カテゴリ:◇1歳9-11ヶ月( 17 )   

涙、涙の保護者会   

この時期、多くの保育園で進級に備えて・・・という意味での保護者会が開かれていると思います。
娘の公立認可保育園1歳児クラスでも先日保護者会がありました。
平日の午後3時からだったのですが、20名の園児のうち19名の保護者が来られていました。(1名はお子さんが病欠されていたので来られなかったようです。)
夫婦とも参加されていたのは3家庭、お父さんのみ参加が1家庭、お母さんのみ参加が15家庭でした。
前回6月ごろに行われた保護者会もでしたが、父親の参加が多い印象を受けますが、最近はこれが一般的なんですね。

最初に保育士さんがクラスの日常の様子や取組みを写真と動画で紹介してくださいました。すると説明していた保育士さんが涙声に・・・。
見ていたお母さん方も涙、涙・・・。
1年間の成長っぷりに感動して涙が止まらなかった様子です。
私も結構な泣き上戸なほうだと思っていたのですが涙は出ず・・・薄情なのかしら。1年間のまとめでこの涙の量だったら卒園式はいったいどれだけの涙になるのだろうと思いました。

そのあと参加者一人一人が1年間をふりかえってのコメントを順番にしていったのですが、みなさん1歳から2歳になる成長のめざましさと、それに伴う家庭での悩みを話していました。
保育園ではとてもお利口そうにみえる○○くんが、家ではこんなにお母さんを困らせているんだ!なんていう思いがけない一面を知り、困った子はうちだけではないんだな・・・と思いました。
特に月齢が高く、すでに2歳代も後半に突入している子のイヤイヤやこだわりは聞くだけでも大変そうで・・・うちの娘もこれからますますイヤイアヤがヒートアップしそうだと覚悟しました。

同じクラスの保護者の方は、みなさん服装や話し方、内容ともきちんと良識的でとても安心できます。
いくら保育士さんたちが頑張ったとしても家庭や親の状態が良くなかったら、子どもにも余波が及ぶと思いますので、同じクラスの子の保護者の方がどんな感じかは気になるのです。
そういう意味でもこの公立認可保育園に入れてよかったなと思いますし、このまま就学までずっとこの保育園にお世話になるということでもいいのかなと思っています。
(自宅近くの公立認可保育園にはこのまま入れない可能性が高そうですし・・・。)

ちなみに1名4月から自宅近くの認可保育園に転園が決まったお子さんもいらっしゃいました。
ただしその子は上のお子さんがその保育園在籍中だそうで、つまり兄弟加点ありだった模様です。
やはり兄弟加点もないと厳しいな・・・と思い知らされました。

===

◆ひらがな学習おもちゃ

絵本に書いてあるひらがなの存在に少しずつ注目し始めてきた娘@2歳。
このひらがな学習おもちゃは1歳10か月のころ購入したのですが、気が向くと気になる絵柄(プラス文字)のところを押して音を楽しんでいます。
例えば「み」のところには「み」の文字とミカンの絵が書いてあり、押すと「み」の発音が聞こえる、という仕掛けです。
娘はなぜか「ん」の文字にご執心です。(ちなみに「ん」には本の絵<ただの四角のような>が書いてあります。絵が気になるというよりは「ん」の文字が気になっている様子です。)

絵本やこのおもちゃを通して文字に興味をもって、早く文字が読めるようになってくれるといいな・・・と勝手に期待している私です。



===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-03-07 11:31 | ◇1歳9-11ヶ月 | Comments(0)

トイトレの現状@1歳11か月   

娘のトイレトレーニング(トイトレ)について。
そもそものスタートは、親にとっては不意打ちのようなタイミングで、本人が「トイレ行く~」と言い始めた1歳9か月のときでした。(過去記事「トイトレ・デビューは突然に」

その後1歳11か月の現在ですが・・・残念ながら大きな進歩はないです。
「トイレに行く」ということはよく言いますが、実際に便座に座っても出たり、出なかったり・・・。
やはりいざ便座に座ると緊張してしまうようです。
便座でできた時は誉めるようにしていますが、失敗して床に出してしまっても「ムッ」としないように気を付けています。

以前よりは尿意、便意とも本人きちんと分かるようになりました。
オムツにそれらをするときも「おしっこ出る~」とか「うんち出る~」とか報告はしてくれます。
そのタイミングでうまくトイレまで誘導できればいいのですが、遊びなどに夢中になってその場を離れたくない思いがあったりで「行かなーい」と返事されてしまうこともしばしば・・・です。

