「ほっ」と。キャンペーン

おうち英語にWorld Wide Kidsを導入しました   

幼児への英語教育ですが、我が家では優先順位が低いです。
(今のところ国語・算数・巧緻性>自然体験>アート>>>英語です。)

小学校低学年くらいまでは、細く長ーく英語への心理的な苦手意識ができない程度に触れさせる程度と思っています。

そんな熱心さに欠ける私ですが、以前ベネッセが手掛けるALL English教材のWorld Wide Kidsの体験イベントに行き購入しようか迷っていた記事を書きました。
[過去記事] ベネッセ英語教材体験イベントに参加しました
↑2歳9カ月のときなので、半年も前のことです。

有名な幼児英語教材DWEと比べると(我が家は中古でSing Alongのみを持っています)、
World Wide Kidsはよりリーズナブルな価格で、映像も新しいし、全体のデザインもスタイリッシュだし、なかなかいいな~と思っていました。
そうは言ってもフルセットだと20万円程度なので、未就学児の英語にそこまではかけなくてもいいかな?という思いがありました。
親のやりかた次第ではお値段以上の価値や能力となって身に付くはずですが、私にはそこまできないかも・・・と思って購入に踏み切れませんでした。

それが、最近になってやっぱり欲しい!という気持ちになり(というのもDWEに飽き飽きして、Sing Along以外のDWE教材を新たに導入したい気にはなれなかったから)、
こういう時の切り札、ヤフオクで中古品を入手しました。

フルセットはStage1~6(さらに0歳の場合はStage0もあり)なのですが、
私が入手したのはStage1~3のみで、一部欠品ありの使用品です。
(画像はベネッセ公式ページからお借りしています。Stage1の正規セットです。)
b0279099_13152588.jpg


各StageはDVDとCDが中心で、プラス連動するおもちゃと絵本が付く、という仕組みですが実際入手してみるとなかなか良いです。

まず、DVDの映像がきれい・現代的で、大人が何度か見ても鑑賞に堪えうるクオリティです、これは体験イベントで見せてもらった通りです。(比較するとDWEがかなり映像が古くて、子供は大丈夫みたいですが、私はだんだん見るに堪えなくなります。)

さらに各Stageごとに、英語絵本が数冊付いてくるのでそれがいいです。
早速英語絵本の読み聞かせしています。といっても、文章は短いので私でもどうにかなります。一応朗読CDも入っているらしいです。
英語絵本については、日々の生活の中で取り入れたいな、と思っていたのになかなか取り掛かれなかったので、あらかじめセットされているのはありがたいです。
早速、就寝前の絵本タイムにこの英語絵本も混ぜるようにしています。
娘@3歳3カ月は意外なほどよく聞いてくれて、「分からない」とかは言わず、音として集中してる様子。
これくらいの歳だと、日本語以外の言葉・音も抵抗なく受け入れようとしているんだな、ということが実感できました。
↓セット英語絵本の一部です。
b0279099_2333369.jpg


続けることができるようならば、Stage4以降もヤフオクで入手したいなと思います。
(こういうふうに自分でコントロールして購入できるのが中古購入の良いところだと思います。)

☆彡

それにしても、私自身は「かけ流し」には全く向いていないなということをあらためて感じました。
よく幼児英語教育に成功したと思われるお母様のブログには、教材はCDを中心軸として、かけ流してinputさせる、対してDVDの視聴頻度は低くしたと書かれています。
けれど私は音がスピーカーからずっと流れている状態が苦手なんですよね・・・。たとえそれがクラシック音楽だとしても、ずっとかかっているのは苦手です。
TVとかラジオをかけたまま、というのも、非常に気になるタイプです。(電車や車の音は気になりません。)

そんなわけで子供のために英語の音楽CDを掛け流す、というのもやってはみましたが結局やめてしまいました。娘も「音楽止めて」っていいますし、多分私と同じ趣向なのかも。
その点、夫はラジオを付けたままPC作業を好んでやっているので、多分平気なタイプなんですよね。個人差ですね。

果たして、英語教材DVD中心としてよいのかどうなのかよく分かりませんが、私の趣向でDVD中心とならざるを得ないかなと思っています。
もちろんDVDと娘だけの環境にならないように、私も一緒に座って歌ったり、英語を発音したりしたいと思います。


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-06-10 18:00 | ◇3歳 | Comments(0)

<< リビングおもちゃ収納(その1)... 急転直下、ファミサポさん決まる >>