「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:◆仕事のこと( 32 )   

最難関医学部卒の研修医   

ここ数年、私は某帝大支配色の強い施設に勤務しているため、研修医などのスタッフはその某大学卒の人が多い状況下にいます。若手に限らず、年輩者もその同門の方が多いという結構特殊な環境です。
言わずと知れた最難関、毎年90人~100人しか席のない超狭き門をくぐった人たちなので、同じ医者と言っても特異な存在です。

私の科に、そんな某帝大卒の初期研修医がローテーションしてくると、中堅の私が指導者になってしまいます。私でいいんでしょうか?というところですが、年数だけは経っているのでそういう役回りです。

でその最難関卒の研修医たちを指導する上で強く感じることは・・・「飲み込みが早い」「論理的である」ということ。

勿論私の専門とする分野については私の方が知っていることは多いのですが、彼らは少ない知識量の中で最善を論理的に目指してくれるという感じです。
そして一度示してあげると、次からとりこぼすことがないように行動できるという確実さがあります。

何より私がいいなと思うのは、何通りもの考えを挙げることができること。(我々の業界では鑑別診断をあげる、と言いますが。)
何通りかのパターンかを挙げ、今ある情報との整合性を図って、取捨選択しながら最も確実なものを選ぶ、という思考の姿勢が整っているんですよね。

私は割と直感型で、付帯状況を顧みることを忘れてしまいがち・・・そういう穴があるからこそ受験でも最高偏差値の某大医学部にはとうてい手が届かなかったのだな~と思い知らされます。

思考する能力があれば、今現在の知識量の過多は問題ではない。
知らない事項については本や文献などでいくらでも調べられますし、ただ記憶するだけならコンピューターの方が人間より優秀です。
そういう意味でも鍛えるべきは、物事を感じ取って思考する能力が大切だな、と思います。

ちょっと対人的には変わった行動をとる人も多く、また妙にランダムな数字を覚えることが得意な人もいたり(診察券のID番号を1回伝えると10分ぐらい経ってもその数字を空で言えるとか・・・)、アスペル的な方の割合もやや多いですが、こんなふうに受験業界的には稀有なくらい高偏差値を出せる人たちのサンプルが多いというのは、とても面白いことだなと思いながら働いています。

それと研修医に限らず、いろんな大学の学生実習の方(医学部だけでなくパラメディカル学部も)が結構くる職場なので若い学生さんと触れ合うと面白いです。
もはや私とは一回り以上違うので、小学校~高校のこと、家族のことなど雑談まじりに聞くと、自分のこれからの育児にも役立つようなトピックスが満載で、また反面教師になる部分もあります。
「育てたようにしか子は育たない」と言いますが、本当にその学生さんを見ているとご家庭の方針が垣間見れます。

こういう社会性を持った目で自分自身の育児を顧みることができるのはワーキングマザーのメリットだなと思います。


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-06-28 18:00 | ◆仕事のこと | Comments(2)

昨今の医学部進学熱   

娘と神田の三省堂本店に立ち寄った際、エレベーターを降りるとドドンとこんなコーナーがありました。
b0279099_13244932.jpg


私が高校生だった頃(もう20年近く前!)は、医学部進学に焦点を絞った本はこんなになかったと思います。
今は本当に医学部進学思考が強い。
特に女子の割合が高くなってますね。

大学医学部で行われる高校生対象のオープンキャンパスにスタッフとして駆り出されることもある私なのですが、やはり女子高校生の割合が多くなっていますね。
その際は、高校生や保護者からの質問などにも答えたりするのですが、卒後の生活や結婚のことなど、ライフプランに関わる突っ込んだ質問をしてくるのは女子ばかりで。
女子は精神的に早熟ですね。

「自分自身の子どもも医者するの?」と聞かれることも多いですが、それは本人の意思に任せるしかないなと思います。
周りの先輩では、絶対医師にさせる(実際させた)人、全く強要しなかったのに子ども皆んな医師になった人、全く別の職業・学部を選んだ人、ばらばらです。

絶対に医師にさせるという人の中には、日本の医学部になかなか受からないから、東欧の大学医学部に留学・入学させ、日本の医師国家試験受験資格をクリアするように単位を取らせて、その上で日本に帰国し国家試験を受けさせる、というコースを選択している方もいます。
(実際の知り合いにも1名いらっしゃいますが、私より10歳以上年上の方なので、あまりこの件について詳しく聞けていません。周りの噂では日本での多浪生活ののち選ばれた方法だとか。)

