頂いたママに感謝です。

またお祭りといえば出店。
いろんなお店を覗いて、あれは何?これは何?と珍しがったり驚いていた娘です。
去年まではできなかった金魚すくいも楽しんでやっていました。

「あれも欲しい」「これも欲しい」になってなだめるのが大変かな~と思っていたのですが、
自分で「全部はダメだよね。今日は1回だけだよね。」とか「どちらか1つだけだよね。」なんてことも言って出店を楽しんでいました。

今までもですが娘の買い物に関してバトルになったことはなく、拍子抜けするくらいあっさりしています。
ものが豊かで、便利な時代、かつ一人っ子で育っているため執着が弱いのか、
保育園での教育のためなのか、
それとも本人の性格のためなのか、
理由は定かではないですが、お買いものに関しては本当にビックリするくらい聞きわけがよい子だなぁと改めて思いました。
(その他の面ではかなり我が強いタイプです・・・。)


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-06-25 18:00 | ◇3歳 | Comments(4)

ファミサポさん初利用の感想   

先日の記事で書いたとおり、実際にファミサポを初めて利用しましたので、その感想を書きたいと思います。
[関連記事] 急転直下ファミサポさん決まる

今回は初めてなので、担当して下さるファミサポさん(仮にAさんとします)への負担、娘への負担をできるだけ軽くしたいという意図、また「お試し」や「慣らし」の目的もあったので、3時間のみでお願いしました。
そのうち1時間は習い事(バレエ)レッスンが含まれるので、ファミサポのAさんと娘が二人っきりで過ごすのは2時間程度でした。
(本来お願いしたい時間は土曜日の約6時間なのですが、7月以降でチャレンジしてみるつもりです。)

予定の時間が終わり、Aさん宅に娘を引き取りに伺ったところ、
「とてもお行儀よく、人懐っこくって、特に困るようなことは何もなかったです。
次回からの預かりも問題ないので、またうちに来てくださいね。」
と言われ、ほっと一安心でした。

もちろん面と向かって保護者に苦言を呈することは難しいと思うので、
夜に再度メールで「次回からも定期的にお願いして大丈夫ですか?ご迷惑なことをしませんでしたか?」
と確認をしたのですが、やはりウエルカムという御返事だったのでそのお言葉を額面通り受け取らせていただきました。

また娘自身も
「Aさんと一緒で楽しかった。○○したり、△△もしてもらったよ。また遊びに行く!」
とのことで、娘もAさんに懐けたようで、一安心でした。

そんなわけで、このAさんに来月からも土曜日出勤日の習い事送迎&自宅での保育を定期的にお長いすることにしました。

**

正直、ファミサポ一般に関して不安も大きかったのですが、
実際にAさんにお会いしたり、預けたりすることで不安は大分解消されてきたと思います。

また後で知ったことですが、実は娘と同じ保育園の保護者のかたも、Aさんに担当頂いた経験があったそうです。
その方からも「Aさんはいつも丁寧で安心して預けれる人」という口コミを聞いてなお安心できた、という一面もあります。

ファミサポも人対人のサービスなので、たまたま当たった人によってファミサポ全体の印象が左右されることだとは思います。
Aさんに担当頂けることは運が良いこと・有難いことだと思って、これからも良好な関係でお願いできたらと思います。

**

ちなみに謝礼ですが、うちの自治体では土日祝日は1時間1000円、平日7時~20時は1時間800円で、全額が担当した方(今回ならAさん)に、その日1日の預かりが終わったタイミングで直接手渡しが原則となっています。
自治体のファミサポセンターには仲介マージンは発生しません。

幸いにも勤務先に、自治体のファミサポを利用した場合その料金を補助してくれる制度があるので、申請してみようかなと思います。


==

◆リピート中の冷凍ミカン

剥かなくてよい、ばらばらの房状なのですぐに食べることができて便利です。
訳あり、とのことで甘いもの、やや酸っぱいものがランダムに入っていますが、酸っぱいものも許容できる程度だと思います。


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-06-19 18:00 | ◇3歳 | Comments(0)