家庭では以下の補助便座と、踏み台を使っています。
踏み台はちょっと高価(約1万円)なので購入を迷いましたが(根が貧乏症なので・・・)、ずっしりした木製で安定感が良く、見た目も落ち着いた感じ(我が家はトイレのインテリアに合わせてホワイトにしました)、また設置したままでも大人が用を足すときに邪魔にならないので買ってよかったと思います。



先日の保育園保護者会(1歳児クラス)で担任の保育士さんがおっしゃるには、
「クラスの20人全員、まだ誰もオムツは外れていませんので、まだまだ焦らなくて大丈夫ですよ~。
保育園では嫌がらない程度にトイレに誘っており、習慣づけるようにしています。」
とのことでした。
私も焦らないで行きたいと思いますが、できれば2歳児クラスのうちに外れてくれると助かるな・・・と勝手に思っています。

うちの娘、非常によく水分摂取をするので、尿の量・回数とも多いのです。(保育士さんにも「尿が多いですね」と苦笑いされるくらいに。抜群の吸収力を誇るオムツ「オヤスミマン」でも夜間に尿漏れを起こす位の量です。)
水分を一気に250ml飲み干すこともしばしばなんですよね・・・。
少なめに差し出すと「おかわり!」の連発ですし・・・。
水分摂取自体は悪いことではないのですが、あまりにも頻回で1回量が多いので、休日などは食事の汁物以外に1日トータルで1600ml位は摂っています。
(医学的には、小児の維持輸液は10kg~20kgでは 1000+(体重-10)x10 ml が一日の目安と習いました。なのでうちの子12kgだと1200mlになります。輸液と経口摂取とでは条件が違いますが、やはり1600mlはちょっと多めですね。)
まずは摂取する水分の量が、普通の子程度に落ち着いてくれるとトイトレもしやすくなるのになぁ、と思っています。


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-02-27 06:56 | ◇1歳9-11ヶ月 | Comments(0)

保育園入園準備でのおすすめ   

1月くらいから私のブログの過去記事「保育園の入園面接に行きました」へのアクセスが伸びています。
4月からの仕事復帰と保育園への入園を控えた方が読んで下さっているのではないかと思います。ありがとうございます。

実生活でも、知り合いは勿論ですが、公園や児童館などで全く知らないお母さんに「保育園どうされていますか?どんな感じですか?うちは4月から入園申し込みしているんです」といきなり話しかけられる機会も増えました。
経験者の声を聞きたい気持ちはよーく分かります。
仕事復帰と入園というイベントを前に不安が出たり、戸惑ったりがあると思います。

参考までに、今回私が仕事復帰・入園にあたって準備しておいて良かった物事をご紹介しておこうと思います。

◆その1 「お名前スタンプ」

服や持ち物に名前を書くのは面倒です。しかも園によってはオムツの1枚1枚に名前を書くように言われます。初めてそんな事を言われたときの衝撃といったら・・・!いまではそれが当たり前になりましたけどね・・・。お名前スタンプ(各種サイズあり)があれば、いちいち手書きしないで済みます。文字の美しさに自信がない人でも大丈夫です。
このセットには布用のインクとプラスチックなどに使えるインクが両方含まれています。ただしスタンプ面についてしまった汚れをとるクリーナーはセット内に含まれないです。ずっと使っていると文字が余分なインクでぼやけてしまうので、クリーナーを小まめに使って印字面を綺麗にしておいたほうが映りがハッキリ・クッキリになってよいと思います。




◆その2 サイズオーダーできる「お昼寝お布団用カバー」と「シーツ持ち帰り用の巾着」

ハンドメイドが大好きだったり、自宅にミシンがある方は関係ないかもしれませんが、そうでない方に。

娘が1番最初に入った保育園が、お昼寝布団のシーツを持参しなければならず、そのサイズが一般的な既成品とちょっと違っていました。そのため「手作りしてください」と言われたのですが、そんな気力もなく・・・。楽天のこちらで5cm刻みでサイズオーダーで布団カバーが作成可能、とのことだったので作ってもらいました。2100円なので自分で作るよりも、材料費の面でも時間の面でもコストパフォーマンスが良いと思います♪
(納期が1-2週間のようなのでご注意を。)


