カテゴリ:◇2歳6-11ヶ月( 52 )   

夫による初・看病   

なぜだか分からないけれど、体が丈夫なうちの子。


病気の子どもは仕事柄たくさん見てますけど、

病気のもらいやすさや発症のしやすさって、

育て方、家庭環境うんぬんじゃなくって、

その子のもって生まれた性質によるところが大きいなと。

だから働く母親が自分を責めたり、
保育園に預けてることに必要以上に負い目を感じなくてもいいと思うんです。


そんな丈夫な娘@2歳11ヶ月が、7ヶ月ぶりに発熱で保育園をお休みしました。

インフルエンザ真っ盛りな時期なので心配でしたが小児科の検査でも、ただの風邪とのこと。

結局、日曜日と月曜日お休みしたらすぐ平熱になり、火曜日から登園可能になりました。


で、保育園をお休みした月曜日なのですが、

夫(非医療関係者)が初めて1日娘の看病をいたしました!

娘が生まれて約3年になりますが、初めての快挙です!!


保育園をお休みした月曜日は、
もともと夫は仕事休みにしていた日で、フリーな1日だったのですが、

けれど今まではそんな夫仕事休みの日でも「病児シッターさんに来てもらいたい」という夫希望でシッターさんに来てもらってました。


仕事休みで1日家にいる癖に、熱発してる娘の面倒を自分で見ず、シッターさん(1時間2000円)に投げるってどうよ?!

と思って今までではそんな状況の時、正直ムカッとしていたのですが、夫婦間で余分な諍いをするよりはお金で解決しとこう、ということでシッターさんに来てもらってました。


夫の発言の裏には「自分で看る自信のなさ」「もし娘と二人きりのとき何かあったらどうしよう」という思いがかなりあるようだったのです。
(思えば、夫一人で健診や予防接種に連れて行くことすら最初は拒否してましたね〜。ブログで振り返ると、娘が11か月の時に初めて夫だけで病院に連れて行けるようになりました。)
そして「妻が医者だから、自分は何にも感知しなくて妻に任せれば大丈夫だろう」
という丸投げ感も満々で。
さらには「自分は素人だから分からない!」という決め台詞をよく言ってましたし。
だったら世の中殆どのお母さんはみんな「素人」だよ、でも子供のために頑張って看病したりしているのに?と常々思っていました。
「母親」は看病するのが当然で、「父親」だからということでその問題に直視しようとしない、甘えている感じがすごくイヤでした。
でもそんなこと言っても夫は動かないことは目に見えていたし喧嘩にもなるので、言いはせずこちらも我慢していました。


そんな夫なので今回も当然のように私が、

「じゃ月曜日はシッターさん予約しとくね」

というと、

夫が

「来てもらわなくて大丈夫、一緒に過ごすから」

と言うではありませんか!

我が耳を疑いました。


でも夫がシッターさんいらないというならば・・・といことで1日一緒に過ごしてもらいました。

午前中は小児科、午後の大部分は娘が長いお昼寝をして、熱も午後には平熱になったそうで、

初めての夫看病は無事に終わりました。




夫の中で何が変わったのか、本当のところは良く分かりませんが、
推測するに、きっと「自分でも育児できる!看病できそう!」という自信がついてきたからかな、と思います。
娘が成長して、気持ちや状況を言葉で伝えられるようになったりして、夫としても扱い易くなったという点も大きいのかな、と思います。
ここまでくるのに3年程度という長い時間はかかりましたが、夫も成長してくれたようで嬉しかったです。

今後も気長に・・・ですが、期待してみたいと思います。
でも期待しすぎるとその通りにならなかった時の「がっかり」「いらいら」が助長されるので、
期待しすぎないように気を付けます。



===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-03-13 06:00 | ◇2歳6-11ヶ月 | Comments(0)

家庭でのドリル(その2)@2歳11カ月   

家庭学習状況の記録です。

◆迷路

相変わらず迷路大好きで、自発的によくやっています。
公文のすくすくシリーズは順調にステップアップ(はじめて2~4歳→やさしい3~5歳→がんばり4~6歳)。
今は「がんばり めいろ(4歳~6歳)」をやっています。