結構な荒業ですが、単位のことがきちんと保障されていれば一応認められている方法です。
専門の斡旋業者もあります。
厚生労働省は「外国の医学校を卒業した方から、医師国家試験の受験資格認定の申請があった後に、当該申請者個々人の能力や、当該申請者が受けた教育等を審査することとなっており、海外の医学校等に対し、当該医学部の卒業生への医師国家試験の受験資格を一律に認定することはありません。」
と注意喚起を行っており、今後もどの程度まで許容するのか、先行きは不透明です。

個人的には、自分の子どもにそこまではさせれないかなと。
特に費用的に日本の私立医学部の学費どころではないので、我が家的には無理です。

やりがいはある仕事だと思いますし、日々新しい知識を習得できる(というかアップデートしなけばやっていけない)仕事なので、私はこの仕事でよかったと思っています。
ただ、今後の世の中の情勢(医師数の増加、医療費全体の抑制)によっては、数十年後には働き方や報酬も今と同じ程度というわけにはいかないかもしれません。
数十年前の医師の働き方・待遇と比べると、今の方が過酷になってきていると感じるご年配医師も多いですから、今後も同様のことが起こるのかもしれません。
なので「医師になれば安泰」という安易な考えは持たない方がよいですし、子どもにそういったことを言って誘導するのもある嘘をついていることになりかねません。

今回三省堂の売り場をみて、
医学部受験熱に便乗した受験業者にどうか振り回されることがありませんように、
という思いに駆られました。



余談ですが、神田の三省堂本店、幼児の家庭用教材や知育系おもちゃの品ぞろえが豊富でとても良いです。
今度からはここでチェックしたいなと思いました。
b0279099_1346448.jpg


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-06-06 06:00 | ◆仕事のこと | Comments(0)

シニア男性にワーママの実情は理解されていない   

最近、私の勤務する病院の某科では、医師ではありませんがコメディカルスタッフの出産や妊娠が相次いでおり、この4月からも長い育児休暇明けで復帰した方、とても短い育休で復帰された方、さまざまいました。

そんななか、50代後半の部長(医師、成人した子どもあり、奥様は専業主婦)が、私にこっそり質問してきました。
びっくり仰天な質問内容だったのですが・・・

「どうしてスタッフ女性は育休明けに時短とりたがるの?そんなの必要ないんじゃないの?」

→ 自宅と職場が遠い人は時短にしないと保育園お迎え時間に間に合わないんですよ。それに家に帰ってもこどもの世話(食事介助、着替え介助、お風呂介助など)+家事で、時間は足りないくらいです。特に子供が2人以上だったら大変だと思います。

「保育園に入れないから復帰できない、育休延長ってどういうこと?民間の無認可保育園だったらたくさんあるから入れないことはないでしょう」

→ いやいや、その無認可にすら入れない場合もあります。あとは無認可園の一部には劣悪な環境のところもあって、死亡事故も多いんです。できたら保育士数や部屋面積も確保されている認可保育園に入って、安全に過ごさせたいんです。

「小さい子がいるスタッフは土曜勤務免除っていうけれど、土曜日くらい働けるでしょう。」

→ 土曜預かりのある園だったら可能かもしれないけれど、土曜日は預ける人も少なくって、子どもが行きたがらない場合もあるし、それでも預けることに罪悪感を感じる母親だったいます。それに土日にまとめて家事をやりたいという場合もあって、土日だから自宅でゴロゴロできるわけではないんですよ。 

「保育園に預けて、じゃんじゃん働いたらいいと思うんだけど。」

→ 保育園に長時間預けると子どもが荒れてきますし、親や家庭の意義がないです。預けるにしても限度があって、認可保育園なら通常11時間がmaxです。

一応説明しましたけど、本当にこの人ワーキングマザーについて何も理解できてないんだな・・・と。

前時代的な方なので、自宅では専業主婦の奥様が一手に子育てや家事をしてくださていたから、全く分からないんでしょうね。

部長は時短を取っている医師と一緒に働いたことがないそうで、全く「時短」がイメージできないようです。
また「育休」というものも十分理解できない様子。女医は育休とらずにすぐ復帰の人も多いですからね・・・。
(私自身も時短をとっている医師と働いたことはないです。フルタイムor退職の2者択一しか状況的に許されない医療機関でばかり今まで働いてきましたので、偏っているとはおもいますが。)