ピグマリオン通塾4カ月経過しました   

算数への取り組みはピグマリオン教材を使って進める方針にしています(今のところは)。
ピグマリオンの直営教室のマンツーマンレッスンに通い始めたのは2歳11カ月の時だったので、4カ月が経過しました。
(ちなみにピグマリオン教材第一グレードを自宅で取り入れ始めたのは2歳9カ月の時でした。)

気まぐれなお年頃で、しかも決して大人しいタイプではない娘がどこまで教室に馴染めるのか、また私自身も教室の雰囲気に馴染めるか分からないままスタートした通塾でした。
しかし今のところ週1回、順調に通えています。

一度だけ開始後30分程度で「もう帰る」と言いだし、本当に連れて帰ることになったことがありました。
次回からもう通いたがらないかな~と心配していたのですが、強要しても仕方がないことだし成り行きを見守ったのですが、次の週からは普通に通っていました。一時の気まぐれだったようです。

60分弱のレッスンの間ずっと集中するのは無理なので、気分に波があるのは仕方がないですね。
それでも先生の進め方がプロなので意外と60分もっています。(←本当にこれは意外でした。立ち歩いたり、騒いだりでレッスンが殆どできないこともあるのでは?と覚悟していたので。)
レッスン日以外の日も、○○先生のところへ行く!と言い出すこともあるので、楽しく誘導して下さる先生のおかげでですね。
やはり先生は言葉掛けやレッスンのもって行き方が上手で、様々な場数を踏んでこられたことが言葉の端々から伺えます。


教室では「基本グレード」というのをやっています。
市販されている家庭学習教材と、教室のカリキュラムは同じではないです。
プリント類は、家庭学習教材と教室の教材は似ていますし、重複しているものもあります。
学ぶ内容をみてみると、
通塾の「基本グレード」 ≒ 家庭学習教材の「第一グレード」+「第二グレードの初めの方」
の様です。

通塾を開始した当初は、家庭学習教材と通塾で頂く宿題プリントを両方やろうとしたのですができませんでした・・・(平日は保育園に11時間いるので、家庭での取り組み時間はかなり制限されるゆえ)。
そのため今は宿題プリントを「できるだけ」やる、という方針でいます。
宿題プリントは毎回10~20枚程度頂くのですが、娘がやりたがらない分野もあったりして全てこなせません。今はまだそういう時期なんだ、と思って強制しないようにしています。

通塾で担当してくださっている先生は進度についてはあまり言及されません。
レッスン時は親が背後で見守る形式なので様子を見ていると、分野によっては行きつ戻りつ・・・な部分もあり、また知育的おもちゃを取り入れたりで、単純に進めて行くのではなく理解が深まるように工夫して組み立てされているようです。どこまで本当に理解できているのか慎重に確かめている感じです。
お任せしている以上、親が細かく進度やペースについてお尋ねするのは失礼かな…と思ってあまり尋ねなかったのですが、
先日「基本グレードも終盤に入ります。次からは数の合成(足し算)を式として書くプリントも出てくるので、ご家庭でも少しずつ書かせてみてください」と言われました。
通塾開始して4か月後の具体的な進度が分かったという感じです。



3歳前から教室に通うことについて色々迷いはありました。
けれど今は始めてよかったなと思います。

特に娘の場合は認可保育園に通っており、お勉強的なカリキュラムや指先強化のためのプログラムが保育時間中に設けられてないので、ピグマリオンへの通塾という形で数や巧緻性に関する学習を今の何でも吸収できる時期に取り入れてた点は良かったなと。

あとは通塾に合わせて自宅でもどのように取り組むか、それが大切となってくると思います。
ピグマリオン家庭教材を買った時に付いてきたプリントにはこんなことが書かれていました。(以下緑字部分は引用です。)

1.意欲を高める
2.自立心を育む
3.教えず学ばせる
4.全体に注意させる
5.人間力を高める
6.いつも笑顔で楽しく


特に6番目の項目では、
「笑顔で楽しそうに、大きく包み込むように、お子様と一緒になってレッスンを楽しんで下さい。内心にいっさいの責める心を持たないで、賢くなることだけを願いながら進めてください。」
とあります。