1枚のページの表裏とも迷路があり、毎回、表面は動物、裏面は幾何学模様となっています。
娘は裏面の幾何学模様の迷路を特に難しく感じるようです。
けれど私の目から見れば、幾何学模様迷路が表面よりも難しい気がしないのですが・・・?
娘の感じ方というのがよく分かりません。
(↓ 左側が表ページ、右側が裏ページです。)
b0279099_23464357.jpg

でも、公文すくすくシリーズの場合、これよりも低年齢向け(「はじめて」や「やさしい」)だと本当にすぐ1冊やり終わってしまうので、これくらいのちょっと難しめを少しずつ進む形でいいのかな。
どれくらいの難易度のものを与えるべきか、なかなか判断に困りますね。

この1カ月では、迷路としては他に「ハローキティ ちえめいろ(5~7歳)」にも挑戦してみました。
5歳6歳7歳ちえめいろ

5歳6歳7歳ちえめいろ
価格:648円(税込、送料込)


対象年齢が5歳~とたかめなので「できなければまた数ヵ月後にやればいいかな」と思っていたのですが、あっさりと1か月でやり終えてしまいました。
こちらは純粋な「ちえめいろ」と題されているとおり、「智恵」を問うような問題が迷路に絡めてあって、なかなか良い問題だと思いました。
(たとえば左側は、交差する曲線のなかを見失わずに鉛筆で追って行く魚釣り問題、
右側は、より大きい数字の方にしか進めないという条件付き問題です。)
b0279099_03371.jpg



◆お絵かき、塗り絵

お絵かきが急に上達しました(涙)~!!
こちらは「お父さん」だそう。
ちゃんとヒトの顔になっていることに夫とともに感動するやら、ビックリするやらでした。
b0279099_024226.jpg

先日、保育園の廊下にクラスでやったお絵かき作品が掲示されていたのですが、うちの娘はまぁまぁ書けている方で安心しました。(月1回のアート教室がちょっとは効果があったのか?)
逆にあまり書けていなかった子の保護者の方は「えー!」とかなり焦っていらっしゃいました。
心中お察しします。
来年度3歳児クラス以降はしばしば廊下に作品掲示があるので、ちょっと緊張しますね。
昔、自分の母親が参観日のたびに掲示作品のことを気にしていたのがとても不思議だったのですが、今になってその気持ちがよく分かるようになりました。
娘は自宅でも自発的にお絵かきに励んでいるので、これからもその姿勢を大切にしたいです。

一方の塗り絵は・・・やっぱり「メンドクサイ」気持ちが先に立つようで、あまり自発的にやってくれません。
以前に比べると「白いところがないように塗りこむ」ことはできるようになってきましたが、
「はみ出さないように塗る」ということはまだ難しいようです。
塗り絵は巧緻性や指の力にかかわる大切な作業だということなので(byピグマリオン)、根気よく練習していきたいです。


◆間違えさがし

2歳6か月ごろ始めたこちらが、5ヶ月かけて2歳11カ月で終わりました。
まちがいさがし

まちがいさがし
価格:453円(税込、送料込)


最初の方のページはこんな感じです。
2歳6か月ごろに始めた頃は、問題の意図が伝わっておらず、おなじ絵を線でつなぐものだと思っていたようで、娘の書いた緑の線が短く引いてあります。
また○が書けないため、違う点を指さししてもらって、私が代わりに○を書いてあげていたのでした。
b0279099_0272733.jpg


このドリルは徐々に問題が難しくなっていくのですが、
2歳11か月で行ったさいごのページはこれになります。
b0279099_0272499.jpg


左上枠内の8つのものを、B5見開きページというやや広い絵の中から探す問題です。
視線を滑らかに動かすこと、視野を広く保つこと、色や形のわずかな違い気づくことができるようになってきました。
見つけたものを○で囲んだりすることも上手にできるようになり、成長したなぁと。

間違え探しは集中力、空間の認識能力、形の弁別力を向上させるそうなので、引き続き取り組んでいきたいと思います。


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-03-09 21:00 | ◇2歳6-11ヶ月 | Comments(0)

家庭でのドリル(その1)@2歳11ヶ月   

家庭学習状況の記録です。


◆はさみ・工作


相変わらず、はさみ好きです。

やっと紙を持つ左手を自在に動かすようになり、

曲線やギザギザもそれなりに切れるようになりました!すごい進歩!


