ピグマリオン第一グレード30回目まで@3歳0カ月   

算数の学習はピグマリオン教材で進めています。
現在は家庭教材第一グレード(+通塾)をしているのですが、家庭学習教材の進捗状況について記録を書きます。

2歳9カ月:  1~12回目
2歳10カ月: 13~18回目
2歳11カ月: 19~26回目
3歳0カ月:  27~30回目 ←今ここ。

***

3歳0カ月の1カ月間では、3回分しか進みませんでした。今までになく少ない進み具合です。

それには訳があって…

理由①
ピグマリオン直営教室で毎回頂く宿題プリントが多くて、そちらを優先すると家庭学習教材にまで手が回らない。
(第一グレード問題と宿題で頂くプリントは結構似ています。)

理由②
ピグマリオンとは別なのですが、サイコロを使う紙のゲーム(知育ゲーム)を最近購入して、それに娘が激しくハマっていて時間をとられる。

といった感じであまり進みませんでした。

早く進めることが目的ではなくって、娘が数や図形を深く理解することが一番の大切なので、焦らず
理解度を見ながら着実にすすめて行こうと思います。

そんな3歳0カ月の詳細です。

<得意な点>
・数
1~5の理解が確実となりました。指さししなくても瞬時にとらえられるようになりました。

・知恵問題(影絵、長短)
こういった問題は間違えないです。
 
・色板トントン、天地パズル
長方形や正方形などの形の詳しい名前も自分で言いながら置いていくことができています。


・切り絵

<苦手な点>

・点描写

これは前の月からずっと苦手です。
お手本とは違うオリジナルな描写をどんどん始めるんです。
ピグマリオンの先生にも相談したのですが、
「1~5が確実に理解できているので点描写ができないはずがないんですけどね…。興味が湧かないのでしょう。」
と言われました。
あんまり強要して拒絶するようになってはいけいないので、点描写問題はしばらくあまり出さないようにしています。

・花はじきやヌマーカステンを使った実数あそび

前月に比べると、こちらの数の提示や呼びかけに対してまともに向き合ってくれるようにはなりました。

<全般的に>

点描写が進まないことが一番の問題点ですが、1~5の理解自体はよくできているので少し様子をみたいと思います。
点描写について相談した際にピグマリオンの先生に「男の子みたいですよね」と言われ、思わず笑ってしまいました。
先生は慌てて「ルックスが、と言うことではないです。思考とか得意な分野とかが女の子っぽくない、という意味で言ってしまいました。失礼しました。」と必死に謝られましたが、全く気にしてないです、やはりそうですよね~と。

おっとりお嬢さんに育って欲しいわけではなくて、ガツガツと逞しい子に育って欲しいので、先生にそのように評されたことはむしろ嬉しかったです。

==

☆娘がハマっているサイコロ知育ゲーム

出た目の数に応じて、ピエロのパーツを揃えてピエロを完成させる遊びです。
数が小さいと短いパーツ、数が大きいと長いパーツになります。それによって最終的に完成したピエロがちびっこだったり、のっぽだったりします。
どっちが背が高いか勝負!とか背が低いか勝負!とかやって楽しめます。
このゲームを通じてサイコロの目を瞬時に読むこと、数が小さい=丈が低い ということが実感として理解できるようになりました。

ゲーム・クラウン カードゲーム

ゲーム・クラウン カードゲーム
価格:1,620円(税込、送料別)




===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-04-13 06:00 | ◇3歳 | Comments(0)

<< 非常時持ち出し袋の見直し シニア男性にワーママの実情は理... >>