3つ目の保育園(現在通園中)が、お昼寝シーツなどは園のものを使用するが毎週の洗濯は各家庭でお願いします、という方針です。毎週持って帰る用の巾着袋(サイズ規定あり)を「手作りしてください」と。上記同様そんな気力もなく・・・。楽天内を検索すると、こちらでサイズオーダーの巾着が作成可能、とのことだったので作ってもらいました。これも2100円でした。巾着の他、手提げ袋も作れるようです。
(納期が1-2週間のようなのでご注意を。)


◆その3 「無地のズボン」

保育園では何度も着替えがあります。特に0から1歳だと食べこぼしやオムツからの漏れもしばしばあって、1日に2回程度は上下とも、とか、下だけ、上だけ、お着替えさせられます。
なので洋服をやや多めに用意しておく必要がありますが、その中で注意したいのは「柄」。
保育園の自分の棚に置いている服の手前側から着せられるので、当たり前ですが保育士さんはコーディネートは考えてはくれません。柄×柄の恐ろしい上下のコーデにならないよう、せめてボトムだけは無地にしておくとお迎えに行った際にわが子を見て「ギョッ」としないで済みます。


◆その4 「発熱時のバックアップ体制」

保育園入園後はしばしば発熱します。
そんなとき母親ばかりが休むわけにはいかないので、旦那さまにもよーく言って協力してもらう必要があります。
それが難しいならば祖父母の協力。
それも難しければ病児保育室、病児シッターです。
そのような有償サービス一通り調べて、いつでも利用できる体制にして、2重・3重のセーフティネットを作っておくことが大切だと思います。

我が家は、夫によーく言って啓蒙しました。そして近所の病児保育室2か所をピックアップしました。さらに病児保育のフローレンスの会員になりました。この3重の構えで今のところ病気のときもどうにか日常が回っています。

◆その5 「夫に家事・育児の具体的な仕事を担当してもらう」

産休中から「私が仕事復帰したら、これとこれは夫が担当してほしい」ということを具体的に示しました。
ただ単に「協力して〜」では男の人は動きません。項目を具体的に挙げて夫担当として、妻は関知しない、とした方がいいと思います。
我が家の場合は、
・食器洗い(ただし食洗機あり)
・洗濯(ただし乾燥機能つきで、下着とタオル類は乾燥機で乾かします。干すのは洋服のみ。そして畳むのは妻)
を完全に夫担当にしました。
この2つを夜にしなくて済むだけでも、心のゆとりが違います。
もしも食洗機、乾燥機付き洗濯機をまだ導入していないようであれば購入することをお勧めします。労力が減りますし、夫にも頼みやすくなります。

以上、幾つか思いつくものを挙げてみました。
参考になれば幸いです。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-02-22 21:53 | ◇1歳9-11ヶ月 | Comments(0)

新年度の転園はダメでした   

現在自宅から1キロ程度離れた公立認可保育園の1歳児クラスに通っている娘。

(ちなみに・・・早生まれということもあって妊娠中から戦略を練った末のわが子の保育園遍歴は、
4カ月から6カ月は職場の院内保育園~あえて保育園が付いている職場に勤務しました~、
7カ月から1歳までは私立認可保育園~年度途中にも関わらず入れたのは運が良かった~、
1歳1カ月~現在1歳11カ月が公立認可保育園~新年度の定員増のタイミングで転園できました~です。
今のところ計3箇所経験したことになります。)

自宅により近い公立認可保育園への転園申し込みをしていたのですが、先日新年度(4月)選考の結果が届きました。

やや厚い封書だったので「これは、もしや入所承諾なのでは?」と淡い期待をいだきました。

しかし、開けてみると「入所(転園)保留」の文字でした。
覚悟はしていましたがやはり転園できませでした。

封書が厚かったのは、4月用の第二回目選考についての案内書が入っていたことと、我が区が独自に来年度から取り組む0-2歳児対象の小規模保育室の案内書が入っていたためでした。
(受験の合否通知書と同じで、封書が厚ければ合格だと思っていたのですがそういうわけではなく、紛らわしいな・・・と思いました。)

我が区の認可保育園は2歳児クラスで若干定員が増えますが、それ以降は殆ど増えないため、おそらくさ来年度(3歳児クラス)以降も、希望する近所の認可保育園に入れることはないのだと思います。
悲しいけど、それが現実です。