そんななか、2歳用のこちらが終わりました。


はじめてのはさみ・のり(2歳)

はじめてのはさみ・のり(2歳)
著者:多湖輝
価格:712円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



これは遊びの要素が強くって楽しかったようです。
公文のハサミドリルよりもこちらの方が楽しいようで・・・


b0279099_1701390.jpg

中に含まれていた、王冠・腕時計キットを身につけながら、
同じく中に含まれていた、着せ替えごっこをやっている様子。
どちらも自分でハサミで切りました。
王冠・腕時計はさらにシールでくっつけました。
こういう子供心をくすぐる教材が色々入っていました。


かなり面白がっていたので、同じ「学研 多湖輝」シリーズの3歳用「きりえこうさく」に取り掛かっています。


きりえこうさく(3歳)

きりえこうさく(3歳)
著者:多湖輝
価格:712円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る





◆知恵系


七田の書店販売ドリル。



44ページ中、35ページが終わりました。



たとえばこんな「移転」の問題もあり、さすが七田は良い問題を入れているな、と思います。


b0279099_23254523.jpg

ピグマリオンの点描写でつまづく娘ですが、これくらいの3×3の移転の問題なら、すんなり解けます。
「2・3歳」となっているので、全体の内容は今の娘にとっては簡単なようでサクサク進みますが、こんなふうにあっさりできる問題というのも達成感を感じてもらうためにも大切なのかもしれません。
(ピグマリオンの家庭学習教材では点描写などやや難しめものにトライさせているので、達成感が得られない場面もしばしばあるので。)

終わり次第、同じシリーズの「3・4歳」とされているこちらに進む予定です。
七田式・知力ドリル【3・4歳】ちえ

七田式・知力ドリル【3・4歳】ちえ
価格:710円(税込、送料別)


一時期七田プリントAの購入も考えていましたが、さすがにプリントA30冊セットはやりこなす自信がなかったのです。でも七田の問題周は気になっていたので、この1冊ずつ買えるドリルをやっている状況です。



また、サンリオキャラクター満載のこちらの知恵系問題集。(学研わくわく知育シリーズです。)


ぼんぼんりぼんおけいこ

ぼんぼんりぼんおけいこ
著者:榊原洋一
価格:820円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


2歳10,11カ月の2ヶ月たらずで全て終わりました。
可愛いキャラクターだとやる気が違いますね。



ちなみに以前(2歳6~9カ月)に同じシリーズのアナ雪をやっています。

アナと雪の女王おけいこ

アナと雪の女王おけいこ
著者:榊原洋一
価格:820円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



今回のボンボンリボンも内容が似ており、迷路、点つなぎ、間違えさがし、数の認識・・・など色んな問題が入っています。
面白いなと思ったのは、こんな点描写問題も含まれていたこと。(アナ雪ドリルにはなかったです。)
b0279099_23594324.jpg

b0279099_0254887.jpg


全体を通してヒントが必要なくらい難しかったのはこの点描写問題2ページのみで、あとはあっさり解けていたので、、以前アナ雪ドリルをしていた時と比べると成長したな・・・と思いました。
アナ雪ドリルの当時は、問題文を読み聞かせても「?」で、内容を理解してもらえないこともあったので、この数カ月の差は大きいなと。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-03-07 21:00 | ◇2歳6-11ヶ月 | Comments(2)

ひらがな学習状況@2歳11ヶ月   

先月の状況はこちら。
ひらがな学習状況@2歳10か月



この1ヶ月でまた進歩して、濁音などを除く46文字では3分の2は読めるようになりました。

まさに文字の敏感期に入った模様です。

道端の看板や標識のひらがなも、読める字はよく読んでます。(「すし」とか「とまれ」とか。)