しかしながら身近な人がワーキングマザーに対してこの程度の理解しか持合わせてなかった、ということはかなりの衝撃で。
いろいろ説明したけれど、部長はきっと育児の大変さを実感したことがない方なので、育児と仕事の両立をさせようと努力している状況なんて言葉で説明しても分からないだろうな。
実際に体験させてしんどさを分かってもらうのが一番なんですけど、もう子供が成人しているから実体験できる機会は永遠になさそうだし。

でもこういったシニア男性が巷のほとんどを占めるのでしょうね。
おそらく国会で議論しているおじ様方も、そんなふうに思っている人が多いんだろうな。

そんなことを思わされた一件でした。

==

◆時短夕食作りの味方

週1回は最低でも利用している海藻サラダ。お湯戻しですぐ使えます。
そして同じく週1回は利用しているツナ&コーンが一緒の缶に入ったもの。
1つ缶を開けるだけの手間でツナもコーンも手に入るので楽です。量も多すぎず、3人家族でも1回で使いきれます。
あともう1品足りないときにこの二つがとても役立っています。

山忠 海藻サラダ ひじき入り(10g)

山忠 海藻サラダ ひじき入り(10g)
価格:125円(税込、送料別)


いなば ツナ&コーン(125g)

いなば ツナ&コーン(125g)
価格:172円(税込、送料別)



===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-04-12 05:00 | ◆仕事のこと | Comments(8)

新年度スタートと介護離職問題   

今日から新年度。
金曜日から新年度というのは、いささかやりにくい感があります。

私の職場・科のなかでは大きな移動はありませんでしたが、実は同じ科のドクターが来週から1名休職されることに。家族の介護のためです。
そのご家族の死期は残念ながら迫っているのですが、もしかしたらお看取りしたあとも今の職場には復帰されない可能性もあります。
そうなると長期的な仕事の分配がまた問題になります。
もし本当にやめることになるのであれば、新しいドクターが入職されると良いのですが、なかなか人手不足な科なので難しいかなと。
しばらくは、非常勤バイトにいらっしゃる先生が増えるようなので、その方々の力を借りながらやっていく形です。

「育児のための離職」というのも大きな問題ですが、
「介護のための離職」というのも避けられない問題です。
育児よりも介護の方が、どのくらい時間が経てば介護が終わるのか先が見えません。
育児だったら保育園に入れれば、とか、人によっては小学生になったら、とか目途がつきますし、子ども自体も成長し自立してくれます。
介護の場合は、病状は長期的には悪化する一方だけど経過が長くなることも。そのため短期間だけ仕事を休職するという形よりも、退職という道を選ばざるを得ないというのが実情だと思います。

今まで私が働いてきたなかでも介護離職されるドクターに出会ったことがありました。
私の知っている介護離職された医師たちは、今まで仕事上いろんな患者さん・家族を見てこられたためでしょうか、離職までの決断がとても早かったです。
残念ながら末期状態の運命を変えるような治療はできません。
または認知症が進行してしまった人をもとに戻すような治療もありません。
ただただ現状をみて介助するだけです。
そういうもどかしさの中、今の仕事や立場を捨てても正面から向かっていくのは並みの覚悟ではできないことと思います。

資格職の場合は、介護が終わった後に再びどこかしらに就職することはできるとは思いますが、
そのほかの場合は、一旦介護のために退職した後の再就職は難しくなると思います。
育児離職の場合もそうですけど、今の安定した仕事・正社員という雇用条件を育児や介護のために捨てる or 育児や介護を諦める(不本意ながら施設や他人にお任せする) という選択肢しかない人の方が多いのではないでしょうか。
育休が1年も認められない状況下にある人も多いですし(私もそうでした)、介護休暇なんてきちんとした制度や実績がない中小規模の企業に勤めている人の方が多いでしょう。
しかも多くの場合は、その離職か否かの選択を迫られるのは女性という事実。