ただ現在既に(少し遠いけど)公立認可保育園に通っている立場なので、あれこれ言うのは自分自身お門違いだとは思います。
隣の芝生の青さを羨ましがるのではなく、今の有難い環境に満足すべきだと思います。

現在通っている公立認可保育園は、保育士さんを初めスタッフも充実していますし、設備も若干古いですが立派だと思います。
娘のこともよく見て下さっていると思います。
同じクラスを初め、他の学年の保護者の方とも知り合いになって有益な地域情報を頂けるくらいの関係にもなりました。(かといってママ会とか濃密なものはないです。)

そんな人間関係が子供も保護者も築けている園なのです。
今回転園できずに今の園に残るのも何かのご縁だと思います。
折角のご縁なので、この環境を大切にしたいと思います。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-02-19 23:28 | ◇1歳9-11ヶ月 | Comments(0)

犬と1歳11か月児@つくば   

少し前になりますが、建国記念日に筑波山のふもとの「つくばわんわんランド」に行きました。

その日は朝から家族3人で都内から車に乗ってつくば市に行きました。
同じく都内に住む兄家族3人もマイカーでつくば市に行って、現地で合流しました。

つくば市に行った主目的は入院中の親戚のお見舞いでした。
病院の面会時間が14時からということだったので、午前中は「なにしよう?」だったのですが、事前にネットで「わんわんランド」という犬と触れ合える子供向け施設があることをチェックしていたので、そこに行ってみることにしました。

敷地内には、
小型犬と触れ合えるコーナー、
大型犬と触れ合えるコーナー、
レンタルお散歩犬と歩けるコーナー(これは別料金)、
ガラス越しに子犬を見ることができるコーナー、
猫と触れ合える屋内スペース(わんわんランドだけど猫もいます。猫カフェ的な感じですが、猫密度がかなり高い)
犬のショーが見れる野外ミニアリーナ
飲食スペース、
子ども滑り台やブランコ、ミニカー
がありました。

幸いにも暖かい日だったのでよかったのですが、殆どが屋外なので寒い日or真夏の暑い日だとかなり辛いと思います。

娘@1歳11か月は、普段道端で犬や猫に会うと喜んで後を追いかけようとするのですが、ここ「わんわんランド」ではかなりの数の犬たちに最初は戸惑ったようでした。
「こわい~」と言ってなかなか自ら進んで触ろうとはしませんでした。
b0279099_202102.jpg


一方、姪っ子@小学校2年生はお散歩犬をレンタルしたり、笑顔で色んな猫や犬と写真を撮ったりして楽しんでいました。
姪っ子のリードの元、やっと娘も犬を触れるようになりました。
b0279099_2024555.jpg


ちなみに「わんわんランド」のすぐ脇には動物専門学校と動物病院があり、おそらく同じ経営母体なのだと思いました。
犬猫を管理するスタッフを確保したりする面でもその2つがあるのはメリットがおおきいな、と思いました。

10時の開店と同時に入ろうと思ったのですが、同じタイミングを待っている家族が10組程度はいました。12時前には人もどんどん増えてきましたし、お天気にも恵まれてなかなか盛況の様子でした。

14時からの病院面会の予定もあったため、我々は10時~12時の2時間程度しかいませんでしたが存分に楽しめました。時間が足りないくらいでした。
小学2年生の姪っ子は「まだ帰りたくない~」と言っていました。

料金は大人(中学生以上)は1名1500円、子ども(3歳~小学生)は700円です。
あまりお安くはない価格設定ですが、動物の管理を考えるとこれくらいはかかると思います。
大人も子供も十分楽しめること、また次回半額のチケットがもらえるので近隣の方には良い場所だと思います。

・・・

その後、つくば市内の病院に入院中の伯母のお見舞いに行きました。こっちが本来の目的です。
現在は状態が落ち着いているのですが、まだ治療に時間がかかる予定で、順調に行っても今回の入院はあと1か月以上かかりそうでした。
入院している科は私の専門の科とは違うのですが、扱う治療法などについては私も色々関わってきた方法だったので、知っていること(副作用も含めて)を伯母やその家族にに話したりしました。

私(医師)にとっては当たり前のことでも、患者(伯母とその家族、みんな非医療従事者です)にとっては戸惑うことばかりのようで、患者の素直な気持ち(主治医には言えないこと)というものを聞きました。
「そんなふうに患者は感じるんだ」と改めて認識し直した点も沢山あり、今後の自分自身が患者に説明するときに活かそうと思いました。

