「ほっ」と。キャンペーン

わが子に公文式算数をさせない理由~その2~   

続きです。

1つ上の兄は公文式算数・数学の先取りが上手くいっていました。
幼稚園のうちに乗やルートの概念も分かっていて、小学校に上がってからは放物線のグラフをすらすら書くようになり、高学年の頃は微分積分をやっていました。

が、それは公文式のお蔭ではないことを私は重々承知でした。
なぜなら、理系人間の父が1番上の兄で培った中学受験数学ノウハウを使って、2番目の兄に算数・数学教育をし、ひたすらサポートしていたから。
公文式の教室で先生から算数・数学を習うということはせずに、
自宅で父から算数・数学を習う、
その際に公文の教材を使うという方式でした。

よく公文式では先生が丁寧に教えてくれない、とか、
それぞれの子の理解度を把握できていない、
とかいう批判を耳にします。
公文って良いにつけ悪いにつけ、そういう性格の教室なのだと思います。
だから公文に丸投げ、とか、子どもの自主性を信じる、とかじゃなくって、ある程度家庭で親が見てあげることを前提とした(特に未就学児~小学生)教材だと思うのです。

父は理系の人でしたし、1番上の兄の中学受験を通して何が小学生~中学生で求められているかが分かっていたのでうまく2番目の兄の算数・数学の力を伸ばしてあげれたのだと思います。
(結局兄は数学のアドバンテージを活かして、中高は部活に明け暮れるも、数学だけは勉強しなくてもトップクラス、大学は数学科に進みました。)

父は冷静な人なので、数学の素質が欠ける私に対しては、そのような早すぎるほどの数学の先取り学習はさせませんでした。
それは3人の子ども育てる中で、2番目の兄が最も算数向きで先取り で伸ばせる子、と3,4歳の段階で明らかに分かったからだそうです。



私も大学入試の科目別の偏差値から見ると数学が得意な人の部類に入ってしまいます。
けれど、2番目の兄とさらに父という、本当に数学ができる人を目にして育っていますので、私の数学力は本物ではないことは悲しいくらい承知しています。
(学生時代から社会人にかけて、何かの点でそういう本当にずば抜けた人を目のあたにしたことありませんか?)
初めての問題だったり、形式が目新し問題でもどんどん解けてしまう人っているんです。
(入試などからは離れますが、社会人になって医学論文を書くときの統計解析で行き詰まったとき職場の先輩医師たちに聞いてもイマイチ納得できなかったとき、2番目の兄に医学統計の専門書を1冊渡して読んでもらって<←こういった数学的専門書を余暇の時間に読むこと自体苦痛がない>、自分の問題点について相談したら、それは「○○で××を使ったら、□□でできる、この本の中にもその原理は説明してある」とあっさりと納得する答えを教えてもらえました。やっぱりできる人は違う・・・。)

そんなわけで私のような数学の才能が際立ってない人間の場合、こどもに公文式算数を幼少期からべったりさせるのは危険だな、と思いました。

計算は確かに早くできるようになる。
でも公文式教材を介して娘に計算以外の数学的センス(図形や空間、論理的思考、そして数学的な美しさ)を教えてあげられるか、どんどん引っ張り上げてあげられるか、というと無理な気がします。
多分、私程度の中途半端な算数・数学力にしかしてあげれない。
(私という指導者の力量の問題<1点目>。)

そして自分自身が体験した、あの修行とも思えるようなひたすら計算。
全くもってクリエイティブさの欠片もない単純作業。
それを延々と小学生の柔らかい頭の時にあえてやる意味。

計算力は必要だと思いますし、じっと耐えて計算する精神力も大切だと思いますが、それも量次第だと思います。公文式ほど沢山の計算をしなくてもいいのではないかなと。
それよりは思考力を鍛えるような作業に時間を割いたほうがよいと思うのです。
(公文の計算重視という、思考力を二の次にした教材であるという問題<2点目>。)

そのような2点の問題から、我が家では子供に公文式算数はさせないでおこうと思っています。
(そのため、3歳の現時点では算数のためにピグマリオン教材を選択しています。)

勿論、計算力を鍛えるためとか、学習習慣を身につけさせる、という目的で公文をやるのは理にかなっていると思いますし、いつかそういう目的のために我が家も公文をさせるかもしれません。
けれどそういう場合でもごく限られた期間の利用にとどめると思います。
そして未就学の時から公文算数を使って先取り、というのはないなと思っています。

以上、あくまで個人的な考えを書きました。
現在公文式をされている方を批判するために書いた訳ではありませんのであしからず。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-05-22 06:00 | ◇3歳 | Comments(6)