我が家も実父が高齢ですので、介護が必要になる日も遠くはないはずです。(もしくは介護も何もなく、突然死のような形になってしまうか。)
介護が必要となった時、父とわれわれ子どもたちでどのような選択をするのか。
想像しても、まだこれという答えは出せません。

女性も男性も、もっと育児や介護での休職がとりやすい世の中にならなければ、
一億総活躍なんて絵に描いた餅、
そんなことを思った新年度スタートでした。


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-04-01 20:00 | ◆仕事のこと | Comments(0)

仕事の転機   

明治神宮に仕事運向上を祈願するのためお詣りにいってきました。


b0279099_21170504.jpg


昨年も新年度を控えたこの時期にお詣りにいっています。


今回は・・・

また業務体制が変わるので、それに対して色々思うところがあり、

思わず神社へGOです。


というのは、半年くらい前から予兆があったことですが、

同じ科のドクターが来年度の早いうちに辞めることになりました。


今後の業務分担はどうなるのか?

代わりの人を手配できるのか?

という問題は悩ましいですね。

まあそれを一番考えるべきは部長なので、残りの私たちは淡々と日々の仕事をするしかないのですが、負担は増します。

責任も増します。

気が重いです。


辞めることを決められたドクターの、

辞める理由というのは今の業務体制への不満からです。

部長に対しての不満もかなり募っていたようで。


私も不公平さを感じる場面は多々あるのですが、それに対しては我慢しているというか、あまり深く考えないようにしてきました。


今の職場は時間拘束が緩い、給与が悪くない、アクセスしやすい立地というのが、ワーママな私にとっては正に願ったり適ったりなポイントです。

そのため他のマイナス点には目を瞑らなないと、と思ってやってきました。

全ての条件が整った理想的な職場なんてないですから。


子どもが小学生になっても働きやすい職場であるだろうか?

最近はそれが気がかりで。

今の部長のご定年も近いですから、また環境が変わりうります。

あまりに時間拘束が厳しくなるなるならば私自身も転職を考えた方がいいかなと思っています。


==

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-03-06 21:00 | ◆仕事のこと | Comments(0)

雪×月曜日は大変だけど職住近接で乗り切る!   

西日本では週末から大寒波で、慣れない雪に見舞われた地域も多かったようですね。
今日、月曜日は仕事に、子どもの送迎に、休校に・・・と大変だった方も多かったと思います。

私は東京の都心在住なので、今日は何も問題ありませんでしたが、先週の月曜日の朝の雪には閉口しました。
我が家周辺の雪は5cmもないでしたが、朝の保育園送りは、月曜日ということで荷物も多く結構大変でした。
結局は夫も無理やり同行させて(!)荷物係となってもらい、私は娘の手を引いて歩くことに専念しました。
いつもより10分早めに家を出ることで保育園送り業務は無事に終了できました。
そして夫婦とも職場まで地下鉄1本で30分かからない距離のため、職場にもスムースにたどり着けました。

けれど職場と自宅が遠い方は通勤がとても大変だったようで、私の職場でも11時過ぎにやっとたどり着く人がいました。

こういう時、職住近接ってありがたいな~と思います。
特に子供が小さい時は、職場と自宅と保育園、この3つを結ぶ三角形が小さいことが大切だと思います。
時間のロスが少なることはもちろんですが、心理的な面でも安心感が大きいです。
なので職住近接は忙しいワーママにこそお勧めだとつくづく思いました。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-01-25 20:15 | ◆仕事のこと | Comments(0)

ワーママ忘年会は厳選1つのみで   

師走と言えば忘年会。

職場でいくつかお誘いを頂きましたが、今年も厳選して1つのみ出席として、あとはお断りました。

ここだけの話。
立場上出席が望ましいけどあまり気が進まない忘年会は、「子どもがまだ小さいので」を理由に角を立てずにお断りすることができて良いです。
子どもがいないときは、お断りする正当な理由がないので渋々と義理で参加して、やはり楽しくなく、時間が勿体なかった・・・という思いをすることがしばしばありましたから。