またお見舞いには来ることになりそうなので、土日で娘も連れてきて大丈夫そうな状況であればまた「わんわんランド」にも寄ってみようと思いました。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-02-16 20:18 | ◇1歳9-11ヶ月 | Comments(0)

日曜日の一時保育   

我が区の認可保育園は土曜日については各園で保育をしてもらえますが、日曜・祝日は保育はありません。
そのため、日曜・祝日に夫婦とも仕事や結婚式などどうしても外せない仕事がある場合、子供の預け先を確保する必要があります。

そんなときには区が運営している一時保育施設を利用しています。
区内に4か所あって、幸いにも1か所が我が家から300mの距離という好立地のなので非常に利用しやすいのです。
しかも料金は1時間800円です。
預かってもらえる時間は9時から17時の8時間です。
保育士さんが見てくださって、各年齢ごとに定員があるので目が行きとどいた形で保育してもらえます。
とても安心して預かってもらっていますし、娘もその場所に行くのが楽しみなようで、保育士さんの監視の下毎回いろんなお友達(初めて会う子が殆どのはず)と一杯遊んでいるようです。

幼稚園入園前の専業主婦のかたの需要が多いそうで平日は早めに定員一杯になるそうですが、土日に定員一杯となることは少ないようで毎回希望する日に預かってもらうことができています。
先日の日曜出張の時も、お昼間はこの一時保育施設に娘に行ってもらいました。

こんなふうに自治体が一時保育施設を運営してくれているのは非常に有難いです。
子供を産むまでは自分が住んでいる区が子育て支援に結構予算を投入してくれていることを知りませんでしたし、こんなに有難い施設が自宅そばにあることも知りませんでした。
結果としてはこの区に住んで、しかもこの立地に住んでラッキーでした。

ただ、いまこの地区は大型マンションが急激に増えていて注目されるエリアになっています。
私たち夫婦が結婚して引っ越してきた6年前では考えられなかったくらいにマンションラッシュが加速しています。そしてベビー連れで通りを歩く人の数も一気に増えました。
若い世帯も増えてきているので、新たに子供を産む世帯にとっては競争が激しくなってしまうことが懸念されます。一時保育施設も、子供の数の増加に伴って今よりも予約が取りにくい状態になることが予想されます。実際娘が0歳だった時に比べると、利用する人が増えていますし・・・。

私が住んでいる地区ではないのですが、東京駅にもほど近い湾岸の人気某地区(そこに住む人キャナリーゼと呼ばれるとか)では、マンションラッシュ→ベビーラッシュ→深刻な保育園不足→さらに第2子のベビーラッシュ→保育園不足は続いている、特に第2子加点のない人は大苦戦、という状況に去年、今年あたりはなっていると聞いています。

巨大マンションが増えるタイミングでできるだけ迅速に公的な子育て支援施設や保育園、小学校の増築・新設を検討する必要があると思うのですが、どうしても民間のマンションラッシュよりは後手後手になりますね。
これから子供を持とうとする若い世帯はマンション建設ラッシュが続いている人気エリアにどうしても目が行くと思いますが、いざそのエリアに住居を移してから出産すると、その時周りも一斉にベビーブームとなっていて保育園などの競争が激しくなる可能性も頭の片隅に置いておいて行動したほうがいいと思います。

そういう意味では開発や新興マンション建築ラッシュが10年くらい前に完了しているエリアのほうがお勧めでしょう。新興マンション住民によるベビーラッシュが数年前に終わっているはずですから、施設数はそこそこある状態でありながら、新規のベビーは少ないので保育園入園の競争率が低いです。
もしくは、それでもどうしても現在人気のエリアに住みたいのであれば人気の出る初期の段階で住み始めて早めに子供を産んだしまっておいた方が、数年後に予想されるベビーラッシュに巻き込まれなくて済むかもしれません。

==

●ボブヘアになってから活躍しているロールブラシアイロン

ボブになってからは朝起きて毛先が跳ねているとピンチです。
そんなときにこのロールブラシで根元からアイロンすると短時間で簡単にまとまります。
忙しい朝の救世主です。



===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-01-29 00:15 | ◇1歳9-11ヶ月 | Comments(0)

転園希望の選考結果   

そう言えば・・・の年末のお話ですが。

自宅により近い公立認可保育園に移るべく、12月上旬に転園希望を出していました。
1月選考分から審査にかけてもらうことになっていたので、12月下旬に選考結果の通知が届きました。