書きについては「し」「と」といった書きやすい字を自主練していており、ビックリです。


この1ヶ月で効果的だと思ったのは・・・


★その1

b0279099_04591027.jpg

お風呂場のひらがなポスター。
これはダイソーで100円で買ったものですが、いい仕事してくれます。

古典的だけど、やはりポスターはいいです。

湯船に浸かりながらクイズ感覚で楽しめます。

うちの子はお友達の名前クイズにすると(例えば、ゆり子ちゃんのゆはどれでしょう?)やる気が沸くみたいです。


★その2


自動読み上げ装置付き、ことわざカルタ。



これはいつも参考にしている先輩ママのブログで紹介されていたもので、自動読み上げ装置というのに心惹かれて購入。

確かに自動読み上げ装置(コンパクトです)そのものの存在が面白いし、娘と私の2人でカルタをやるときに札のセリフを読んでくれるので便利です。


でもそれ以上に良かったのは、

カルタの絵が、ひらがなそのものを説明する絵になってないこと。

b0279099_05151646.jpg

例えば

ま→負けるが勝ち

り→李下に冠を正さず

どちらもぱっと絵をみただけでは「ま」「り」とも選べないので否が応でも文字そのものを見なければならないのです。


今まで使っていたカルタは

ま→鞠の絵

り→リンゴの絵

となっていて、

ひらがなを見なくて絵を見て札を取っていたのです。

それだとひらがな学習効果が乏しく…。


でもこちらだと絵が状況的な絵なので分かりにくい

文字を見なければならない

文字を覚える という本来の目的が達成できるのです。


しかもことわざを覚えてくれる、というプラスアルファ付き。

それぞれどういう意味か聞かれるので、その説明に時間を取られますが。


娘も気にいったようで、何度もやって、ひらがなを覚えくれてるので、よい買い物ができました!




この調子で、来月はひらがなの読みは全てマスターしてくれてないかな、と淡く期待してます。
ちょっと前まではひらがなになかなか興味を示してくれず、ひらがな覚えるなんて一体いつになるやら・・・という感じでしたが、
トイトレと同じで、急にできるようになる時期が来るものなのですね。
今がまさにその時だと思うので、親としても働きがけを頑張りたいと思います。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-03-02 18:00 | ◇2歳6-11ヶ月 | Comments(0)

最近良く読まれている記事~保育園入園関連~   

季節的なものだと思いますが、最近保育園入園に関する過去記事へのアクセスが増加しているようです。
それらの記事が読んで下さるかたの参考になれば幸いですが、ただどれも1,2年前の記事なので、その後の補足をここに書いておきます。

◆保育園の入園面接に行きました

園によって事情が違うとは思いますが、3番目に入園した園では入園面接の時に子供のマークを決めました(まだ文字が読めない乳児クラスで、自分の持ち物が分かるようにマークで識別する)。
しかし園で用意されているマークには限りがあるので、人気の高いマークからなくなってしまいます。なので可能であれば個別の入園面接は早い日時でマークが選べる状態のときの方がよいな、と思いました。
我が家は幸いメジャーな果物マークで市販されているアップリケも多くてよかったのですが、最後のほうに残ったマークしか選べなかったお母さんから「子供自身ががこのマーク好きじゃない。しかもなかなかこのマーク市販されていない・・・」という不満の声を聞きました。
幼児クラスになったら文字も読めるようになってマークの重要ではなくなるのでしょうけど、1,2歳のときは本人たちも「○○マークは××ちゃん!」とよく認識しているので、どのマークにするかは重要なんだな、と思いました。

◆保育園入園準備でのおすすめ

この時の記事にも書きましたが、園指定サイズの布団カバーや袋ものは、よっぽどハンドメイドが得意な方以外はサイズオーダー可能なお店にアウトソーシングし、その分の時間を別のこと(復職の準備や子供との時間)に費やす方が得策だと思います。

◆子乗せ自転車を購入しました。
◆1歳5カ月、ベビーカーを新調しました

皆さん保育園送迎をどういう手段で行うか迷っていらっしゃるからこそ、これらの記事アクセスが高いのだと思います。

まず、自転車ですが購入したのは1歳4カ月の時でしたが、2歳11カ月の現在も夫&子の組み合わせで乗っています。保育園送迎を夫にお願いするのは週1-2回くらいですが、その時はいつも使っているようで、夫にとっては必須アイテムのようです。
結局私は全く使っていません。