大人数でワイワイというようなことが楽しい年齢でもないので、いつものメンバープラスアルファで新しい人との会話できたり、年配の方から人生観にかかわるようなお話が聞けたり・・・というような忘年会がいいです。
今年厳選して1つだけ参加した忘年会はまさにそんな会でした。
開業医の先輩、勤務医の先輩、それぞれの本音や人生プランが聞けて「そういう生き方もあるのか・・・」と気づかされた点がいくつもありました。

b0279099_2111064.jpg


屋形船での忘年会だったので、ひんやり冷たい夜の風に吹かれながら、きれいな夜景を見てゆっくり過ごすことで非日常感を味わってリフレッシュできました。
やはり時々は夜のお出かけで、日常とは違う時間を味わうことは大事ですね。
明日からも頑張ろう!という気になりました。

今回だけではないですが、私が夜遅い時は、夫が保育園お迎え、夕食・お風呂・寝かしつけまでスムースにできるようになってくれて感謝です。
そして夫は自分自身が飲み会大好き人間なので、私が仕事ではなく飲み会で家を留守にすることに対して非常に寛大なので助かります。
子どもが生まれて以来、仕事・家事・育児について夫とはいろいろ衝突(!)してきましたが、2年10か月近くなった今現在、夫婦間の均衡はうまく保たれるようになったなと思います。

==
●手袋ホルダーで快適に

昨シーズンの冬、革のスナップ式手袋ホルダーを買いました。
それ以前は金属クリップタイプの手袋ホルダーを使ってきたのですが壊れやすかったため、革のスナップ式に変更したのですが、丈夫で壊れることなく、今期の冬も活躍しています!
柄タイプにしたので、付けているだけでバッグのアクセントにもなっていい感じです。





===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-12-21 21:05 | ◆仕事のこと | Comments(0)

最近の仕事上のストレス   

今年度になって業務体系が少し変更になり、またメンバーの入れ変わりという変化がありました。
そんな新体制になって半年以上経ちますが、旧体制時にはなかったストレスを感じ続けています。

私がストレスを感じる原因は、新たに入職したとある職員の方(私よりも10年以上キャリアの長い方です)。
ちょっとしたことですぐに怒るんですよね・・・。
何もそこまで、というくらい色んな物事に対して声を上げるので、どうフォローしてよいのやら。
逆に「先生はなんで怒らないの!?」と私がスルーしていることにたいして疑問を投げかけてくるくらいで。
正直そこまで怒ることなの?!(怒るに足らない些細なことじゃないの?)という気持ちです。

上司は「あの人は昔から喧嘩腰なんだよ。あの怒りっぽさがあの人の売りだからね。」と言っていますし、
周りの人も「また怒ってるね・・・(呆れ)」といった感じなので、私もできるだけ関与しないようにはしているのですが、それにしても仕事中にいろいろと怒りの声を聞くと気分はよくないです。
特に医局デスクでは私が一番近い位置に座っていることが多いので。
出来るだけスルーするように努めて、何も感じないようにしてきたのですが。

先月から研修医くんがうちの科に研修にくるようになって、初日から、
「あの~、向こうから怒ってる声が何度もするんですけど・・・、あれは何でしょうか?」
と私に尋ねてきて、
ああやっぱり普通は驚くし、不快になるよね・・・と認識を新たにしたのでした。
出来るだけ考えない様にしてきたけれど、私にとってもあの短気さは紛れもないストレスなのです。

そして案の定、研修医くんの一挙一動に「何やっているの!」「そうじゃない!」と怒るという・・・。
いやいや初めてだし適切に指示を出さなければ、彼ががいきなり動けるわけがないんですけど、と苦笑いするしかないです。

どうしてこの人はこんなに短気なのだろう?と色々考えたくもなるのですが、あまりとらわれ過ぎてもいけないなと思います。あくまで仕事上のメンバーであって、それ以上ではないのですから。
業務をきちんと行ってくれている以上はそれで良しとするしかないのかなと。(実際文句を言いながらも、やるべきことはきちんと行っておられますし。)
だから自分自身も必要以上にストレスを感じる必要はないし、出来る限りスルーして「またやってるなぁ」くらいに傍観するくらいがいいのかな、と思います。
でも時々怒りの矛先が私に向くこともあるので、出来る限り刺激しないように振舞って行こうと思います。

にしてもそこまで怒りっぽい理由を分析してみたくなりました。
・厳格両親のもとで育つ。(両親ともとある専門職)
・本人は高学歴
・独身で高齢両親と同居
というバックグラウンドです。
「こうあるべし」「そこからずれるのは許されない」といったところが強くでるみたいなのです。
良く言えば真面目、悪く言えば融通が利かないんですね。