通知の内容は「1月の転園希望は叶いませんでした」という報告でした。

やっぱり1月という中途半端な時期だし、そりゃ無理だわ・・・という気持ちでした。
うちの区では転園希望を一度出すと、以降半年間は毎月の選考会にかけてくれるそうなので向こう半年間は書類を提出する必要はありません。
もし転園できる可能性があるとしたら、新年度で定員が増えるかつ引越しなどで退園者のでる4月だと思っていますが、それでも競争は厳しいので無理な可能性も高いと覚悟はしています。

0歳の10月に無認可園→私立認可保育園に転園できた際は、9月24日に区役所の子育て支援課から電話が私と夫の両方にかかってきて、プラス文書での通知もありました。
その後1歳の4月に公立認可保育園に転園できた際は、年度替わりということもあって、2月下旬という4月まで十分時間的余裕のある時期に文書で通知があったのみでした。
おそらく4月(新年度)以外は、毎月の選考会が終わって転園が決定するのがギリギリ1週間前なので電話で早急に通知する必要があるのだと思いますし、逆にその時期に電話がかかってこなかったら文書を待つまでもなく無理だった、ということなのだと思います。

転園希望を出した後も、転園については実は気持ちが揺らいでいます。
この1カ月、偶然帰り途が一緒になった保育園ママ・パパとお話しながら帰る機会が何度もあったのですが、皆さん我が家と同じくらい遠い距離(1キロ強)を通ってきています。
みなさん「近いところが良かったけど、もう慣れたし今更近くの保育園に移らなくてもいいかな」と言っていました。

私が転園したいと思っている理由は、一点目として距離の問題。
二点目として公立小学校の学区が今の保育園に通っている多くの子とは違う、なので小学校に繋がるようなお友達・保護者との関係が築きがたいという問題です。
私がお話した保護者の方はあまり2点目の問題を気にされてなかったのですが、この問題については私の考えすぎなのかな・・・と思ったりしました。

今の園に転園してから10カ月になりますが、保護者の方と一緒に話しながら帰ることもできるようになり、色々情報を得れたりすることで安心感を前より持つようになりました。
やはり身近な地域の人と繋がりを持って、子供の事を含めた世間話をすることって大切です。
そういったおしゃべりを通じて、子育てで孤立しているような不安感が少しずつ解消されたような気がします。
だからこそ転園希望の気持ちも徐々に弱くなっているのかもしれません。

==

●忘れずまとめてバレンタインチョコ。
毎年お正月が終わったらバレンタインチョコをネットで注文するようにしています。
私の勤務先、夫の自営会社を合わせるとかなりの個数必要となるのでネットでまとめて届けてもらえて助かります。




===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-01-15 06:04 | ◇1歳9-11ヶ月 | Comments(0)

意外と空いていた!冬の上野動物園   

3連休中の東京はそれほど冷え込むこともなく、雨も降らない、との予報だったので中日に上野動物園に行ってきました!娘@1歳10カ月にとっては初めての動物園です。

冬の上野動物園は春や秋に比べると空いていて見学しやすいという情報を耳にしていたので「冬のお天気のいい休日」を狙っていたのでした。
我が家がお出かけした日は、まさに動物園日よりでした。

▽実物には接近できないのでパンダ舎前の置き物と。
b0279099_2153984.jpg


都心の自宅から上野までは地下鉄1本、30分程度で行ける環境なので朝9時前に出発。
開園9:30ジャストを狙って行ったのですが、上野公園についてから動物園の入口(表門)に行くまでの道で、娘がベビーカー拒否かつ真っすぐ歩かず道草をする・・・という場面の連続だったため開園時間は過ぎた9:45に到着しました。
行列に並ばないと入れないのかな~と覚悟していましたが、並ぶ必要もなくチケットを購入でき、スムースに入園できました。

料金は小学生までは無料、大人1人600円です。大人の年間パスポートは1人2.400円なので、4回以上来園見込みのある方はそちらの方がお得ですね。
我が家は今回はパスポートは購入せず。今回の娘のリアクションを見て、必要そうだったらパスポートを検討しようということになりました。

