「ほっ」と。キャンペーン

家庭学習状況(その1)@3歳0~3か月   

ふと気づくと3歳0ヶ月からの記録を記していなかったので、3か月分まとめてになりますが、記録しておきます。

うちは小学校受験はせず、中学受験からの予定です。そのため今はいろんな能力の芽生えや伸びを期待し、刺激するために自宅で取り組んでいます。


◆全体として・・・

この3歳0から3か月の間は、それまでと比べるとパーパー教材離れしました。

2歳代後半はハイペースでペーパー教材をやってました。
迷路なんて保育園からの帰宅~就寝までの時間だけで1冊終わることもあり。
新品だった鉛筆もどんどん丈が短くなり。
多分そういうことに熱中したい時期、敏感期だったのだと思います。

ドリルなどのページが進むのは悪くないことだけど。
でも机の上で紙に向かうことばかりが学びではないはず。
幼児らしく、紙の上では学べないことにも興味を持ってほしな・・・と思っていました。

結果的には3歳0ヶ月~3か月は知育的ゲームに興味の中心が移って、ドリルやペーパー教材だけをやりたがるわけではなくなったので、幼児としてバランス(?)がとれた状態になったと感じ、ちょっと安心しました。
(→はまった知育ゲームについては、その2のほうに詳しく書いています。)

またこどもチャレンジ年中版・年長版を投入したので、それがペーパーばかりに目が行かないように誘導する役目を果たしてくれたような気もします。
自然観察とか身近なお手伝いとかに対して、子どもが興味を持つよう実に巧妙に誘導してくれるので。
その手腕はさすがだな、と思いました。
(→関連記事:「しまじろう1年先取りと2年先取り」

◆はさみ、工作

学研の多湖輝・頭脳開発シリーズの「きりえこうさく・3歳用」がこの2カ月程度で一気に終わり(←あまりにすぐ終わったので写真撮ることもなく)、今は同じシリーズの「4歳用」に取り組んでいます。
きりえこうさく(3歳)

きりえこうさく(3歳)
著者:多湖輝
価格:712円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


きりえこうさく(4歳)

きりえこうさく(4歳)
著者:多湖輝
価格:712円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



1枚(時々2枚にわたって)で一つの作品が仕上がるようにできており、とてもカラフルで楽しい仕掛けなので取り組みやすいです。
「4歳用」の中身はこんな感じで、字もパーツも「3歳用」に比べると細かくなってきています。
b0279099_23193215.jpg


このシリーズは「2歳用」から愛用していますが、他のハサミ・のりワークと比べても楽しく取り組み安いので、娘受けがよいです。調べてみると「6歳用」までシリーズ展開しているようです。
↓2歳用
はじめてのはさみ・のり(2歳)

はじめてのはさみ・のり(2歳)
著者:多湖輝
価格:712円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



他には、折り紙、切り紙の本を買ったので、100円ショップの色紙でいろいろ作ってます。
できたものは娘の気分次第で、リビングに貼っています。



ハサミは2歳5カ月頃から積極的に使わせたため、今では親が目を離しても危ないことはないです。
けれど娘も私と同じで性格的に大雑把。
勢いで紙を切りこんでしまう傾向にあり・・・「丁寧に、丁寧に」と傍で唱えないとカーブがギザギザになってしまいます。
丁寧にやる癖をつけることは今後の課題です。


◆お絵かき・塗りえ

ここ3カ月で上達が特に見えている分野だと思います。
保育園で掲示されるお絵かき作品も、親の欲目というのもあるとは思いますが、子供らしくよく書けています。
のびのびと画面全体で表現しようとしている点が素晴らしいと思います。
また描いた絵について聞くと、こういう情景で、誰が何してるところ、という説明もしてくれるので成長したな~と感じます。
アート教室にも通っているし、その効果だと嬉しいのですが。

塗り絵については、まだ大人が思うようにはいきませんが上達してきたと思います。
↓左の金魚が2歳11カ月、右のらくだが3歳2カ月。どちらもピグマリオン教室で塗ったものですが、塗りムラや白い部分が少なくなってきました(あくまで自己比です)。
b0279099_23354461.jpg


「はみ出さないこと、塗り残しがないことが大事」とピグマリオンの先生には言われ、これも指先の巧みさや力の強さのトレーニングになるそうなので、引き続き頑張って見たいと思います。


◆智恵系

七田のこちらの「2・3歳」ドリルが終わり、次の「3・4歳」ドリルは購入したものの、まだやっておらず。
この3か月間は全く七田の知恵系ドリルをやっていないことに、今ごろ気付きました。(←こういう時、ブログで記録を書いておいてよかったな~とあらためて思います。)
そろそろ再開したいと思います。

七田式・知力ドリル【3・4歳】ちえ

七田式・知力ドリル【3・4歳】ちえ
価格:710円(税込、送料別)



◆迷路系

迷路も最近は、七田のものばかりです。「3.4歳用」は一気に終わり、今は「4,5歳用」をやっています。

七田式・知力ドリル【3・4歳】 めいろ
価格:710円(税込、送料別)






3歳直前までは公文のすくすくシリーズの迷路を順調にステップアップしてやっていて(はじめて2~4歳→やさしい3~5歳→がんばり4~6歳)、一番最後の「がんばり 4~6歳」に入って中盤まできたのですが、やりたがらなくなりました。

公文の迷路よりもちょっとひねり?あそび?がある七田のほうが楽しいと感じたらしいです。
↓「七田めいろ 4,5歳用」の一部で、左はとけい、くるまの文字を順に探してゴールにすすむ問題、右は時計の文字盤、はりの間をぬってゴールにいく問題。
b0279099_23563810.jpg


こういったちょっとした工夫や条件が付いている迷路がある点が、娘の心をつかんだ要因かと。
しばらくは七田の迷路を続けます。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-05-27 18:00 | ◇3歳 | Comments(0)

<< 家庭学習状況(その2)@3歳0... 格安スマホ、乗り換え1ヶ月経過の感想 >>