ついついイライラしてしまうこともありますが、いつも笑顔で楽しく、を忘れずに進めて行こうと思います。


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-06-17 06:00 | ◇3歳 | Comments(0)

おうち英語にWorld Wide Kidsを導入しました   

幼児への英語教育ですが、我が家では優先順位が低いです。
(今のところ国語・算数・巧緻性>自然体験>アート>>>英語です。)

小学校低学年くらいまでは、細く長ーく英語への心理的な苦手意識ができない程度に触れさせる程度と思っています。

そんな熱心さに欠ける私ですが、以前ベネッセが手掛けるALL English教材のWorld Wide Kidsの体験イベントに行き購入しようか迷っていた記事を書きました。
[過去記事] ベネッセ英語教材体験イベントに参加しました
↑2歳9カ月のときなので、半年も前のことです。

有名な幼児英語教材DWEと比べると(我が家は中古でSing Alongのみを持っています)、
World Wide Kidsはよりリーズナブルな価格で、映像も新しいし、全体のデザインもスタイリッシュだし、なかなかいいな~と思っていました。
そうは言ってもフルセットだと20万円程度なので、未就学児の英語にそこまではかけなくてもいいかな?という思いがありました。
親のやりかた次第ではお値段以上の価値や能力となって身に付くはずですが、私にはそこまできないかも・・・と思って購入に踏み切れませんでした。

それが、最近になってやっぱり欲しい!という気持ちになり(というのもDWEに飽き飽きして、Sing Along以外のDWE教材を新たに導入したい気にはなれなかったから)、
こういう時の切り札、ヤフオクで中古品を入手しました。

フルセットはStage1~6(さらに0歳の場合はStage0もあり)なのですが、
私が入手したのはStage1~3のみで、一部欠品ありの使用品です。
(画像はベネッセ公式ページからお借りしています。Stage1の正規セットです。)
b0279099_13152588.jpg


各StageはDVDとCDが中心で、プラス連動するおもちゃと絵本が付く、という仕組みですが実際入手してみるとなかなか良いです。

まず、DVDの映像がきれい・現代的で、大人が何度か見ても鑑賞に堪えうるクオリティです、これは体験イベントで見せてもらった通りです。(比較するとDWEがかなり映像が古くて、子供は大丈夫みたいですが、私はだんだん見るに堪えなくなります。)

さらに各Stageごとに、英語絵本が数冊付いてくるのでそれがいいです。
早速英語絵本の読み聞かせしています。といっても、文章は短いので私でもどうにかなります。一応朗読CDも入っているらしいです。
英語絵本については、日々の生活の中で取り入れたいな、と思っていたのになかなか取り掛かれなかったので、あらかじめセットされているのはありがたいです。
早速、就寝前の絵本タイムにこの英語絵本も混ぜるようにしています。
娘@3歳3カ月は意外なほどよく聞いてくれて、「分からない」とかは言わず、音として集中してる様子。
これくらいの歳だと、日本語以外の言葉・音も抵抗なく受け入れようとしているんだな、ということが実感できました。
↓セット英語絵本の一部です。
b0279099_2333369.jpg


続けることができるようならば、Stage4以降もヤフオクで入手したいなと思います。
(こういうふうに自分でコントロールして購入できるのが中古購入の良いところだと思います。)

☆彡

それにしても、私自身は「かけ流し」には全く向いていないなということをあらためて感じました。
よく幼児英語教育に成功したと思われるお母様のブログには、教材はCDを中心軸として、かけ流してinputさせる、対してDVDの視聴頻度は低くしたと書かれています。
けれど私は音がスピーカーからずっと流れている状態が苦手なんですよね・・・。たとえそれがクラシック音楽だとしても、ずっとかかっているのは苦手です。
TVとかラジオをかけたまま、というのも、非常に気になるタイプです。(電車や車の音は気になりません。)