実は私も上野動物園は初めてでした。
なのでどう見て回るのが効率的か分からなかったのですが、とりあえず表門(メインゲート)のそばにパンダ舎があったのでそこから見ていきました。(まさに客寄せパンダですね。)
パンダ舎も人がそれほど並んでおらず、長い時間最前列で間近にパンダを見ることができました。
りーりー(オス)の方が観客に近いところにいて、ワシワシ笹を食べておりました。
娘は「パンダさーん、何してるのー?」と。「笹を食べている」と説明すると「ウンチはー?トイレはー?」」と心配していました。

パンダの後は、すぐ近くのカワウソや鳥コーナーを見ていたのですが、「早めに昼食を確保しておいた方が席の都合上いいだろう」と判断して東園食堂へ。10:45くらいでしたが室内の座席はまだ空いていました。
ただ11:00になると全席埋まってしまいました。確実に室内で食べたい場合は11:00前が狙い目です。(これはどんな商業施設でもそうでうよね。)
野外のオープン席は多数あるので、昨日の様な風があまりなくよく晴れた日は日向の席を探せばそれでもOKだと思います。

はしゃぎ過ぎていた娘はランチの終盤で撃沈ZZZ・・・となったのでベビーカーに乗せ、大人はゆっくりランチを食べ、食後のコーヒーを飲んで西園へ移動。
小一時間で娘が起きたので、再び動物(フラミンゴやペンギン、キリン、オカピ、ハシビロコウなど)を見て回りました。
自動販売機で暖かい飲み物を買って、日向ぼっこをして休憩もしました。

12:00過ぎると一気に人が増えましたが、動物の檻の前がそれほど混雑することもなく、見たいものは大体見れる程度でした。

そしてまた東園に歩いて戻ると時間は15:00過ぎ。
少しずつ人が少なくなる中、ゾウ、パンダをじっくり見ました。

そうこうしていると16:00過ぎで、日も少しずつ落ちてきて、「一部の動物は早めに宿舎に入ります」のアナウンスがありました。
私たちもそのタイミングで帰ることにしました。

~全体を通じての感想~

・1歳10カ月児が楽しめるかどうかを一番心配していたのですが、十分楽しめたようでした。特に興味をもった動物の前ではじーっと動かず観察し「○○してる~!」と興奮気味に喋っていました。翌日も「ゾウ見た~」とか言っていたので、それなりに記憶に残ったようです。

・冬は動物園は比較的すいている、といのは本当なのだろうと思いました。なにせ私も初めての上野動物園だったので他の季節と直接比べたわけではありませんが、パンダでさえも並ばずに見れたのでやはり人出は多くなかったのだと思います。なのでよく晴れた冬の日はお勧めというのは納得です。

・大人も十分楽しかったです。今回は一部しか見れなかったのでまた次は別の動物を見に来たいと思いました。

・子連れが多いので気楽でした。オムツ替えスペースも何か所もありましたし、幼児用の補助便座が付いているところも多かったです(私が見た範囲ですが)。食堂の洗面台も幼児用に低いサイズの台があってよかったです。

というわけで、我が家は3月中旬までによく晴れた冬の休日があればまた行ってみたいと思いました。

===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-01-13 04:44 | ◇1歳9-11ヶ月 | Comments(0)

トイトレ・デビューは当然に@1歳9か月   

最近は便が出たときのみ「ウンチでたー」とは教えてくれるようになったので、そろそろ分かるようになったのね、とは思ってはいました。
けれど保育士さんには「娘さんは早生まれだし、尿の回数も頻繁だし、トイトレ(トイレ・トレーニング)は2歳児クラスに入ってから考えましょう」と言われていたので、オムツライフをまだまだ続けるつもりでした。

それなのに、その時は突然来ました。

年の瀬、12月23日の祝日の午後。
ママ友との子連れランチ会から帰宅するや否や、娘が、
「トイレ行く」と言い始めて・・・。

一瞬耳を疑いましたが、何度聞いても娘は「トイレ行く」と言っている。

そして自分でズボンを脱いでトイレへ。
慌てて追いかけ、便座に座らせ見守ることに・・・。
寒い中、少量の尿だけがでました。
トイレットペーパー、水で流す、の一連の作業も自分でやりたいらしく、それにお付き合いしました。

そんなわけで、娘主導でトイトレが強制的にスタートとなりました。

保育園で同じクラスの子がトイレに行くのをいつも見ているためか、とってもスムーズに一連の動作をしています。
ただ出るものはごく少量・・・もしくは全く出ない・・・なんですけどね。