私は送迎としては、1歳5カ月までは抱っこひも中心(+マイカー通勤・送迎)、1歳5カ月からはベビーカー、2歳2カ月からは娘がベビーカーなしできちんと歩いてくれるようになったので手をつないで徒歩です。
徒歩で保育園に行けるようになってかなり楽になりました(距離は1キロ以上ありますので、幼児の足だと20分程度はかかりますが)。

◆病児保育のフローレンスを初利用しました

フローレンスはその後も病気の時使わせていただいております。毎回シッターさんのクオリティには満足しており、まだ会員を続けています。
現在は会員数の増加により新規入会希望者の募集をストップしているようです。ただ募集再開を目指しているようなので、入会したい方ははそのタイミングを逃さないようにした方がよいと思います。

===


お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-02-28 21:36 | ◇2歳6-11ヶ月 | Comments(0)

ピグマリオン直営教室への通学スタート@2歳11カ月   

前回記事に書いたとおり、2歳11カ月からピグマリオン直営教室への通学(マンツーマン)をスタートしました。

効果については、まだ回数が少なく推し量れません。(週1回、1時間程度)
けれど娘は教室に行くのをとても楽しみにしており、レッスン日ではない日も行きたがるくらいです。
とりあえずは良いスタートかなと。

私としては、費用的にもお安いわけではないので、漫然と通うのではなく1年程度様子をみて通学を継続するかどうか決めたいと思っています。
家庭学習教材を自宅でやるだけでも十分そうだったら、あえて通学はしなくていいかなという気持ちです。
我が家は小学受験はしないので、単純に算数の先取り学習がどんどんしたい(3学年先、具体的には年長で小3修了)いう目的での通学なので。
それに1年先、年中学年になると、通うことができる学習系教室の選択肢が増えますので、その時にまた検討し直すのもありかなと。

レッスンの間は、親が背後の椅子でレッスンの全容を見届けなければならないので、ひたすら先生の行動・言葉のかけ方を見てふむふむと私が学んでいます。
先生の手腕を盗むべく、と言った方がいいかもしれませんね。

先生を見ていると幼児教育の経験値が違うな、と感じさせられます。
(医者でもそうですが、やっぱり多数の症例を経験していると言葉の端々の説得力が増します。)
困っている点や今後の展望などは先生に伺った方が素人な親が試行錯誤するより早いと感じました。
こういった先生からエッセンスを引き出して親が家庭で応用することが教室に通う意味かなと。

教室に通うことに関して、まだ2,3歳だし早すぎるという考えもあり迷う気持ちもありました。
けれどもし自分が子供の立場だったら行ってみたい!やってみたい!と思えるような内容だったので通うことにしました。
加えて実父(かなりの教育パパ)から
「せっかく都心に住んでいて色々学校も選べるのに、お勉強系の幼稚園にも行かせない、小学校受験もさせない、そんな状態で大丈夫なのか?!」
と心配され・・・。
「少なくともお勉強の教室には行ってみては?何事も学ぶのに早すぎると言うことはないのだから」
と言われ、その言葉にも背中を押された形で通うことを決心しました。

肝心の夫(←幼児の習い事全般にあまりよい印象を持っていない)ですが、
娘がピグマリオンの家庭学習教材を自宅で喜んでやっているのを見ていますし、
体験レッスンも同行して楽しがっていたことを知っているので、通学に関しては特に反対はなく。
費用も送迎も私が負担しているので、反対しようがないのが本当のところかもしれませんね。

なお、通学して先生にお尋ねして分かったことですが、直営教室で使う教材は、販売されている家庭学習教材と似ていますがカリキュラム的に同じでないそうです。
先生曰く、通学と家庭学習教材はそのまま併用して大丈夫です、とのことでしたので、家庭では引き続き家庭学習教材を進めて行きたいと思います。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-02-27 06:00 | ◇2歳6-11ヶ月 | Comments(2)

ピグマリオン第一グレード26回目まで@2歳11カ月   

算数についてはピグマリオン教材で進める方針にしています。
家庭教材第一グレードを地道にやっています。
数だけではなく、図形・空間、指先強化も織り込んであるのがピグマリオンのよいところだと思います。