そんなわけで子供のために英語の音楽CDを掛け流す、というのもやってはみましたが結局やめてしまいました。娘も「音楽止めて」っていいますし、多分私と同じ趣向なのかも。
その点、夫はラジオを付けたままPC作業を好んでやっているので、多分平気なタイプなんですよね。個人差ですね。

果たして、英語教材DVD中心としてよいのかどうなのかよく分かりませんが、私の趣向でDVD中心とならざるを得ないかなと思っています。
もちろんDVDと娘だけの環境にならないように、私も一緒に座って歌ったり、英語を発音したりしたいと思います。


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-06-10 18:00 | ◇3歳 | Comments(0)

急転直下、ファミサポさん決まる   

自治体のファミリーサポート事業へは、ちょうど3年前の仕事復帰の際に登録していました。
ただわが区の場合、「需要>>>>供給」という説明は受けていましたし、あんまり小さい子をお願いするのもご迷惑かな・・・、娘自身も戸惑うかもしれないし・・・という思いもあって、実際に依頼をしたことはありませんでした。

今通っている保育園では登園・下園の際にファミサポさんにお願いしている方が何名かいらっしゃって、利用者のお母さんに「ファミサポさんお願いしてみて、実際どうですか?」と尋ねたところ、色々と実際の感想を教えてもらいました。
「私も半年程度マッチングする人が見つからなかったから、とりあえず依頼を出して待ってみたら?」
と背中を押してもらい、
かねてからの懸案事項だった土曜の私の勤務日(最低月1回はあります、そして夫は毎週土曜日仕事あり)に、習い事送迎をお願いできるファミサポさん探しをセンターに依頼してみました。

ただファミサポセンターの方にも、
「土曜日だし、見つからない可能性が高いですね」と言われ、やはり探すのは無理だな~と諦めていました。

夫から義理母にオファーを出し、土曜勤務日に関してはお義母さんが都内に出てきて下さるといことでOKが出たところでした。

そんな状態だったのに、依頼を出して1週間程度で、ファミサポセンターの方から
「見つかりました!」
と連絡がありました。こんなにすぐに見つかるとは思わなかったのでビックリでした。

で、とんとん拍子で提供会員さんのお宅に一家でお邪魔して、打合せをして、習い事送迎と私が帰宅するまでの預かりをしてもらうことになりました。(実際の預かり日はまだ先ですが、また感想を書いてみたいと思います。)

おそらく、電車で片道2時間の義理母に来てもらう方が、娘にとっても私たち親にとっても楽です。
けれど、何か有事の時のために地域とのつながりを持っていた方が良いだろう、しかも今後も義理母がずっと元気だという保証はないし、先のことを考えたら義理母以外の頼みの綱を作っておいた方がよいのではないか。
そんな長期的視野でみるとファミサポ利用の方がメリットがあると夫とともに判断して、ファミサポさんにお願いしてみることにしました。

娘が3歳になって、ある程度のことは言葉できちんと話して説明でき、トイレも自立したので、ファミサポさんにお願いしても大丈夫かなと思った点も大きいです。
状況判断もある程度でき、時間が来れば親が来てくれるということは分かっているので、娘自体心理的な負担も大きくならない年齢になったと感じます。
もちろん、実際にトライしてみて、娘の反応やファミサポさんのご意見を聞いてみないとわかりませんが。

そんなわけで、娘が適応でき、ファミサポさんの了承が得られれば、
ファミサポさんにお願いできるときはそのファミサポさんにお願いする、
ファミサポさん都合でキャンセルになるときは義理母にお願いする、
という2段階構えで、土曜日の勤務日+習い事を乗り越えたいと思います。

*****

◆シンプルなレインブーツ

シンプルで雨用とは一見分からない、ショート丈のレインブーツです。
質感がマットで一見革のゴアブーツのような感じで、服装を選ばず使いやすいので、連日の雨天でも大活躍してくれています。
こういった商品には珍しくSサイズが展開されているのもよいです。(勿論私<22.5cm、width 2A to B>が履くとやはり大きいのですが・・・。)




===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-06-08 06:00 | ◇3歳 | Comments(4)

