「ほっ」と。キャンペーン

むすめの癇癪と謝罪と。   

時折癇癪としか言いようのないような言いがかりをつけてくる娘@3歳2カ月。
保育園ではそのようなことはないそうで(1-2歳の頃はあったけど2歳後半からすっかりなくなったと)、家庭内限定のことのようですが、対応に困ることも多いです。

先日も、外出先で普段ならをこぼすはずのない飲み物を、明らかに故意にこぼす、ということをやってのけ。遊び疲れた夕方だったので疲れて気分がグダグダになっていた、というのもあるとは思いますが、それにしてもわざとこぼすってどういうこと?!こぼしたらダメでしょう、と叱ったわけです。
すると逆切れて泣く・・・、叫ぶ・・・となり。

1-2分程度で泣き叫びは終わったのですが、
涙声に「お母さん、さっきはごめんね」というわけです。

こんなふうに癇癪のあと、謝罪の言葉を口にするようになったとは3歳になってからのような気がします。

しまった、私が強く叱りすぎたか、と反省する気持にさせられ。
そしてこんなことを言うなんて成長したな~と思う反面、なんだか戦略的に言っている感も否めず(←考え過ぎですか?でも結構状況判断はできていて、嘘泣きもよくある3歳女子なもので)。
こう言われると、こちらとしては「いいのよ、お母さんも色々言ってごめんね」としか返答できません。

社会のルールやマナーはきちんと守れる子にしたい、ちゃんとしつけなければ、という気持ちはあるのですが、「さっきはごめんね」と言われるとそれ以上は強く言えなくなるんです。
この場合、反省の色を見せた子に、さらに色々言う(何がいけなかったのか再確認させる)のは気持ちを逆なでたり母に許されていないという不安定感を与えてしまう気がして。

果たして娘は悪かったと本当に思ってくれているのか、また次はしない、と思ってくれているのか。
はたまた「とりあえずはこう言っておけば大丈夫」という、免罪符のように使っているだけなのか。
ただ構ってほしいから、そういう言動にでているのか。

夫はわりと「ダメなものはダメ」と言い放ち、娘の気持ちを汲むとか共感するとかいうことをしません(←父性の行動はそういうものらしいです。児童精神科医の佐々木正美先生の本にも出ていました)。

その分私はできるだけ子どもの気持ちを許容し、寄り添ってあげる母性を持って接したいと思っているのですが、それって一歩間違えると「子どもに甘いだけの親」になりそうで、なかなか舵取りが難しいのです。
少なくとも夫に娘が注意された際は、できるだけ私がフォーロー役に回ることは意識的にしています。
逆にいえば、私がアレコレ娘に言う際は、夫は一歩引いて見ている、という感じです。
両親2人ともが怒る、という状況はないように、子どもの心の逃げ道ができるようにしているつもりです。

ニュースで7歳児を「しつけ」のため山中に置き去りにした件が取り上げられています。
ご両親がこれまでどのように子育てされてきたのかは分かりませんが、精神的な逃げ道がない状態(今回の置き去りは物理的にも逃げ道がないわけですが)にだけはしてはいけないな、と思いました。
昔だったら、両親が怒っても、祖父母が甘やかしてくれるとか兄弟が助けてくれるいう逃げ道があったと思いますが、現代の大多数を占める核家族の環境、そして我が家のような一人っ子の場合、両親が上手く役割分担して子どもを追い詰めないようにしなければならない、とあらためて考えさせられました。

子育ては難しいですね・・・まだ3歳なのでこんなのは序の口、これからもっと山が出てくるのでしょうけど、
育児は「育自」
という言葉を呪文のように唱えながら、やっていこうと思います。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-06-01 06:00 | ◇3歳 | Comments(2)

Commented by パートの母 at 2016-06-05 15:23 x
初めて書き込みします。
飲み物を故意にこぼす、というのを身近で見たことがあるので、気になってしまいました。

私の義弟の子どもた達も、明らかにわざと飲み物をこぼしたり、お菓子をばらまいたりしていました。
義弟の奥さんは、子どもの方を向いて育児をしていないので、子ども達がかまって!こっちを見て!とわざとやっているように見えました。
そうすれば、理由はさておき、確実に自分の方を向いてもらえますからね。
お嬢さんも、もしかしたら、もっと私を見て!と思っているのかもしれませんね。
お嬢さんは、ご両親をしっかり見ています。
社会のルールやマナーを守れる子にしたいと、つい一生懸命になるのもわかりますが、心配しなくて大丈夫ですよ。
一人目のときは、私もそうでした。
いろいろ厳しくしてしまったけれど、2人目は適当になりました。笑
でも、2人とも素直な小学生に育っています。

私は妊娠をきっかけに退職して、2人の子育てをしつつ、10年ぶりにパートで働き始めました。
なので、子育てしながらフルタイムで働く方は尊敬です!!

肩の力を抜いて 育児をしてくださいね。
まだまだ長いですから、頑張りすぎると疲れてしまいますよ。
Commented by kuma_neco_kuma at 2016-06-08 07:37
 パートの母さん、コメントありがとうございます!
 そうですね、構ってほしい、こっちを見て欲しいという気持ちがあるのでしょうね。
きっと中高生になったら、見て!見て!ということはなくなると思うので、そう思ってもらえるうちが花だと思って見て行きたいと思います。 by ななこ

<< 年少児ですが民間学童の枠を抑えました 楽天お買い物マラソン >>