第一グレードですが2歳9カ月からスタートしました。
2歳9カ月: 1~12回目
2歳10カ月: 13~18回目
2歳11カ月: 19~26回目 ←今ここ
という進捗具合です。

実は2歳11カ月から意を決してピグマリオン直営教室にも通い始めました。

***

2歳11カ月の家庭教材第一グレードの進捗(19~26回目)のまとめです。

<得意な点>
・数のプリント

1~3は間違えません。4,5も大体間違えないかな。
でも1~3に比べると「瞬時に答える」といった感じが乏しいです。
数字「1,2,3」が書けるようになり、得意げにプリントに書き込むようになりました。
数の合成問題(1+1、1+2程度ですが)も出始めたのですが、合わせていくつ、といのは問題なし。

・知恵問題(影絵、長短)
 
・色板トントン
 釘、かなづちを使った作業が楽しいみたいです。後かたずけもしてくれます。

・切り絵
前月から進歩して、小さなカーブも丁寧に切るようになりました!

<苦手な点>
・点描写

19~26回目の間にも、6x4の点描写があったのですが撃沈でした。
今は演習用として3x3や、5x5の点描写をやって慣れるように練習しています。
点描写自体は嫌いではない様子ですが、しばしばビックリな位置ズレをするので今後の課題です。

・天地パズ
b0279099_11445317.jpg
まだ粘り強さや思考錯誤する、といった姿勢がないため、
最初の置き方を間違えた際に、別の置き方を考えるといった行動がとれず、
すぐにイヤになってしまいます。
最初のヒラメキがたまたま正解だった場合は本人も上機嫌になって「もっとやる」となるんですけど。

・絵描き歌

絵が上手に書けないので、上手くできない自分自身にイライラするようです。

・花はじきやヌマーカステンを使った実数あそび

花はじき、ヌマーカステンの白い球とも、自分でアレコレ触って勝手に遊びたいようで、こちらの数の提示や呼びかけは無視されてしまいます・・・。

〈全般的に〉

今月の進み具合は8回分でした。全48回、今回で25回までだったので第一グレードの半分が終わったことになります。
上記のように、苦手な部分がありますので、そこは後日に再度行うようにしています。
来月は今まで上手くできなかった部分をやりつつ、新たに26回目以降を進めたいと思います。
この調子だと第一グレード修了は4ヶ月先かな?
焦らず理解が深まるようにしていきたいです。


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-02-26 21:00 | ◇2歳6-11ヶ月 | Comments(0)

やっとミニミニお雛様を買いました   

今年に入ってすぐミニミニお雛様を購入しました。

お雛様については、ずーっとどんなのを買うべきか悩んでいて、買えずにいたのです。
実家の父からは現金だけ渡され「好きなのを買いなさい」と言われていたのですが、
決めれないまま、早3年弱が経過。

雛人形は折角なら5段程度のクラシカルなものが欲しいと思っていてデパートの展示会などにも行ったりしたのですが、いろんなタイプがあって目移り。
しかも現在の狭い住居、5段飾りをリビングに置くととても窮屈だし、娘が触って壊しそう。
だからと言ってコンパクトなケースに入っているものも寂しいしいかなぁ。
でもケース入りの方が飾るのも保管も省スペースで我が家向きだな。

そんな堂々巡りで決めれなかったのですが、妥協策としてとりあえず、超コンパクトなものを私のポケットマネーで買って、数年後に娘自身にどんなお雛様が欲しいか希望を聞いて再検討する、ということにしました。(そのころには引っ越している可能性もあるので。)
もちろんこのまま正式なものは購入しないという選択肢もありです。
私が決めかねている様子をみて実父も現金については「お雛様に使ってもいいし、他のことに使ってもいい」と言ってくれました。

今回購入した超コンパクトなお雛様はこちら。
b0279099_11345148.jpg


ディスニーの雛人形(13体バージョン)です。
本来ならディズニーリゾート内のショップでしか手に入らないそうですが、代行業者さん達が楽天などで販売してくれています。代行業者さんを使うと割高にはなりますが手軽なので、ディスニーリゾートに行くつもりがない私はそういった業者さんから購入いたしました。
実は昨年のひな祭りの頃から欲しかったのですが、気付いた時は楽天では売り切れで買えなかったのです。ディズニー内でも毎年売り切れになるらしいです。
例年12月末に販売されるということが分かったので、今回は今か今かと楽天でチェックして買ったのでした。