年少児ですが民間学童の枠を抑えました   

今住んでいるエリアは、マンションの建築ラッシュで、若い世帯の人口がどんどん増えています。7年前に結婚して住み始めた時には予想できなかったくらいです。
出生数は毎年前年を上回る状態で、区は保育園を新設したり、また幼稚園や小学校の増築をしたり…と対応に追われているようです。
保育園への入所が困難で、離れたエリアの保育園に通っている家庭が多いのはもちろんですが(←我が家もそうです)、幼稚園に関しても似た問題がおきているそうです。
3年くらい前に近所のピラティススタジオに通っていた時、我が家から一番ちかい公立幼稚園は園児数がキャパオーバーで抽選があり、落選した方は遠い公立幼稚園への入園となったという実体験を聞き、かなり驚きました。(公立幼稚園は、公立小学校とほぼ同様の学区制をとっています。)

これは公立小学校に入学はできクラス人数は適正となるようにクラス数を増やすことで対応してもらえるけれど(実際、毎年1年生は1-2クラス造設になっているそうです)、公立学童が児童数過密となって、管理が行き届かないことになるのでは…という懸念要素に気づき、近辺の民間学童施設のリサーチを始めました。

わが区の公立学童は親の就労状態をポイント化し、またこどもが低学年であるほどポイントが付き、その点数の高い順に入所ができる、という保育園入所に似た選考基準を作っています。その選考ポイント制だと、うちの夫のような自営業者はフルタイムであっても点数が満点にはならないので、1年生の時は公的学童に入れたとしても、2年生以降は入れない可能性があります。
そもそも、貴重な放課後時間なので、過密であること、それによってクオリティを望むことが難しいと予想される学童には入れたくないな~、と。
できれば習い事、お勉強も取り入れたプログラムを受けさせたいな~という思いもありました。

説明会の内容や立地条件などから一番通わせたいなと思っている民間学童施設を取り敢えず決めました。
そこは年少児から「プレ会員」として、小学1年生になる際に優先的に席を確保できる制度を作っていたので、3月にお金を納めてプレ会員になりました。
その民間学童は、我が家の近所の他にも、高層マンション激戦区として名高い某エリアにも出店されているのですが、プレ会員の空き情報を見るとその激戦区では「年長・年中ともキャンセル待ち、年少は残数わずか」となっていていました。

保育園問題もそうでしたけど、学童の問題もやはり早く情報収集して早く動かないといけない、ということを思い知らされました。
(実際この4月に新1年生になったブロ友さんの記事を読んで、その考えは一層強くなりました。)

こういう問題って都会や一部の中核都市には良くあることなのかもしれませんが、常に情報をキャッチして遅れないように、溢れないように、とするのはなんだかセカセカして嫌だな~という思いもあります。
先んずれば人を制す、という考えもできますが、でも自分の子どもは大丈夫であっても、必ず近所にあふれてしまう子が出て、親の就労形態を変更せねばならない家庭、もしくは仕事自体を辞めなければならない家庭も出てくるわけです。(←保育園入所問題の場合もそうですよね。)
わが子さえよければ、自分さえよければ、とかそういう問題ではないので、なんだかモヤモヤしてしまいます。

初めから公的な施設に頼らず、民間施設に相応の金額を払うことで、市場原理を使って保育の需要と供給を適正化するというのもありな考えだと思います。
何でも自治体頼みとか公的サービス頼み、というわけにはいかないですものね。

「保育園なんて好きなところにいつからでも入れるよ」「学童も余裕で入れるよ」と言っている地元で子育てしている友人が、とてもおおらかに子育てしているように見え羨ましくなったりします。

==

◆小さな透明な傘が大活躍。

昨年2歳児だったときに、あまりにも傘を自分で持ちたがるので購入した傘です。
背が低いので小さいサイズ、かつ視野が確保できるように透明なものを探して、これを購入しました。
40cmサイズは身長95~105cm向けなので娘が持っても安定してます。
模様が入っていますが地が透明なので、そばにいる大人が娘がどこを見ているのか上から確認することができ、危険が回避しやすいです。
1年程度活躍してくれましたが、穴が開いたので全く同じもの(2代目)に買い換えました。かなりお勧めです。
一回り大きい45cmサイズもあるようなので次買い換えるなら45cmかな。

