[幅狭足] ShoePremoのパンプスに挑戦   

細々書いております、幅狭足の靴。
「私は幅広だから関係ないわ」と思う方、実際は幅が広い現在女性は少なくどんどん幅狭足の人が増えていますよ。
「パンプスは小指が痛くて履いてられない!」という方、かつての私のように、幅が広すぎる靴を履いているからでは?足の横アーチが低下して開帳足になっている可能性大です!

==

幅狭パンプスを販売するShoePremoさん。
普段はネット経由の試し履き(自宅にサンプルが送られてくる)とネット販売のみですが、時々試着・オーダー会を開いていらっしゃいます。

幅狭靴のお店は色々試してきて、自分に合うもの・合わないものの傾向も分かってきたし、とりあえず日常の靴にはそれほど困らなくなってきたので、あえて新しいメーカーにまで手を出さなくても・・・と思っていて、ShoePremoさんで買ったことはありませんでした。(神戸屋さんで試し履きをしたことはありました。)

それが、昨年の初秋にとある集まりで、同じく幅狭足で兼ねてから参考にさせて頂いていたブログの筆者の方にお会いしたのです!(まさかお会いできるとは思っていなかったので、かなりビックリで嬉しかったです。)
で、その方に色々ブログには書けない裏事情や率直な感想をお聞きし、かなり勉強になったのですが(私などの比ではないくらい幅狭靴をアレコレ試し考察していらっしゃるので)、
その方に「ShoePremoは無難よ」と言われ。
俄然興味が湧いてきたのでした。

そんなわけで昨年秋に飯田橋で行われたShoePremoさんの試着・オーダー会を予約し、行ってきました。
ことのきは「5.5cmヒール」の試着会でした。

予約の段階で自分の足長と足周を測定した値を入力します。
当日はそのデーターを元に、自分に合いそうなサイズ・ワイズの靴が3足ほどあらかじめ用意されていました。

会場は貸し会議室のやや事務的な小ざっぱりとした場所でした。
ShoePremoのスタッフの方(男性)が1名しかいらっしゃらず、忙しく汗をかきかきひたすら動き回って接客していらっしゃいました。
時間刻み(おそらく15分刻み)に1名ずつの配分のようでしたが、入れ代わりやデザイン決めの時間も含め同時に3名程度は同時在室となるようでした。
3つの椅子にお名前と、事前データから合うであろう靴が3足セットされていました。

フィッティングは各自その用意された靴を履いて、室内を歩きまわって、スタッフの方が声かけをして足をみて下さるor自分で疑問点や要望を言う、という形でした。

私が入室したときは先にフィッティングしている方が2名いらっしゃる状態でした。

私自身は幅狭靴専門店に何か所か行ったこともあったし、フィッティングの要所もある程度心得ていたので面喰いませんでしたが、幅狭靴の初心者の方や経験値が低い方はちょっと難しいだろうなと思いました。
初心者だと足にフィットする感覚って丁寧に時間をかけて見てもらい、言葉をかけてもらわないと、「合う」のか「きつい」のか分からず、何を質問していいのかさっぱりなんですよ(←かつての私。)

で、私は散々サンプル靴で室内を歩きまわってフィットするサイズ・ワイズが「これかな?」というのがあったので、スタッフの方にも見てもらって22.5cm width Bにすることにしました。
さずがなことに、ストラップなしのパンプスなのに踵が抜けません!ちょっと感動しました!

そして相談の上、右足は開帳足の程度が悪いので、右足だけ「中足骨パット」を入れ、右小指のタコに対して革をピンポイントで伸ばすことにしました。
踵がまるで抜けないので、ストラップなしにしました。

そこまで決まると、後は部屋の隅に置いてある革見本をみて、設置してあるPCでデザインオーダーを入れるということになります。
この時も手短に質問することはできますが、スタッフの方が付いてアドバイスして下さるということはありません。なにせスタッフの方は1名しかおらず、でもお客さんは3名程度入室している状態なのであまり長々とスタッフの方を独占できないのです。(もしかしたら時間帯によっては複数スタッフの方がいて、デザインのところまで付いて下さるのかもしれませんが。)

デザインのところで、私としてはチャレンジなことに一番固く革が伸びにくいとされる「エナメル」に挑戦することにしました。
大分幅狭靴に慣れてきたので、そろそろエナメルでも大丈夫かなと思えたこと、
それと1つもエナメル靴、しかも黒色をもっていないので、こういうド定番なものを作ってもいいかな、と思えたからです。



パンプスは注文して約1カ月で届きました。つまり昨年12月には届いていたのですが・・・履いておりませんでした。
正確に言うと自宅で室内の試し履きはしたのですが、ちょうど右小指のタコが悪化している時期だったのでそこが痛くて外で履くに堪えなかったのです。

しかしその後タコの状態が良くなったので(タコの状態が改善したのはタルタルガさんの靴色違い2足+パトリックスニーカーを履きまわしているからだと思います)、満を期してProePremoのエナメルパンプスに足通し!
痛くありません。
踵は抜けません。

そんなわけで2月に入って外へのお出かけにも履くようになりました。

パンプスなので足全体の安定感(というか包み込まれるような感じ)は当然ないのですが、結構快適に履けています。心配だった右足小指も痛むことはないです。
ストラップなしなのに踵が抜けないのは素晴らしい。
そして、デザインもごく普通のシンプルパンプスなのが嬉しい。スカートに合うのはやっぱりこういうパンプスだな~と。



ここ1年半でいろいろ試してきましたが、私が購入したことのある幅狭靴から考えると・・・

私にとってのShoePremoさんは、
絶対にパンプスが欲しい!履きたい!という時の強い味方、といった位置づけかな。

絶対スカート・スーツで綺麗めな格好でなければならない日があるので、そういった服装の時に間違えない綺麗めパンプス(しかも痛くない)です。
連日こういったパンプスが履けるほど、足のアーチの状態が回復してきたという自信や実感がまだないので日常的に履くのはまだ避けた方がいいかな、と思っています。

===

お読みいただきありがとうございます。
「ワーキングマザー」および「共働き育児」「子どもの教育」カテゴリでランキングに参加しています。
下のバーナーをクリック頂くとランキングページに移動し、当ブログのポイントとなります。
応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

===

[PR]

by kuma_neco_kuma | 2016-02-13 18:00 | ◆幅狭足の靴探し | Comments(2)

Commented by さちこ at 2016-02-21 21:28 x
私も試着会に行ったことはあるのですが、
経験値が低くて、購入まで至りませんでした。
以前は奥さん?と思しき方がいらっしゃったのですが、今はいらっしゃらないみたいですね。
また、以前も最終的なタブレットでのオーダー時の色選び等のアドバイスはありませんでした。
もうちょっと経験値を積んでから再挑戦したいお店の1つです。
Commented by kuma_neco_kuma at 2016-02-22 18:16
さちこさん、コメントありがとうございます。
そうなんですよね。Shoepremoさんは、スタッフを配備して(もしくはマンツーマンで時間をとって)いろんなアドバイスがあれば買いやすいのに…と思ってしまいます。でも人的コストをかけると商品自体の値段も上がってしまうのでしょうね。
そういった点では&Steadyさん(私は代表の方に接客してもらっていました)の方が、初心者にとってはフィッティングとその後のフォローがきめ細かく、お陰で自分自身の足に関する知識も増えたと思います。(今は自分の足が&Steadyさんのwidth B とAの中間的になってどっちもフィットしがたいので殆ど履けていませんが…)by ななこ

<< 子供の習い事をめぐっての夫との溝 日曜夕方は区民プールが定番に >>