デイズに―リゾート内での定価は24000円。(やはりディズニーものはキャラクター使用料も含まれるのでお高めですね。)

私が調べた限りでは代行業者さんでの販売価格は30000円から65000円程度。
さずがに定価の2倍以上のお値段だと買う気がなくなります。
私は早い時期に手を売ったので約30000円で購入しました。
しかしそういった良心的な値段のショップは早めに売り切れていますね。

13体のキャラクターたちは小さいです。ミッキー&ミニーでも高さ5cmくらいで、階段状の飾り棚を含めた全体幅は30cmくらいです。
とってもコンパクトです。

娘@もうすぐ3歳は、ミッキー大好きなので大喜び。
自分の手で取って自由に並べ替えたり、ごっこ遊びをしたりで、とにかくたくさん触って遊んでいます。
親も娘が手を触れることに関して神経質にならなくて済むのでとても気楽です。

造りは丁寧で、着物、小物なんかも揃っているので見ているだけでも楽しいですし、華やぎますね。
なかなかよい買い物ができたなと思いました。

さて数年後に父からもらったお金で正式なお雛様を購入するのか・・・?
私は買わなくてもいいかな、という気分なんですけどね。物を増やすのが嫌いな夫も、もうなくてもいいじゃない?と。
でも実兄には「そういうのは女親側が用意するのが筋。向こう側(夫側)の家の手前、きちんと購入しないとダメ!」と言われます。
人によって考えはまちまちですね。

*

ちなみに、サイズ違いで人形の数は少なくなりますが、以下の様なややお安めのものもあります。
こちらもお値段はディズニーリゾート内での定価よりも高い設定になっています。




===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-02-23 06:00 | ◇2歳6-11ヶ月 | Comments(2)

保育園の当落と恨めしく思う気持ちと。   

各自治体で来年度の認可保育園入所選考の結果が届いているようですね。
それに伴って認証や無認可の結果もいろいろ出ているようで・・・。

知人から「入れた!」「入れなかった!」の報告を色々耳にしております。

育休から復職を予定している人にとっては「保育園入れなかった」なんてことは死活問題です。
どうにか入れたはいいけれど、希望とは違う遠い保育園、2歳児クラスまでしかない園、園庭がない園、料金が高すぎる園などなど・・・理想通りにはいかないことも多々あり。
結局は希望とは違う園に取り敢えず在籍して、のちの転園を狙って再度保活しなければならないってことも・・・。

我が家は第一子・早生まれ・夫自営業のため勤務点数が満点にならない、という保活上のハンディを背負っていることが明らかだったので、妊娠中から画策しました。
妊娠中に先輩ママに聞いたり、区役所の方に相談したりして見えてきた結論としては、
・仕事復帰を早くして(生後4か月)勤務実績を作ること
・事業所内保育所(無認可)は設置されている職場に就職すること
が私にできうる最大限の策だと分かったので、そうしました。

お陰で第一子・早生まれながらも転園ののちに認可保育園に入れました。(といっても立地が悪いため不人気な認可保育園です。)

人によっては(もしくは子どもの状態によっては)仕事復帰を早くすることができなかったり、
私のように事業所内保育園がある職場にポンッと移ることができなかったりだと思うので万人にとっての解決策はないのですが。

現在も自宅から遠い保育園の送迎が苦痛で、できたら自宅近くの認可保育園に移りたく転園希望を出し続けているのですが、来年度4月の転園もかないませんでした。

自宅に近い保育園だったら1日につき1時間くらいは時間が浮くんですよ。
Time is moneyと考えると、近くの保育園に入所できなかった我が家はいったいどのくらい損失しているのか・・・。経済的な意味だけではなく、仕事、家事などに充てる時間としてもこの1時間の差は大きいです。
しかし世の中には保育園に入れなくて仕事復帰すらままならない方もいるのに、そんなことを考えたらバチが当たるので実生活では決して口に出しては言いません。