こどもビニール傘 アメ(ピンク)[15OKL-POE2]

こどもビニール傘 アメ(ピンク)[15OKL-POE2]
価格:1,080円(税込、送料別)



===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-06-03 06:00 | ◇3歳 | Comments(0)

むすめの癇癪と謝罪と。   

時折癇癪としか言いようのないような言いがかりをつけてくる娘@3歳2カ月。
保育園ではそのようなことはないそうで(1-2歳の頃はあったけど2歳後半からすっかりなくなったと)、家庭内限定のことのようですが、対応に困ることも多いです。

先日も、外出先で普段ならをこぼすはずのない飲み物を、明らかに故意にこぼす、ということをやってのけ。遊び疲れた夕方だったので疲れて気分がグダグダになっていた、というのもあるとは思いますが、それにしてもわざとこぼすってどういうこと?!こぼしたらダメでしょう、と叱ったわけです。
すると逆切れて泣く・・・、叫ぶ・・・となり。

1-2分程度で泣き叫びは終わったのですが、
涙声に「お母さん、さっきはごめんね」というわけです。

こんなふうに癇癪のあと、謝罪の言葉を口にするようになったとは3歳になってからのような気がします。

しまった、私が強く叱りすぎたか、と反省する気持にさせられ。
そしてこんなことを言うなんて成長したな~と思う反面、なんだか戦略的に言っている感も否めず(←考え過ぎですか?でも結構状況判断はできていて、嘘泣きもよくある3歳女子なもので)。
こう言われると、こちらとしては「いいのよ、お母さんも色々言ってごめんね」としか返答できません。

社会のルールやマナーはきちんと守れる子にしたい、ちゃんとしつけなければ、という気持ちはあるのですが、「さっきはごめんね」と言われるとそれ以上は強く言えなくなるんです。
この場合、反省の色を見せた子に、さらに色々言う(何がいけなかったのか再確認させる)のは気持ちを逆なでたり母に許されていないという不安定感を与えてしまう気がして。

果たして娘は悪かったと本当に思ってくれているのか、また次はしない、と思ってくれているのか。
はたまた「とりあえずはこう言っておけば大丈夫」という、免罪符のように使っているだけなのか。
ただ構ってほしいから、そういう言動にでているのか。

夫はわりと「ダメなものはダメ」と言い放ち、娘の気持ちを汲むとか共感するとかいうことをしません(←父性の行動はそういうものらしいです。児童精神科医の佐々木正美先生の本にも出ていました)。

その分私はできるだけ子どもの気持ちを許容し、寄り添ってあげる母性を持って接したいと思っているのですが、それって一歩間違えると「子どもに甘いだけの親」になりそうで、なかなか舵取りが難しいのです。
少なくとも夫に娘が注意された際は、できるだけ私がフォーロー役に回ることは意識的にしています。
逆にいえば、私がアレコレ娘に言う際は、夫は一歩引いて見ている、という感じです。
両親2人ともが怒る、という状況はないように、子どもの心の逃げ道ができるようにしているつもりです。

ニュースで7歳児を「しつけ」のため山中に置き去りにした件が取り上げられています。
ご両親がこれまでどのように子育てされてきたのかは分かりませんが、精神的な逃げ道がない状態(今回の置き去りは物理的にも逃げ道がないわけですが)にだけはしてはいけないな、と思いました。
昔だったら、両親が怒っても、祖父母が甘やかしてくれるとか兄弟が助けてくれるいう逃げ道があったと思いますが、現代の大多数を占める核家族の環境、そして我が家のような一人っ子の場合、両親が上手く役割分担して子どもを追い詰めないようにしなければならない、とあらためて考えさせられました。

子育ては難しいですね・・・まだ3歳なのでこんなのは序の口、これからもっと山が出てくるのでしょうけど、
育児は「育自」
という言葉を呪文のように唱えながら、やっていこうと思います。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-06-01 06:00 | ◇3歳 | Comments(2)