補助便座を頂いていたのでしばらくはそれを使おうと思いますが、自分では便座に上がれないし、降りるのも少し危なっかしいです。座ってしまえば補助便座自体は安定感があります。
(↓我が家が頂いたのは、コンビのこの補助便座です。出産前に頂いたので、その当時はこれを使うようになるなんてずっとずっと先のことのように考えていましたが、もうそんな時期なのです。)

自分で上り下りするためにはステップ(踏み台)を購入した方がいいのかな、と思ったり。
(↓安定感があって、大人が用を足すときも置いたままにできるというこちらのタイプがいいかな・・・。見た目的にも落ち着いた感じですし。購入前にサイズが自宅トイレに合うかどうかを型紙でチェックできるそうなので、型紙の送付を店舗にお願いしたところです。)


そもそも補助便座ではなく「おまる」のほうがいいのかな、と思ったり。

なにせトイトレは4月以降に始まるもの、と思い込んでいたため、親の方が準備不足で戸惑っています。

娘は現在トイレに行くのに楽しいようで、1日に何度も「トイレ行く~」と言い始めるので、親としても付き添うのが大変です。
トイレは寒いですし、そこに1回5分以上付きそうとなると・・・。
でもこうやって排泄が自立して一人前になっていくんだな、と成長を感じます。
一体いつになったらトイトレが完了するかは分かりませんが、娘の気持ちが向いてしまったからにはお付き合いして行こうと思います。


===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-01-04 06:06 | ◇1歳9-11ヶ月 | Comments(2)

休日は何処に連れて行こうか・・・   

今回に限ったことではありませんが、休日に娘をどう過ごさせるか悩みます。
活発な子で外に行くのが大好きなので、自宅でずっと遊ばせるわけにはいかないのです。
(窓やドアを「開けてー」と言い続けたり、一人で勝手に靴を履いて出かけようとしたり・・・です。こんなにお外大好きになったのは、前回のゴールデンウィーク@1歳2カ月ころからです。その時は朝7時には「外に行く」と主張されて大変でした。今は冬のせいか、8時くらいまでは自宅で過ごせるようになりました。)

特に今回の年末年始は長いので、どうやって過ごすか悩みました。

27日土曜日は、保育園があったのでセーフ。
28日日曜日は、近所の公園+お台場の大江戸温泉物語で過ごしました。
29日月曜日は、夫婦とも仕事のため義理母が夕方まで子守に来て下さりセーフ。
30日火曜日は、近所の公園+近所のオフィスビルに併設した小さなショッピングモールで過ごしました。
31日水曜日は、私の兄家(タクシーで20分程度)で従妹と遊んで、そののち夫の実家へ。
1日木曜日は、夫の実家。初詣でと、近くのデパートの初売りにいきました。
2日金曜日は、夫の実家。車で富士山が見える湖と、大型ショッピングモールへ出かけました。
3日土曜日は、近所の公園+私の兄の家で従妹に遊んでもらっている←現在
4日日曜日は、午前中に娘の予防接種の予約があり、午後からは・・・?

娘が走ったりおしゃべりできたりするようになって、小学2年生の従妹(女の子、一人っ子)と一緒に遊ぶことが曲がりなりにもできるようになり、とても助かっています。
2人で意味もなく追いかけっこしたり、ぐるぐる回ったり、キャーキャー行ったりして楽しそうです。
もちろん親の目があるところで遊んでいますが、小学2年生は「これはダメ」「危ない」「こっちにして」などきちんとうちの娘を制止してくれ、お姉ちゃんぶりを発揮しています。
娘も親に注意されるよりも、従妹に注意される方が素直に聞いていますし・・・。
兄弟がいたとしたらこんな感じなのかな・・・なんてほんわかと想像してしまいました。

明日はお正月休み最後の日です。明日さえ乗り切れば、また仕事・保育園です。
明日は我が家の定番となりつつあるお台場に出没することになりそうです。
子供がいないときはお台場なんて年に1,2回行くくらいでしたが、最近では月に3回は行くようになっています。子供を持つことで行動範囲が全くもって変わったなぁ・・・とつくづく感じています。

===

●手袋ホルダーで快適に

この冬、革タイプのスナップ式手袋ホルダーを買いました。
(ここ数年は金属クリップタイプの手袋ホルダーを使ってきたのですが、それは壊れやすかったです・・・。)
丈夫で、バッグのアクセントにもなっていい感じです。





===
読んでいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」カテゴリでランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-01-03 12:12 | ◇1歳9-11ヶ月 | Comments(0)