現在も独身でご高齢の両親と同居されていることことから、異なった考え方の人・物は理解しがたい、受け入れられないまま凝り固まっているような印象を受けます。
結婚したらい配偶者や子供が持っている異なる文化や考え方というものをとすり合わせをしたり、受け入れをしたりといったことが何度も行われますよね。独身の場合はそういった異文化を受け入れなければならない局面が少ないように思います。(勿論これは独身の方全員にあてはまることではないとは思いますが。)

特に育児をしていると親の思ったようにことが運ばないことはざらなので、いちいち怒るわけにはいきません。
(育児は「育自」とはよく言ったものです。)
子供の目線でどうしてそうしたのか?どうしてできなかったのか?をまず考えます。
失敗したことは受け入れて、改善策を考えたり、練習につきあったり。
いちいち怒っていては、やる気の芽を摘むことになりますし、心を開いてくれなくなりますから。
自分の理想やこうあるべき、といったことを押し付けられないし、実際親の思い通りにはなりません。自分とは違う一人の人間なのです。

職場で怒ってばかりの方は、そういった「人は自分の思い通りには動かないし、自分とは違う考えをもって動いている」という視点に欠けているような気がしてなりません。

===

◆プチプラだけど優秀なピアス

揺れるタイプのピアスが好きなのですが、以前買ってよかったこのお店で新たにピアスを買いました。
600円ちょっとのプチプラなのですが、安っぽすぎず素敵で、かといって値段が値段なので休日に気兼ねなく付けることができます。
(仕事中は触れる大ぶりピアスはNGなので身につけません。)

このお店の商品写真の撮り方がどれもセンスよく、しかも1つ商品に対して何枚もの写真が掲載されているので購入を決意しやすいです。しかもメール便OKなところもありがたいです。




===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-11-14 00:17 | ◆仕事のこと | Comments(0)

夏休み、まだ取れていません・・・   

もう10月も終わりだというのに、夏休みを取得できていません。

夫からも「どうするの?家族で旅行に行くの?行かないの?」と言われていますが・・・。

取得していないのには幾つか理由があります。

一番大きい理由は、
同僚のドクター(といってもキャリアは私よりも15年くらい上の先輩です、仮にA先生とします)が休むことに対して否定的で・・・。
そのA先生に気を使って休みを取れずにいる、という理由が大きいです。

それでなくとも、子どもの都合などで数十分遅れて出勤することもあってもそのA先生にカバーしてもらっているし、また普段でも私の能力的に足りないところを補ってもらっているので尚更遠慮してしまいます。

やっとそのA先生が来月休みを取ると聞いてちょっと安心しています。
これで私も休みを取っても大丈夫かなと。

働き方、有休についての考え方はは人それぞれな面がありますが、立場が上の人(年齢が上の人)が休みを取らないと下の立場の人は休みづらいです。
みんながきちんと有休を取るのが当たり前の職場だったらどんなに気楽なことか。

同じ病院で働いていても看護師さんや技師さんたちはきちんと有給を取得できるのに、医者はなかなか出来ないのは、仕事内容が違うから当たり前と言われればそうなのですが、釈然としない思いもあります。

本当に何処まで自分の責任と思ってやるか、時間で区切って他の同僚に委任できるか、
なかなか難しい問題です。
ただ全て自分で抱え込んでも上手くいかない面がどうしても出てくるので、適度に周りを頼ることも大切だと思います。

そのA先生はあまり周りに頼らずに全て自力でこなそうとするタイプの方なので、正直周りにいる私たちとしても息苦しい感じです。
A先生が忙しそうな時に、比較的手が空いている私が「代わりにやります」と申し出ても90%以上の確率で断られますし・・・。
責任感が強いと言えばそうなのですが、あんまりそういった振舞い方をしていると自分自身が苦しくなるだけなのになと思ってしまいます。(余計なお世話ですが。)

