ひらがな学習状況(読みマスター!)@3歳0ヶ月   

先月までの状況はこちら。

⚪︎ひらがな学習状況@2歳10ヶ月
⚪︎ひらがな学習状況@2歳11か月

文字への興味が続いており、3歳0ヶ月だったこの1か月では、
ひらがな48文字と濁点・半濁点の読みをマスターしました!
何となく年少さん学年に入るまでは(保育園なので3歳児クラスになる前には)ひらがなを覚えてもらいたい、と思っていたのでクリアできてよかったです。

もちろんところどころ間違える部分もありますが、それも指摘すればどこが間違えか分かり、前後の流れから自分で読み直ししていますので、マスターと認めてあげてもいいかなと。

ひらがな学習のために使っていたおすすめ絵本をご紹介します。

★絵本「あっちゃんあがつく」 と 「あいうえおうさま」


これは濁点や半濁点についても見開き1ページで紹介されている絵本です。
かるたも市販されているそうですが、そちらは購入していません。
▽絵本の中はこんな感じで、かわいい食べ物イラストと文字が載っています。
b0279099_10412654.jpg


同様にひらがなを1語ずつ学ぶ絵本としては「あいうえおうさま」もよかったです。
あいうえおうさま

あいうえおうさま
著者:寺村輝夫
価格:1,080円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


▽中はこんな感じです。
b0279099_10434087.jpg


48文字それぞれを、くすっと笑えるようなリズミカルな文章で紹介しており、48文字自体を覚えるのは「あいうえおうさま」のほうが学習効果が高かったかなと思います。

けれど「あいうえおうさま」には濁点や半濁点が含まれてないので、上記の「あっちゃんあがつく」を併用する形になりました。



そんなわけで・・・
今は目につくもの何でも読んでみたい時期なようで、ポスターや看板をひたすら読んでいます。
ゆっくり1音1音しか読めないのですが、そのたどたどしさが可愛いですね・・・。

文字に興味を持ち始めてからひらがな読み全てマスターするまでは3か月程度だったので、興味を持てばそこからは本当に早いんだなと実感しました。
逆に本人が興味を持たない時期に覚えさせようとすると上手くいかず、子どもにとっても親にとってもストレスになってしまうのだと思います。トイトレと同じですね。
なので、今知育として図形パズルや数の認識などに取り組んでるのですが(主にピグマリオン教材を使って)「難しいからヤダ」という場面があったり、教えてもイマイチ理解できていない状況があるのですが、そういう時は潔く引いて、時折触れさせつつも理解できるような時期を少し待つことも大切なのだなと思いました。



ひらがなの書きについては、興味がそれほど強くないようなので今はあまりさせていません。
ひらがな書きについては、しまじろうの年中さん向け教材がよい、という話をよく聞くので、4月号からしばらく年中教材を購入することにしました。(1年先取りです。)
でも実際に娘に取り組んでもらうのは、もう少し先、機が熟してからになるかもしれません。

今の娘の興味はカタカナとアルファベットに向いているようです。
アルファベットはひらがな・カタカナよりも分かりやすいですものね・・・。
今はまだ日本語を優先させたいので、私としてはカタカナ>>アルファベット という比重の置き方で行きたいです。

来月からの目標は「カタカナを少しずつ覚えること」にしたいと思います。
手始めにお風呂ポスターを貼って触れさせ始めたいと思います。
カタカナについては、カタカナのみしか書いていないポスターの方が学習効果が高いという話なので(横にひらがなが書いてあるとそちらを見てしまいカタカナ自体を見ないからだとか)、下のカタカナをポスターを買いました!
活用していきたいと思います。


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-03-31 06:00 | ◇3歳 | Comments(0)

<< 新年度スタートと介護離職問題 2016年3月久々の楽天スーパ... >>