「保育園落ちた、日本死ね」と書かれたはてなの匿名ダイヤリー(こちら)が波紋を生じているようですが、
その日本社会全体を恨みたくなる黒ーい気持ち、本当によく分かります。

それに対する病児保育のフローレンス代表の駒崎氏のご意見(こちら)も共感できる部分が多かったので、ご興味ある方は読んでみてください。

「喉元すぎれば・・・」的に、自分が保育園に入れるor入れないの当事者でなくなったからと言って無関心になりたくない問題です。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-02-17 18:00 | ◇2歳6-11ヶ月 | Comments(3)

ひらがな学習状況@2歳10カ月   

はやくひらがなマスターできたらいいな、と思う母の心とは裏腹に、
「読んで」と言ってなかなか自ら読もうとしない娘。

文字を覚えてもらために、1歳代からお風呂の壁にひらがなシートを貼りました。
あとは、あいうえお積み木、ひらがなタブレットなどを買って一緒にあそんでみたり。



ひらがなかるたを頂いたのでそれで遊んでみたり。(かるたは絵をみていて、純粋に文字を読んでいないような・・・)

ひらがな学習に評判のよいこちらの絵本をかってみたり。(絵が可愛いいのでよく「読んで」と言いますが、こちらも絵をみてばかりで文字はそんなに見てない様子。)
あっちゃんあがつく

あっちゃんあがつく
著者:峯陽
価格:1,944円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



ふつうの絵本の読み聞かせのとき、タイトルだけは一緒にゆっくり字を指しながら読むとよい、と聞いたのでそれもやり始めました。(これは結構効果が高い気がします。手軽ですし。)

ひらがなは読めたり、読めなかったり、きまぐれなのですが、2歳10カ月になってやっと安定して読める文字が10個程度になりました!
道の看板などをみて、知っているひらがなが含まれていると「○って書いてあるよ!!」と言うようになりました。

一方で、ひらがな書きにも興味がある娘。
まだ早いからさせないでおこう、と思っていた公文のひらがなドリルを、棚から勝手に取り出して私の不在時に夫と一緒にやっていました!ビックリなことに、もう2/3は終わっている・・・。
はじめてのひらがな1集

はじめてのひらがな1集
著者:くもん出版編集部
価格:712円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



読みがある程度できるようになってから、それから書きの練習と思っていたのですが・・・?読めないのに書くのってどの程度意味があるのかな、と。
そんなことを思っていたら、先日読んだ理三ママ佐藤さんの本に「三男はひらがなが読めないのに、兄たちをまねてひらがなを書くことだけはできて、当時はそんな状態に困った」ということが書いてあって、
「別に読み→書きの順にこだわらなくってもいいんだ」と気付かされました。
まあ、ひらがなドリルは運筆練習にもなりますしね。本人が書いてみたいのなら、読めなくてもどんどんさせてみようと思います。

そんなわけで、読みと書き、両方進行中です。



ひらがな繋がりで・・・ですが。

保育園で、年少学年のお絵描きが廊下に貼ってあったのですが、そのなかで一人だけ絵の脇に自分でお名前を書いている子がいました。
その子は時々接する程度なのですが、頭のいい子だなという印象で。一人だけ文字を書いているのをみてやっぱりなと思いました。
自宅に帰って夫に「年少さんで絵の横にお名前をかけてる子がいた」という話をしたら、「あの子でしょ」と当てていました。
うーん、僅かにすれ違うだけの大人(うちの夫)にすら、賢い子オーラを感じさせるその子ってやっぱり何かしらオーラがあるんだろうな、と思いました。

他の子の雰囲気と何がどう違うのかうまく説明できませんが、でも何かしらキラッとしている子っているのね、と思った次第です。

うちの娘は・・・と顧みてもしょうがないですが、なにかしらキラッとするような子になって欲しいなと思いました。
そんなことを思う一方で、子供のことばかり期待するような親ではダメではないかな。
自分自身もなにかしらキラッとひかるような人間であらねばと思いました。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-02-15 18:00 | ◇2歳6-11ヶ月 | Comments(2)