「ほっ」と。キャンペーン

2歳児クラス最後の保護者会   

進級を控えたこの時期、保育園の保護者会が開かれているところも多いと思いますが、
娘の通う公立認可保育園2歳児クラスでも先日保護者会がありました。

平日の15:30から1時間程度という時間設定なので、仕事を早退させてもらい私一人で参加しました。
今回はクラス全員の保護者が揃っていました。


クラス保護者会の流れはこんな感じでした。

担任保育士さんが、写真と動画で日々の子供たちの様子について紹介。
 ↓
進級にあたっての注意点、新たに用意が必要な物品、家庭でも取り組んでもらいたいことについて
 ↓
くじ引きで決められた小グループに分かれて、テーマごとの雑談
 ↓
園長先生からのお話


3歳児クラスに進級するにあたっては、

・今まで家庭での様子を毎日書いて提出していた「連絡カード」がなくなること

・通園では子供にバッグやリュックを持たせ、できるだけ自分で持ち物を管理させること

・3歳児クラス以降は着替えの回数が減るため、今までほど着替えの洋服セットは必要ではなくなるが、お漏らしの可能性はまだまだ高いので、パンツだけはを多めに持参すること

・3歳児クラスからは、子供20人に対して保育士1人が規定の数であるけれど、うちの保育園では23人に対して保育士2名が付き、それプラス保育補助の方が加わる。
2歳児クラスの時よりも保育士がぐっと減る(2歳児クラスは23人に対し保育士4名)ので、4月はちょっと混乱が起きうる。けれどそこは園長や副園長なども入って例年カバーしていること

を説明されました。

3歳児クラスは「乳児クラス」ではなく「幼児クラス」ですから、やはり色んな事が変わります。
世間一般でみても、年少学年ですからね。

小グループでの雑談(一応テーマは決めてありました)では、
普段お迎えの時間が全く違うためなかなか言葉を交わさない保護者の方とお話することができました。
それは結構貴重なことでした。
お話するなかで子育てに関する考え方がいろいろ違っていて、「保育園ママ」のひとことではカテゴライズできないなぁと思い知らされたりしました。

今回の保護者会では男性の参加者は2名と今までになく少なかったです。
うちの夫は保護者会への参加は心理的ハードルが高く、誘っても乗ってきません。
もうそれは夫の個性なんだと思って参加を促すことは辞めましたが、他のお父さんが自然体で参加されている姿は良いことだなと思いました。

全般的に保護者の方は落ち着いた感じのアラフォーの方々が主体で、言葉遣いは良好、身だしなみもブランド物にこだわり過ぎず・・・という感じなのです。
このような家庭の方々となら、うちの家庭も浮くことなく卒園までうまくやっていけそうかな、という認識を再確認できました。

ママ同士のお付き合いも割とドライで、会えば軽く雑談、イベントの時誘いあって一緒に参加して半日程度過ごす程度です。
噂に聞く保育園ママ会なんてものは、うちのクラスにはまだ存在していないようで、そういった点でも気楽ですね。
このままの良い人間関係・距離感で3歳児クラスもいけたらいいなと思います。



==

●自宅で散髪できるハサミ

周囲にカミングアウトとビックリされることが多いですが、娘の髪はずっと私が切っています。
切ること・整えることは全く苦にならないタイプなのです。
自宅周囲は子どもの散髪でも4000円程度なので(都心価格ですね・・・)、おうち散髪が経済的ですし、思い立ったらすぐ切れるというフレキシブルさが気にっています。


===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===


[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-03-18 06:00 | ◇3歳 | Comments(0)

<< お墓の引越し、都心へ。 3歳になること、第二子を諦めること。 >>