しかしそういった同僚のことは気にし過ぎずに、良識をもって働いていれば夏休みを取得することはけっして後ろめたいことではないはず。

ちなみに部長は「夏休み早くとりなさい」と言ってくれているので、その言葉に乗りたいと思います。

とりあえずは近々保育園の参観日があるので、その日1日お休みして、夏休みの1日として消化したいと思います。

==

◆ファンデーションはRMK一筋

6年くらいまえ、友人の影響で使い始めたRMKのリキッドファンデーション。以降何となく使い続けていましたが、今年の初めに受けたAura Beautyでのメイクレッスン(→その時の記事はこちら)でもこのRMKのリキッドファンデーションをお勧めされ、有効性の高いファンでデであることを再認識しました。
その時のメイクレッスンでは今までの付け方では量が全然足りていなかった!付け方も適切ではなかった!ことが分かり、非常に勉強になりました。やはり雑誌などで見て知っているようでも、プロが目の前で実践してくれて、かつ自分の顔をつかって自分自身の手で練習するメイクレッスンだと「なるほど!」感は大きかったですし、納得もより深い納得となりました。
教えていただいた量でつけ始めると、しっかり品よくカバーされ、肌がきれいに見えていい感じです。
ただ消費ペースが上がってしまい2か月半で1本(30ml)がなくなっています。今までは半年くらいかかって1本使い切っていたので、つける量が少なすぎてカバー力不足→肌がきれいに見えないということだったようです。



===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-10-22 22:39 | ◆仕事のこと | Comments(4)

インフルエンザ予防接種の解禁と今年の値上げ   

少し遅れた話題となってしまいますが・・・
10月1日から今季のインフルエンザ予防接種が解禁となりましたね。

私の勤務病院でも10月1日から接種が始まりました。
院内職員も基本的には全員接種なのですが、日にちが重ならないよう全職員を分散させて接種しています。
私はなんと初日10月1日に割り振られたので、早速受けました。

一般的には接種後2週間~5か月程度がインフルエンザワクチンの効果があるとされていますので、流行時期をカバーするためには11月中旬くらいまでの接種がおすすめです。
とくに13未満の子供の場合は2回摂取が基本ですので、第1回目の接種は大人よりやや早めの11月初旬くらいまでがよいと思います。

今の勤務病院のインフルエンザ外来システムはユニークで、特定の科が予防接種を引き受けるのではなく、全科の医師が当番を組んでインフルエンザ予防接種に平等に当たるようになっています。
私は今年は2回当番が当たりました。早速1回目の当番は終わりました。

全科の医師が業務に当たるので、予防接種開始前のちょっとした医師勉強会があるのですが、ここで初めて知ったこと。
それは今期のインフルエンザワクチンは値上げされているということ!
当院では500円の値上げだそうです。
値上げの理由は、今期はA型2種類、B型2種類、合計4種類のワクチンを入れたためだそうです。(昨年まではA型2種、B型1種の合計3種類でした。)

ワクチンは自由診療なので医療機関によって自由に価格設定できるのですが、大体の医療機関では500円~1000円程度の値上げになっているようです。
そのため成人の場合、3000円~5000円くらいが相場です。
また子供(13歳未満)の場合、2回接種が基本ですので、合計6000円~7000円程度が相場のようです。


そもそもインフルエンザワクチンを推奨すること自体に賛否があります。(医者のなかでも意見は様々です。)
一般的に手に入る書籍で、反対意見としては、元・国立保健医療科学院疫学部感染症室長の母里啓子先生の著書「インフルエンザワクチンはいらない」が有名です。
インフルエンザワクチンはいらない

インフルエンザワクチンはいらない
著者:母里啓子
価格:864円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ただ根拠とされているのは1987年の通称「前橋レポート」であり、現在の様な迅速検出キットでの判定ではないため、現代の検査では陽性と判断された事例も当時では陰性に多く含まれることが予測され、結果をそのまま信頼することが難しいです。

また逆に賛成意見としては神戸大学大学院の微生物感染症学講座感染治療学分野教授である岩田健太郎先生の『予防接種は「効く」のか? ワクチン嫌いを考える』が挙げられると思います。
予防接種は「効く」のか?

予防接種は「効く」のか?
著者:岩田健太郎
価格:799円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



賛成・反対の両方の意見があって然るべきですし、最終的に受ける受けないは本人(子供の場合は保護者)の意思に依ります。片方の立場の意見を盲信するのではなく、逆の立場の書籍なり科学的根拠を知った上で、ご自身の納得のいく選択をしていただくのが良いと思います。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くと各ランキング一覧のページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2015-10-15 22:00 | ◆仕事のこと | Comments(0)