Commented by taki_joy at 2016-05-22 20:11
凄いお兄さんですね〜。
院生時代に論文書いてた時、統計よく分からなくてとても困りました。同じような論文で使われてた統計処理を使って書き上げて教授に見せたら、教授からOKが出てしまい、本当にこの統計処理であってるんだろうか?としばらく悶々とした覚えがあります。アクセプトされたので大丈夫だったんだろ〜と思ったけど、今でもどうなんだろ〜と思い出します^^; ななこさんと知り合っていたら絶対に相談してと思います(^-^)♡
公文でも、能力や才能があれば、ななこさんのお兄さんのようになれるんですね!まー、なかなか能力や才能ある人が少ないのですが^^;
我が息子は完全に文系脳です、笑。理系のセンスは皆無。こーゆーの、努力で補えるのかなー、と最近悶々と悩む私です。
byみなてぃ
Commented by みどり at 2016-05-23 21:02 x
なるほどー。公文式に、私がなんとなく積極的になれないのは、まさに記事のような懸念があるからだと、改めて気づきました。奥様は、医学部を現役でいけるレベルの数学をもっている…。これは、私にとっては十分すぎるほどの数学のレベルです。
子供に将来、数学者になってほしいわけではない。でも、それを決めるのは、親でなく子供自身。そう考えながら、どこかでやっぱりこうなってほしいなという、思いがあるんだと思います。私は、医師でも、自分のマスコミ関係でも、何にでもなれるよう、選択する側になってほしいと思ってます。では、今子供にどんな刺激を与えたらよいのだろう…。それに迷ってます。奥様は、娘さんにどういった将来を考えてらっしゃいますか?医師でしょうか?
Commented by ひさこ at 2016-05-24 22:49 x
我が家も、あえて公文には通わせない主義ですが、なかなか文章にし難い話題だったので、ななこさんのブログ、非常に興味深く、ひそかに共感しながら拝読しました!

どんな習い事も万能ではないので、ななこさんのお父様のように、習い事で得られる教材や場をプロアクティブに活用していく姿勢は大切だと思います。

公文式の市販のテキストが良く出来ているので、我が家は、家でのプリント学習に使ってます。親が子供の学習に付き合える間は、通信教育も高いなぁって感じてしまいます💦
Commented by kuma_neco_kuma at 2016-05-25 08:50
 みなてぃさん、理系能力(に限らずある特定の能力)は生まれ持った先天性の部分も大きいと思います。しかし後天的努力・親の働きかけによってもある程度伸ばせる余地もあるはず。けれど、先天的能力が高い人を後天的努力型の人がどこまで近づくことができるのか(先天的能力が高い人も、その後努力しますからね…)よく分かりません。
 スポーツの方がこういったこと(努力では超えることのできない先天的能力)が自明ですよね。
 一番は「好きこそものの上手なれ」だと思うので、算数を楽しいと思う体験を積ませること(←これは親の誘導かも)、苦手意識を持たせないことが大切かなと。兄の場合は本当に数学が好きで「美しい」と言っていたので、そりゃ得意になるわ。。。という感じです。 by ななこ
Commented by kuma_neco_kuma at 2016-05-25 09:02
 みどりさん、「何にでもなれるよう、選択する側になってほしい」というのは私も同じ考えです。現実的には入試などで苦手科目があると選択の幅が狭められてしまう、と思いますが、実際のその先(大学のあと、就職してから)の人生で、やはり冷静に状況を判断して(例えば結婚、転職などでも)的確に動ける人間になって欲しいと思います。
 数学的能力がある程度あれば、理詰めで物を考えるトレーニングになる(論理に破綻があったり計算が違うと途中で止まったり、最後までたどり着けなくなる)と思いますので、数学的思考も大切かなと。
 私は娘に医師になって欲しいとは今のところ思ってないですが、同じ道を選んでくれたら嬉しくはなると思います(娘によって私自身が肯定されたような気持になるから)。他の職業を望むならそれもありだと思います。 by ななこ
Commented by kuma_neco_kuma at 2016-05-25 18:59
ひさこさん、公文は通い詰めた経験から熱く語ってしまいました。
公文に限らず、市販教材や通信教育教材もさまざま、そして都内だと未就学から小学校低・中学年でも塾や教室が沢山あり、ありすぎるから逆に迷ったり惑わされたりしますね。
低年齢のうちは親がみてあげた方がよいことも多いので、あまり他力本願にならないようにやっていきたいと思います。 by ななこ

<< 格安スマホ、乗り換え1ヶ月経過の感想 わが子に公文算数をさせない理由... >>